海外旅行にも使える!絶対欲しい便利なキャンプ用道具4選

海外旅行が好き!という方も数多くいらっしゃることでしょう。海外に数日間滞在する中で一番大変なのが「旅の準備」「パッキング」ではないでしょうか。

海外では、日本の宿泊施設のように手厚いもてなしをしてくれる場所がない場合もあります。そのため「暑さ・寒さ」には自分自身で対処しなければいけない部分も考慮しなければいけません。また、数日間宿泊場所を選ばずに好きな場所を歩きたいという場合、何らかの対策だって必要になるでしょう。

シンプルなキャンプ道具が便利


画像提供:PIXTA

そんな時「あれも、これも」と必要なものを準備してしまうと、バックパックやキャリーバッグに入りきらなくなってしまいます。飛行機には一定の大きさ・重さの手荷物は無料ですが、それを超えてしまえば重量超過手荷物料金が加算されてしまいます。また、ロストバゲージがあったらさらに大変です。

こういったことを避けるために、かさばらず軽量化デザインが施されたキャンプギア(キャンプ用品)は海外旅行にはもってこいのグッズといえます。安価で購入できるうえ、コンパクトにまとまるので、限られたスペースしかないキャリーバッグの中に放り込むも可能です。もちろん軽量化されたデザインのものが多いので、重さ的に響くことも少ないといったメリットがあります。

海外旅行にはどんなものでも構わないので「荷物をブロッキングできるもの」と「寒さをしのげるもの」、「連絡手段を保てるグッズ」などは準備しておくことをおすすめします。キャンプギアの中にはこのようなグッズがたくさんあるので、これからいくつか紹介してまいりましょう。

準備すべき第1位はスタッフバッグ

出典:Amazon

スタッフバッグとは、巾着タイプのパックで丸底の収納グッズです。容量300ccといったミニサイズのものから、3リットル以上の大型のものなど豊富なサイズバリエーションがあります。

大型サイズのものであれば、リュックのように斜め掛けできる機能が付いたバッグもあるので、拠点が決まったら大きな荷物はそこに留め置いて、スタッフバッグを片手に出かけることもできるのではないでしょうか。

ナイロンタフタで作られているので、軽量であるうえ、かさばらないメリットがあります。撥水性もあるので、雨が降られたときにも中の荷物を守ることができます。

また、カラーバリエーションがあるので、衣類や下着類を分けてパッキングしたいというときにも便利に使い分けをすることができます。
スタッフバッグの中には、水が漏れない構造になっており、バケツ替わりに使えるバッグがあります。

このバッグを使えば旅行先で衣服を洗濯することもできるので、必要最低限しか持ち歩かずに旅行をしたい人にはおすすめです。

気になる価格帯ですが、サイズによって価格が異なり1,000円~2,000円程度で購入することができます。先述の通り、カラーやサイズのバリエーションがありますので、いくつかまとめて準備しておくとスマートです。

キャンプギア専門店のモンベルなどでは「メッシュスタッフバッグセット」と呼ばれる、サイズバリエーションをそろえたバッグセットを販売しているので、それをひとつ買い揃えておくことも一案です。

キャリーバッグにも忍ばせられる便利なキャンプ道具


画像提供:PIXTA

ここからは、海外旅行には欠かせないグッズを3つご紹介いたします。先ほど、海外旅行の準備物として欠かせないものとして、「荷物をブロッキングできるもの」と「寒さをしのげるもの」、「連絡手段を保てるグッズ」を準備することとご紹介しました。何がなくとも、お金や身分を証明するもののほか、これらのグッズがあれば最低限身を守ることだってできるのです。

海外にあるどんなに暑さが魅力的な地域でも、朝晩や天候不順の時は寒くなる場合があります。また、日本の気候とは異なるため、体温調節が難しくなってしまう時もあるでしょう。そんな時に羽織れるグッズがあると便利です。羽織物というとどうしても分厚いコートやダウンジャケットをイメージしてしまうこともありますが、ポケッタブルのものも存在しています。かさばらず携帯できますし、ポケットの中にねじ込める製品などを選べば、飛行機の中で羽織ることだってできるでしょう。

海外でもスマホを使いたい

また、今では日本で契約したスマホも海外で使える便利さがあります。SNS発信を続けていると気になるのがバッテリーの減りです。けれど海外対応の変圧器を持参しても外ではなかなか充電できません。

そんな時に対応できるモバイルバッテリーがあると便利ですね。キャンプの時でも同様のことが言えるのではないでしょうか。突然のバッテリー切れに対処できるよう、太陽光で充電できる充電器とセットで準備すると便利です。旅行先でのんびりしながらモバイル充電ができるところもよいですね。

ソーラー充電器×モバイルバッテリー


出典:Amazon

海外旅行で準備したいキャンプギアでおすすめしたいのが「ソーラー充電器」と「モバイルバッテリー」のセットです。海外バックパッカーなどは、旅先でノマドを楽しむほか、SNS発信をすることもあるでしょう。

