【mont-bell2020年春夏展示会】シームレスなシュラフや焚き火台など注目製品が目白押し!

※この記事はモンベル様に監修をしていただきいただき掲載しています

こんにちは、TAKIBI編集部のむっしゅです。

最近ありがたいことに外に出て取材をする機会が増えまして、あちこちを行脚しているわけなんですが…
先日はモンベルの2020年春夏展示会に行ってきましたのでその様子を新製品情報と共にお届けします!

2020年のモンベルはキャンプで活躍する製品が多くラインナップされていたり、あの大人気ロングセラー製品がモデルチェンジをしたりと、今年のモンベルは一味違う感じがしましたよ!
それでは行ってみましょう。

mont-bell(モンベル)2020年春夏展示会

以前もモンベルの展示会にお邪魔させていただきいろんな製品を見せていただいた我々TAKIBI編集部でしたが、実は私むっしゅにおいては今回初めてのモンベル展示会だったのでめちゃくちゃ楽しみでした。

入場して早速案内していただいたのはこちら。

フエゴ(R)パーカ


画像提供:mont-bell

これ一見すると従来通りのマウンテンパーカーなんですが、「FLARE TECT」という難燃素材を取り入れたマウンテンパーカーなので焚き火の近くでも燃えにくく、火の粉で穴が開きにくいんです。

しかもこれ、背中には割と大型なポケットがあるのですが…

このポケット、エプロンをした時に隠れてしまう前のポケットの代わりに使えるポケットだそうです!(ポケットポケットうるさい)
たしかに焚き火で調理をするときは手袋をしてますし、その手袋を外してナイフに持ち替えたりと、このポケットの使い道は多岐に渡りそうです。

フォールディング ファイヤーピット

キターーーーーーー!
ついにモンベルが焚き火台を出しましたよ!
実は意外なことにモンベルさんが自社で焚き火台を出すこと自体初めてだそうです。
思い返してみればモンベルストアでも他社の焚き火台なら見たことありますがモンベルの焚き火台はなかったですもんね。

この焚き火台「そう、そういうことなのよ!」と思わず口に出してしまいそうになるくらい機能的なんです。

折りたたむとぺったんこ

まず前提としてかさばるギアよりは収納性が高いものの方がいいですよね?
この焚き火台、折りたたんだ時の必要面積こそ少々大きいものの、ほとんど厚みがなくなるので意外とコンパクトに収納できます。
キャンプツーリングなどにも携行できそうですよ。

頑丈

なんとこの焚き火台、10インチのダッチオーブンが乗ってしまいます。
「そんなの乗せようと思えばどんな焚き火台だってできるじゃん」と思った方…

写真でお伝え出来ないのが残念ですが、見た目以上に安定してダッチオーブンが乗ってるんですよ。
結構雑においてもびくともしませんでした。

ダッチオーブンなどを乗せる場合は別売りのクッカースタンドを使用します。

 

2次燃焼構造

この焚き火台の最大の特徴はこのサイズ感でありながら2次燃焼構造であるということです。

焚き火台の側面は二重構造になっており、側面から取り込んだ新しい空気を加熱し、上部の穴から燃焼室に噴き出すことで2次燃焼を促進して高い効率の燃焼を実現しました。燃え残りが少なく、今まで残りがちだった炭も灰になって処理もラクラクですよ。

ロールアップクーラーバッグ/クーラーバッグ

キャンプギアのなかでも比較的必須アイテムになるクーラーボックスですが、モンベルからもラインナップが刷新されました。

このクーラーバッグは断熱材に発泡ポリエチレンとエアクッションを使用しており、非常に高い保温・保冷効果を発揮します。


画像提供:mont-bell

上部をクルクルっと巻いて最後にバックルでパチンと留めるタイプのロールアップクーラーバッグは3Lと10Lのラインナップです。
ピクニックやデイキャンプは3L(画像左)、キャンプツーリングでは10L(画像右)がちょうどよさそうです。
普段使ってるクーラーボックスの中でさらにこのクーラーバッグを使うことで傷みやすい生鮮食品を保護するなんて使い方もできますね。


画像提供:mont-bell

ソフトタイプでも形が崩れるのが嫌だという方にはこちらの25Lタイプがオススメです。開閉が容易なジッパー式で内容物を入れやすいスクエア形状になっています。
オフホワイトなカラーにモンベルらしいネイビーのアクセントがポップですね。

アルパインクッカー ソロセット

近年ソロキャンプの需要がぐんぐん高まっていますが、もともと登山向けの本格的なギアを展開するモンベルが満を持してソロキャンプ向けなクッカーセットをラインナップに追加しました。もちろんソロ登山にも最適です。

モンベルのアルパインクッカーシリーズでも最小の「アルパインクッカー ディープ11」の中にさらに小さな「アルパインクッカー ディープ9」がセットになって登場します。

フィールドハンモック

近年、キャンプ芸人を筆頭にソロキャンと同時に人気なのが荷物を最小限に抑えたミニマルキャンプです。
ザック1つで山に入っていきハンモックなどで寝床を確保するスタイルですが、モンベルもハンモックがラインナップされます。


画像提供:mont-bell

よくあるキャンパス地の素材ではなく、ナイロンでさらっとした肌触りが特徴なのでハンモックの中での身動きを取りやすく、乗り降りもスムーズに行えるようになっています。
小物ポケットにもなる収納袋は本体に縫い付けられているため、そのまま詰めるだけでスピーディーに撤収が可能です。

また、取り付ける支柱の直径に合わせて長さを調節できるツリーストラップが付属しているため、簡単に取り付けができます。

次のページ:ヘリノックスもラインナップが増えました!

1 2

この記事を書いた人 むっしゅ

キャンプ歴が2年目に突入しましたがまだまだスタイルが確立していません。 今年はソロキャンとかキャンプツーリングにいきたいなぁ~

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »