こんなの待ってた!SOTO 分離型マイクロレギュレーターストーブ「FUSION Trek SOD-330」が発売!

この記事に関連するタグ

こんにちは、TAKIBI編集部のむっしゅです!

つい最近、愛用していたシングルバーナーが不慮の事故により買い替えを余儀なくされまして…
なんかいいのないかなぁと吟味していたところ、バーナーやクッカーを中心にたくさんのキャンパーから支持を集めるSOTOから、おもわず「そうそう!こういうのこういうの!」と声が漏れてしまうような新製品が発売されたのでご紹介していきます!

分離型マイクロレギュレーターストーブ「FUSION Trek SOD-330」

フュージョントレック…名前がめっちゃカッコいいですね…
「バーナーなに使ってんの?」
「え?フュージョントレックだけど?」
…あ、言いたい。


画像提供:新富士バーナー

はい、こちらがその「FUSION Trek SOD-330」で、ご覧の通りガス缶とゴトクが分離しているタイプになりますね。
でも、実はすでにSOTOからは燃料とゴトクが分離しているタイプのシングルバーナーは数多くラインナップされているんです。

レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330

ストームブレイカー SOD-372

MUKAストーブ SOD-371

シングルバーナー ST-301

実はこんなにあるんです。
では、このモデルたちとの違いはどこにあるのでしょうか?
ここからは「FUSION Trek SOD-330」の特徴について紐解いていきましょう。

FUSION Trek SOD-330 はここが凄い!

高い耐風性


画像提供:新富士バーナー

300個にも及ぶ炎口で一つ一つが背が短くしっかりとした炎を作り出すことで安定感のある火力と、すり鉢状のバーナーヘッドでコンパクトながらも風の影響を受けにくい構造になっています。

トリプルジェット


画像提供:新富士バーナー

気化したガスを噴出する小さな3つのノズルで安定感のある燃焼をサポートします。

軽量と安定感の両立


出典:新富士バーナー

五徳はごつごつした岩場や不安定な地面でも安定しやすい3本脚を採用し、軽量化にも貢献しています。
重量にして182gです。イメージしづらい方は近くの自販機で185mlの缶コーヒーを買ってみてください。
実際には缶の重量も含まれているので誤差はありますが大体一緒ですし、なんならそれより軽いです。


画像提供:新富士バーナー

しかもこの五徳、見た目よりもかなり広い面積を確保できるので、ある程度の大きさの鍋であってもカバーできるポテンシャルを秘めています。
大食漢で大きな鍋でソロキャンに行く方でも、数人で1つの鍋を囲みたい方も実用的に使えちゃいます。

やっぱり分離型っていいよね

ガス缶に対して直接装着するタイプのバーナーはコンパクトで収納性もよく、簡単な調理ならすごくオススメできるのですが…
構造上、安定感についてはガス缶の形状に依存してしまうので、そこそこの大きさの鍋を使用した時に脱落や最悪の場合バーナー本体もろとも転倒するなんて事故も想定できるので、仕様用途が限られてくるのが現実です。


画像提供:新富士バーナー

しかし、近年各社からラインナップが増えつつある分離型であれば、ガス缶の大きさに対してゴトクの高さが変わるようなこともなく、設置環境の影響を受けづらいんですね。
しかも重心が低いので、コンパクトな本体ながらゴトクを大型化しても不安定にならないというメリットもあります。
なので、よりコンパクトな一体型はトレッキング向き、安定感が高い分離型はキャンプ向きと言えます。


画像提供:新富士バーナー

因みに収納するとこんな感じ。
メッシュホースを本体にクルクルっと巻き付けてケースに収納します。

発売時期は?価格は?

マイクロレギュレーターストーブ FUSION Trek(フュージョントレック)SOD-330

価格: ¥9,000(税別)
発売時期:2020年3月上旬

価格も分離型シングルバーナーとしてはごく一般的ですね。
発売時期に関しては現時点で明確に発表されていませんが、約1か月後には発売されていると考えると近日中に発表があるかもしれませんね。

スペック

気になるスペックは以下の通りです。自分のギアボックスやクッカーセットと併せて判断してみてください。
収納ポーチ付属はうれしいですね。

●外形寸法
幅430X奥行140X高さ100mm(使用時・本体のみ)
幅110X奥行60X高さ100mm(収納時)
●ゴトク径
160mm(外径)、62mm(内径)
●重量
182g
●発熱量
3.3kW(2,800kcal/h)※1
●使用時間
約1.5時間(SOD-725T 1本使用時)※2
●使用容器
SOTO製品専用容器(ボンベ)(OD缶タイプ)
●材質
ゴトク・器具栓つまみ・バーナーヘッド :ステンレス
●付属品
収納ポーチ
※1 気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
※2 気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。

引用:新富士バーナー

まとめ


画像提供:新富士バーナー

いかがでしたか?
近年分離型のシングルバーナーは徐々に各社から増えてきていますが、TAKIBI編集長のしゅん坊が愛用しているシングルバーナーも分離型だったり、ジワジワと人気になりつつあります。

キャンプ飯のレパートリーが増えると同時に巨大化してくるクッカーに対して、今のバーナーでは心もとないとお悩みの方は是非検討してみてはいかがですか?

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 むっしゅ

キャンプ歴が2年目に突入しましたがまだまだスタイルが確立していません。 今年はソロキャンとかキャンプツーリングにいきたいなぁ~

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »