QUICKCAMPの2ルームテント『ARMADILLO(アルマジロ)』は全季節対応の広々快適空間を作れる!

こんにちは!TAKIBI編集部のナンちゃんです。

キャンプの際にあると便利なのがタープ。
テントを寝室とした場合に、タープで確保する空間はいわばリビングにあたります。
リビングにあたるスペースにタープを張れば、雨天でもしっかりキャンプを楽しめます。
しかし、テントとタープをセットで持っていくのは面倒なのも正直なところで…

そんな悩みを解決するのが2ルームテント。
一回設営してしまえば、快適で広い空間を構えられます!

今回はQUICKCAMPの2021年最新2ルームテント『ARMADILLO(アルマジロ)』をご紹介します。

ARMADILLO
画像提供:QUICKCAMP

高さも広さも十二分!

ARMADILLOは設営時の高さが約2mもあるので、成人でもストレス無くテントの中を歩くことができます。
天井の安心感はありながら、圧迫感は全くありません。

ARMADILLO
画像提供:QUICKCAMP

広さは約12畳半(幅660cm×奥行340cm)。
ファミリーやグループで使うときもゆったり快適に過ごすことができます。

画像提供:QUICKCAMP

付属のインナーテントを使えばファミリーサイズのテントになり、インナーテントを外せば大人数で使える大型シェルターになる有用っぷり。

ARMADILLO
画像提供:QUICKCAMP

アルマジロという名前ながら、用途によって使い分け可能な様はまるでカメレオンのようです。

どんな季節にも対応できる高機能設計

ウィンドウはとても大きく、解放感と通気性は抜群です。
広範囲にメッシュがあるので夏も涼しく快適に過ごせます。

ARMADILLO
画像提供:QUICKCAMP

「そんなに涼しく作ってあるんじゃ冬は使えないのでは」と思うかもしれませんが心配ご無用。
冷気を防ぐスカートが付いているので冬場でも安心して使うことができます。

ARMADILLO
画像提供:QUICKCAMP

1年を通して外の環境からキャンパーを守ってくれる頼もしいアルマジロです。

画像提供:QUICKCAMP

生地へのこだわり

生地の縫い目にはシームテープ加工が施されているので、急に天気が悪くなってもテントに水が染み込んでくる心配はありません。

ARMADILLO
画像提供:QUICKCAMP

また、基の生地に対してさらに格子状に繊維を編み込んで強度を上げるリップストップ加工がなされているため、生地は裂けにくく、長期に渡って使用することが可能です。

外側の頑丈さもアルマジロのようです。

画像提供:QUICKCAMP

リリースはいつ?

2ルームテント『ARMADILLO(アルマジロ)』は2021年の新作という位置づけですが、なんと2020年11月から先行予約が開始されます。
先行予約は数量限定なので、気になる方はQUICKCAMP公式サイトを要チェックです。

QUICKCAMP(クイックキャンプ)『ARMADILLO(アルマジロ)』

ARMADILLO
画像提供:QUICKCAMP

使用人数目安:4~6人
展開サイズ
 外寸 幅660cm×奥行340cm×高さ200cm
 インナー寸法 幅320cm×奥行220cm×高さ190cm
収納サイズ:長さ65cm×幅Φ40cm
重量:約14kg

価格:オープン価格 (税別参考価格:59,000円)
公式サイトhttps://quickcamp.jp/

季節を問わないオールシーズン対応の2ルームテントですから、手に入れたその日がいつであろうとキャンプで使えます!
いち早く手に入れて、大きなアルマジロを連れてキャンプに繰り出すのもいいですね。

ARMADILLO
画像提供:QUICKCAMP

この記事を書いた人 ナンちゃん

ふと思い立って山に突然登ったり、屋外でお酒を飲んでいたり。意図せずしてキャンプの要素を日常に取り入れながら生きています。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • Campify

TOPへ戻る

TOP

Translate »