モビリオスパイク(ホンダ)愛車紹介 車中泊&キャンプ編

この記事に関連するタグ

こんにちは!高級リゾートホテルよりも車中泊が好き!車中泊大好きマンのはらのです。

皆さんは釣りや山登りなどで遠出した時、ビジネスホテル派ですか?カプセルホテル派ですか?
他にもゲストハウスやスーパー銭湯、インターネットカフェなど色々な宿泊施設があります。
私は断然「車中泊」派で、どこに行くにも車の中で寝てしまいます。
以前はホンダのフィットに乗っていて、窮屈でしたがそれでも当たり前のように車中泊していました。
昨年の秋に「もっと荷物が積めて車中泊しやすい車で快適に車中泊生活がしたい」という想いから、ホンダのモビリオスパイクを中古で購入し乗り換えました。
あまりに快適すぎてキャンプに行っても、もっぱら車中泊になってしまいテントを出す機会が…。汗

今回はそんな私の相棒「モビリオスパイク」をご紹介します!

私の愛車モビリオスパイク

モビリオスパイク

モビリオスパイク横

スペック

グレード:Wタイプ
型式:LA-GK1
排気量:1496cc
駆動方式:2WD(FF)
ドア:5D(後部座席左パワースライドドア)
定員:5名

モビリオスパイク購入経緯

 冒頭でチラッとお話しましたが、去年の秋まではホンダのフィットに乗っていました。
トランクルームから後部座席がフルフラットになるフィットは、ボディサイズのわりに室内空間が広々なので気に入っていたのですが、やはり詰める荷物の量が限られるのでやや不便さを感じてきていました。
走行距離も12万Kmを超え、整備に結構な費用が掛かりそうだったこともあり、車検のタイミングで新しい車に乗り換えることに。
とはいえ何の車種にするのかも全く考えておらず、予算もそんなにかけられない…もうすぐ車検だどうしよう…という状況に追い詰められた時に、中古車サイトで安く売られていたこの「モビリオスパイク」を見つけました。

調べたところモビリオスパイクは販売時期がとても短かったとかで、あまり流通しなかったらしく、乗ってる人もそんなに多い車ではないらしいです。
しかし発売当時は『車中泊最強』と謳われて、アウトドアファン注目の車種だったらしいのです。
私はそのワードにまんまと心を打たれ、即決で購入を決めました。
あまりに価格が安かったので、壊れたら困るな…と思いつつ、心のどこかでまぁ安いし壊れてもいっか!と持ち前のお気楽無計画でトントン拍子に納車されました。

3ヶ月ほど乗りましたが今のところ問題なく走っているので、ほっとしています(笑)

モビリオスパイクの燃費

 燃費はすごく良いわけでもなく、すごく悪いわけでもなく、15km/ℓ程度かと思います。
メーカー公式では17.2km/ℓと記載がありますが、乗ってる感覚だと平均15km/ℓじゃないかな〜と。
以前乗っていたフィットに比べるとやっぱりガソリン食うなぁという感覚が否めませんが、その分快適な車中泊ライフを満喫できているので差額は実質0円です!

モビリオスパイクの走行性能

車内
純正オーディオがまさかのカセットテープ

私はあまり高速道路を使わないので、スピードを出すことが無いんですが、走りはやや重たい感じがします。
60km/h巡行で走るにも2000回転くらい?そんなに踏まないでもスイーッと走っててよと思うんだけど、少しでも登り坂になると減速してしまいもっと踏めよと言ってきます。
踏めばスピードは出るんですけどそんなに踏んだら燃費が〜と、いつもノロノロのんびりと走っています。
しかしこれは私の"荷物を積みすぎ説"が影響している気がするので、あまりアテにならないかも。苦笑
実は「7スピードモード」っていう "マニュアル感覚でシフトチェンジが楽しめる"謎の機能が備わっているらしく、走りも楽しめるよ!っていう売り文句になっていたっぽいので、やっぱり重いのは車の走行性ではなく私の荷物なのかもしれません。

モビリオスパイクの乗り心地

車内横
女の子なら横向きに寝ることもできます

乗り心地は上々です。ベンチシートなのが気に入っています。
強いて言うなら「肘置き」がちょっと低いかな〜
窓がとても大きいので視界は良好!ただし冬場はこの「窓が大きい」ことが少々ネックで、車中泊をしている時に外気で冷えやすいです。メリットでありデメリットでもある、というところですかね。
ダッシュボードが平たいので、走行中ちょっと何かをポンっと置いても、転がったり滑り落ちたりしないところも気に入っています。

モビリオスパイクの積載性

焚き木
なぜか焚き木を運んでる写真でごめんなさい。焚き木も積み放題です

モビリオスパイク最大の推しポイントはその「積載性」!!
前述しましたが発売当時は『車中泊最強』と言われた理由がココにあります。
乗ってみて分かったのですが、下手なミニバンやステーションワゴンに比べたらよっぽど室内空間が広くとれて使いやすいのでは?と感じました。
ミニバンやステーションワゴンでありがちなのが"車は大きいんだけど後部座席があるから室内空間が狭い(使いづらい)"という現象。
確かに空間は多くあるんだけど、シートがフラットにならなかったり、もったいないスペースが多かったりするんですよね。
その点このモビリオスパイクは、後部座席が収納できることで、トランクスペースからしっかりとフルフラットになるんです。
これにより大きな家具が運べたり、自転車が載せられたりとかなり自由度が高いんです。
まあ私は家具も運ばないし自転車も載せないんですけど、自分が寝るスペースや、キャンプ道具を積んでおくスペース、珈琲を淹れたり食事を作ったりするスペースが無いといけません。
そうなると、ただただ空間だけがあっても事足りないので、ホームセンターで木材を買ってきて快適な車中泊空間をDIYすることにしました!

次のページ:こだわりのDIY!お気に入りポイントご紹介!

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 はらのゆき

釣りとキャンプと珈琲が好き。水中の魚たちや、釣りをするヒトを撮る旅人です。年間300日が車中泊になりつつある…助けて!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »