チャムスのテントはキャンプ場の華!チャムスの魅力を余すことなく紹介!

キャンプのときに必要不可欠なのがテントですよね。いざテントを購入しようと思っても、どのメーカーのテントを買おうか迷ってしまうこともあるでしょう。そんなときにおすすめしたいのがチャムスです。おしゃれな見た目をしたテントを多く販売しており、より楽しいキャンプをアシストしてくれます。

今回は、おしゃれなチャムスのテント、さらにはキャンプで活躍すること間違いなしのギアをご紹介します。ぜひ参考にして、キャンプやアウトドアをより充実したものにしてみてはいかがでしょうか。

チャムスはおしゃれの代名詞!


Instagram:@y.k.310

多くの人から高い支持を得ている人気ブランド、チャムス。キャンプやアウトドアに使えるテントはもちろん、リュックやパーカーなど、幅広い商品を取りそろえているのが大きな特徴です。チャムスの商品の魅力は、なんといってもファッション性。おしゃれな見た目をした商品が非常に多く、老若男女を問わず、多くの人から慕われています。

チャムスのはじまり

チャムスは、1983年に、アウトドア愛好家であるアメリカのマイク・タゲットによってつくられました。もともとはリバーガイドだった創業者は、サングラスをよく川に落としていたそうです。そこで、紐でサングラスを固定するストラップを開発したことがはじまりだといわれています。そこから「楽しさ」「高品質」「シンプル」をコンセプトにして、アウトドアブランドとして徐々に人気を得るようになりました。

チャムス独特のロゴ

チャムスと聞いて真っ先に思いつくのが、ブービーバードのロゴではないでしょうか。ブービーバードは、南メキシコやエクアドルの南米、さらには小笠原諸島に生息している「カツオドリ」を指しています。非常にフレンドリーな性格で警戒心が薄いことから、南米では「ボーボー鳥」と呼ばれているそうです。ちなみに、英語だと“BOOBY”で最下位もしくは最下位から2番目に与えられる「ブービー賞」と同じ単語になっています。

ブービーツールームコヤテント4


Instagram:@y.k.310

 

家族でキャンプをする人に、ぜひおすすめしたいチャムスのテントです。ロッジ型になっており、無駄なくスペースを有効活用しやすいつくりになっています。リビングスペースも広くなっており、風通しもよいので窮屈さを感じることもありません。

寝室は4人が横になってもゆったりできるようなサイズになっており、快適な睡眠をしっかりアシストしてくれます。高さも2mほどあるので、上からの圧迫感を覚えにくいのも魅力のひとつ。光もしっかり取り込めるので、明るい空間の中で楽しいひとときが過ごせますよ。広々としたテントがほしい人に、ぜひ購入をおすすめしたい商品です。

デザイン

ミントブルーとオレンジを基調としたデザインで、ほかの商品ではなかなか見られないような鮮やかな色を使用しています。窓のデザインが施されているのも大きな魅力で、かわいさを同時に兼ね備えているのもポイント。レトロ感を味わいたい人にはまさにぴったりですよ。

スペック

スペックは下記のとおりです。
人数:4人
サイズ:280×300cm(リビング)
重量:約17.8kg
耐水圧:フライ/約1,500mm フロア/約2,000mm
材質(インナー):壁・天井/68Dポリエステルタフタ、フロア/210Dポリエステルオックスフォード
材質(フライ):75Dポリエステルタフタ(UV Cut)

次のページ:設営と撤収も解説!

1 2 3

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »