【おすすめランタン】シーン別で使えるランタン~ファミリーキャンプ編~

この記事に関連するタグ

たくさんの種類があるランタン。CB缶、OD缶、ホワイトガソリン、レギュラーガソリン(赤ガス)、ケロシン(灯油)など燃料の種類が分かれていて、その他にもオイルランタン、キャンドルランタンなど、最近ではLEDランタンもたくさん出てます。
そんなたくさんあるランタンの中からシーン別で使っている4つのランタンを紹介いたします。

ファミリーキャンプで最高(ペトロマックスHK500とジェントスエクスプローラーEX-777XP)

子供連れでキャンプに行く場合、おのずとサイトが明るくなります。火や刃物、サイトの中には子供にとって危険なものがたくさんあります。

石や木の根などに足を取られバランスを崩し、焚火にダイブなんて事があった日には大惨事になりますからね。なので、ファミリーキャンプの場合は光量のあるランタンを使っています。

★ペトロマックスHK500(PETROMAX HK500)

ペトロマックス(Petromax)HK500

サイズ   φ 17 × 40cm
本体重量  2.4kg
タンク容量 1L
燃焼時間  約8 時間
明るさ   500CP(約400W)
カラー   ニッケル、ブラス

出典|Petromax

光量は400wでかなり明るいです。サイトから、とくに食卓からは離してスノーピークのパイルドライバーを打ち込みサイト全体を照らしています。

燃料はケロシン(灯油)を使うので、ガスや、ガソリンを使うランタンより手間はかかりますが、ブラスの輝き、点灯までの儀式は所有欲を十分に満たしてくれます。

ペトロマックスHK500にはケースが付いてきません。別売りになりますが純正ソフトケースがあります。Amazonで木製ケースも販売されています。ただ、ペトロマックスHK500を愛用されている方の多くはランタンケースを自作しており、私も木製のランタンケースを自作しました。

ペトロマックス(Petromax)HK500

自分で作ったので、多少見てくれが悪くても、使い勝手が悪くても愛着は3倍です。

次ページ:文明の利器だよ!LED

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 しゅん坊(代表)

キャンプと釣りが好きです。 でも、ゾウさんの方がも~っと好きです。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • Campify

TOPへ戻る

TOP

Translate »