メイドインジャパンの家具メーカーがつくるIKIKI(イキキ)シェルフコンテナ

この記事に関連するタグ

いよいよ2020年がスタートしました。今年は東京オリンピック開催など、大きなイベントもありワクワクする1年となりそうですね。
さて、今回ご紹介するギアは、メイドインジャパンの家具メーカーがつくるIKIKKI(イキキ)コンテナです。


出展:IKIKI

このギアとの出会いは、2019年9月27日(金)〜9月29日(日)にふもとっぱら(静岡県)で行われたGOOUTCAMPでの出展ブースでした。多くの出展がされているブースの中で私自身の目に留まったブースが、このIKIKI(イキキ)でした。

今までに見たことのない、美しい木材加工のコンテナが展示されていたのでついつい立ち寄ってお話を聞きました。
そのコンテナが、ついに先行販売されることになりましたので、今回ご紹介をしたいと思います。

IKIKIシェルフコンテナ


出展:IKIKI

IKIKIシェルフコンテナは創業から67年の家具メーカーが家と外を行き来することをコンセプトに
家ではシェルフ(棚)、外ではコンテナとして「いれる、もつ、はこぶ」の性能と美しさを備えたシェルフコンテナとして国内家具メーカーとアウトドア好きのデザイナーが生みだしました。

会社概要

株式会社ミキモク

設立  :1952年12月16日
所在地 : 兵庫県宍粟市山崎町庄能120
事業内容: 木製家具・木製製品の製造販売
URL : http://mikimoku.co.jp/

アンドデザイン株式会社

所在地 :東京都港区芝浦1-13-10第3東運ビル2F
事業内容:プロダクトデザイン、商品企画、デザインコンサルティング、自社製品製造販売
URL :http://www.anddesign.jp

製品の特長

機能的に魅せる収納


出展:IKIKI

IKIKIの構造の特長は、4台積み重ねができる頑丈さと側面のパネルを自由に取りはずせる構造にあります。シェルフコンテナを複数で積み重ね、側面パネルを取り外すことで、収納と魅せる演出を家やアウトドアで行うことを可能としています。

豊富なオプション


出展:IKIKI

IKIKIシェルフコンテナは、シェルフ(棚)、コンテナとしての幅広い用途に対応するために多くのオプションが用意されています。機能性ファブリックを用いた側面パネル、凹凸な地面に対応するスパイク、運搬時に活躍するストラップベルト、リヤカーのように牽引して運べるタイヤ&スタンドなど、使いやすさをサポートする豊富なオプションが用意されています。

スタイルに合わせて選べる2サイズ

*写真はMサイズ(46L)

IKIKIのシェルフコンテナには、Mサイズ(46L)とLサイズ(69L)があります。キャンプで持ち運びする容量、また家やキャンプでのシェルフ(棚)として使用する容量に合わせて選択したり、組み合わせをすることができるのが嬉しいですね。

一生使える安心強度


出展:IKIKI

アウトドア用のコンテナは存在していますが、強度に関する明確な基準がないため、強度はまちまちですが、家具メーカーのノウハウを生かした強度試験を行ない、幅広い用途に対応できる強度のコンテナとなっています。また、組み立ては10分程度で行えますが、精度の高い作りは、まさにメイドインジャパンと思わせてくれます。

キャンプテーブルとして使用できるコンテナ

シェルフ(棚)、コンテナとしての用途を目的に、このコンテナを考えていましたが、実際に組み立ててみると、収納できるキャンプテーブルとして使用できるのではないかと考えるようになりました。

頑丈なつくりなのでテーブルとして、そして十分な収納ができるラックとして使用できますね。

次のページ:Makuakeで先行予約が可能!?

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 びあ・ぷりーず

アウトドアライフに目覚め、自然の中で過ごすキャンプ場、ギア、景色など、私が自信を持っておすすめできる情報をお伝えしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • Campify

TOPへ戻る

TOP

Translate »