Wi-fiなどは現地でレンタルすることも可能ですが、気になるのがモバイルグッズのバッテリーです。国によってはクオリティの高いホテルなどでも電源の供給がおぼつかない場合があるのです。日中の日照が確保できる地域であれば、ソーラー充電器を使ってモバイルバッテリーに充電することができます。それがあれば、スマホを使った発信も気持ちが楽になるのではないでしょうか。

ケーブルさえ準備すれば、ソーラー充電器からもスマホへ直接充電することができるので便利です。

ただし、ひとつ気を付けなければいけない場合があります。海外旅行の際にはモバイルバッテリーはすべて機内持ち込みをしなければいけません。また航空会社によっては、持ち込み可能なモバイルバッテリーの容量も決められているので事前に確認することが大切です。

モバイルバッテリーやソーラー充電器は手のひらに収まる大きさのものが一般的です。重量も二つ合わせて500~600g程度。機内持ち込みオンリーですのでキャリーバッグの重さにピリピリする必要もありません。費用面でもバッテリーは3,000円程度、充電器は1万円程度と若干高価ですが、繰り返し使える製品ですのでエコの観点からも便利に使えるのではないでしょうか。

特に海外旅行やキャンプのお供として使えると紹介されるのが、「ANKER(アンカー)」社の製品です。一台で何回か急速充電できる大容量バッテリーがあれば心強いでしょう。

パタゴニアマイクロパフフーディー

寒さをしのげるものとのしてぜひ持参してほしいのが、キャンプギアブランド「パタゴニア」のマイクロパフフーディーです。昼夜の寒暖差が激しくない地域や盛夏の時期には不要ですが、朝晩の気温差が激しい地域や日本とは気候が異なる地域へ出かける際には念のために持参することをおすすめしています。

マイクロパフフーディーがおすすめの理由はいくつかあります。一つ目は軽量コンパクトであることです。マイクロパフフーディーの重量は、メンズMサイズでもわずか264グラム。左ポケットにパッカブル機能がついているため、コンパクトに収納できますし、圧縮袋に入れて空気を抜くだけで平らに収納することも可能です。

もう一つは、耐久性撥水加工がなされていること。多少の雨に降られても体を冷やすことはありません。耐水性・防風性も兼ね備えているため高地への旅行にもおすすめでしょう。
フードは顔全体を覆うことができるうえ、袖口を絞ることができる伸縮性に富んだ袖ですので、体感温度を下げることなく活動することもできます。

ダウンジャケットのような中綿(インサレーション)が入っていますが、これはプルマフィル化繊と呼ばれるもの。空気を程よく含むのでダウンジャケットのような着心地と保温性を実現しています。もちろん、撥水加工の素材を採用しているので、濡れても体感温度を下げることはありません。

サイズはメンズ・ウィメンズ各サイズあり、メンズはXSからXXLまで6サイズ展開。ウィメンズサイズもXXSからXLサイズまでそろっています。価格帯はいずれのタイプも31,968円~39,960円で、サイズによって価格が異なります。

肌身につけられるサコッシュ


出典:Amazon

キャンプや海外旅行では、一人で気ままに出かけられるところが良いところなのですが、バックパッカーやソロキャンパーの場合防犯面でおろそかになりやすい面があります。特に、金銭やパスポート、そのほか盗まれては困るような物品は肌身離さず持ち歩きたいものです。そんな時におすすめしたいのが、サコッシュです。

キャンプや旅行の時はTシャツの上にサコッシュを肩にかけ、ジャケットを羽織ると幾分安全度が増します。人目につかないようにできるサコッシュは便利です。

サコッシュというと、おしゃれなファッションアイテムとしても販売されていますが、キャンプや旅行用のそれは若干用途が異なります。同様にショルダーバッグのようないでたちですが、メッシュやナイロン製のものです。

小ぶりのサイズでショルダーの長さを調整することで体に密着して装着することが可能です。

単純に旅行用ポーチを準備すればよいものですが、このところでは電子マネーやスマホのICチップを狙った犯罪などもささやかれているため、防水機能とスキミング防止機能が付いたサコッシュを準備することをおすすめします。

機能性が高いサコッシュがあれば、日常生活でも安心です。

サコッシュはいろいろなメーカーやブランドから販売されています。旅行グッズやキャンプグッズといったカテゴリーで販売されている商品を購入すると1,000円程度の予算があれば購入することが可能です。


画像提供|PIXTA

まとめ

海外旅行に行くためにキャンプの道具が役に立つことをグッズとともに紹介してまいりました。コンパクトにまとまりやすいキャンプギアなら、面倒に感じる海外旅行のパッキングも楽しく済ませることができるでしょう。

また、異国の地で気候の変動で体調を崩してしまうことがないようパッカブル防寒具なども準備するとよいでしょう。用意周到になりすぎても荷物の負担だけが残されてしまいますが、準備があると安心することができます。

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »