キャンプ初心者の必需品を紹介!必需品を選ぶ際のポイントや選び方について

アウトドアの右も左もわからないキャンプ初心者の多くは、店頭で「今の自分が買うべき必需品とは、一体どれなのだろう?」といった悩みを抱えやすい傾向があります。
特に少ない予算の中でキャンプを始める場合、余計なものにお金を使わないために、道具選びの優先順位や選び方なども頭に入れておきたいことだと思います。

そこで今回は、非常に人気の高いソロキャンプで初心者にぜひ購入して欲しい必需品や、あると便利なキャンプグッズなどを詳しく紹介していきます。

キャンプ初心者必見!キャンプ必需品を選ぶ際の注意点やポイント

バックパック

初心者が少ない予算の中でキャンプグッズを買うときには、次のポイントに注意をする必要があります。

宿泊か日帰りかで揃えるキャンプ用品が変わる

初心者はまず「日帰りと泊まり、どちらのソロキャンプから始めるか?」を決めましょう。
食事を作りながらゆっくり過ごす日帰りキャンプの場合、調理器具や日除け、椅子・テーブルなどの日中使うアイテムが中心となります。

これに対して宿泊するキャンプの場合は、寝袋やテント、マットといった寝るために必要なグッズなども揃えなければなりません。
ひと晩、屋外で過ごすわけですから、ランタンや懐中電灯などの照明器具、気温低下に対応できるだけのアイテムや衣料品なども必要です。

少ない予算の中でお試し感覚でソロキャンプに挑戦したい場合は、まず日帰りを前提にバーナーや調理器具、アウトドアテーブルなどを購入し、徐々に宿泊キャンプに向けてアイテムを買い足してみても良いでしょう。

キャンプ初心者のための道具の選び方

アウトドアを初めておこなうキャンプ初心者は、次の3つの基準で道具を選ぶのがおすすめです。

①組立てが簡単のものを選ぶ
キャンプグッズの設営に不慣れな初心者は、早く準備を終えるために、まず組立てや収納が簡単にできる商品を購入してください。
特にサポートしてくれる友人や家族のいないソロキャンプでは、多少コンディションが悪くてもパニックにならずに組立てできるシンプルなアイテムがおすすめとなります。

②機能性が良いもの
キャンプ生活で実践できる知恵の少ない初心者は、おしゃれなデザインよりも便利に使える機能性重視で買い物をしてください。
特に所有できる品物が少ない最初のうちは、1つで多彩な使い方のできる多機能型のアイテムを選ぶのがおすすめとなります。

③軽量・コンパクト
車やバイクから荷物の上げ下ろしを考えると、この作業が簡単にできる軽量・コンパクトなグッズがおすすめです。
小さく便利な商品は少しお高めな傾向もありますが、将来的にもっと荷物が増える可能性を想定すると、最初から小さく軽い品物にこだわることが理想となります。

キャンプ初心者の必需品とは

テント

初めて宿泊のソロキャンプをするときには、まず次のマストアイテムから買い揃えてみてくださいね。

テント

■mont-bell(モンベル)テント クロノスドーム1型

ソロキャンプ初心者に最適な1~2人用のテントです。ショックコードによってソケットとポールが一体化したことで、初めての人でも素早く設営・撤収ができる仕様となっています。
専用バッグ込みで2.2kgほどの超軽量であるところも、キャンプ初心者に嬉しい魅力です。

素材:キャノピー/68デニールポリエステルタフタ、フロア/70デニールナイロンタフタ、フライシート/75デニールポリエステルタフタ
サイズ:幅100cm×長さ220cm×高さ105cm
本体重量:約1,950g

■BUNDOK (バンドック) ツーリング テント BDK-18

お試し感覚の人におすすめしたい、大変リーズナブルなテントです。
リッジポールが長めに改良されており、前後にシューズや荷物を置ける設計になっています。

素材:フライ/ポリエステル、インナー/ポリエステル、フロア/ポリエステル、入口&窓/ポリエステルメッシュ、フレーム/グラスファイバーΦ7.9mm
サイズ:幅210cm×長さ210cm×高さ115cm
本体重量:約2,300g

寝袋(シュラフ)

■Takemo(タケモ)シュラフ スリーピングバッグ 5

国内の2,000~3,000m級の山々で春先から秋口まで使える汎用性の高い寝袋です。
最低使用温度は-6度となっています。キャンプ場では夜の気温が一気に下がることもありますので、日中は快適に過ごせる季節であってもこのぐらいのシュラフを用意するのが理想です。

重量:約960g
サイズ:肩まわり158cm×全長205cm×足元まわり104cm
表地・裏地:ポリエステル100%
中綿:ホワイトダックダウン90%、フェザー10% 500g 750FP

■CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)封筒型シュラフ プレーリー

寒暖差の少ない真夏のソロキャンプに適した、簡易的な寝袋です。使える期間が限られますが、猛暑で寝苦しい夜はこのレベルのシュラフでも十分に過ごせます。

サイズ:75cm×185cm
材質:表地/ポリエステル100%、裏地/ポリエステル100%(マイクロファイバー)、中綿/ポリエステル100%(ホローファイバー)600g
使用温度目安:約15℃~

椅子

■ALITE(エーライト) マンティス チェア

読書や焚き火などで椅子に座る時間が長いソロキャンパーには、このぐらいゆったりとした椅子が必要です。
あまりにもコンパクトすぎる椅子を購入すると、お尻が痛い、座りづらいといった不満で宝の持ち腐れになる可能性があります。

重量 : 810g
使用時のサイズ : 高さ73.7cm × 幅54.6cm × 奥行55.9cm
座面の高さ : 20.3cm
耐荷重 : 113.4kg

■CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)ベンチ CSブラックラベル

焚き火などに適したロースタイルのベンチです。肘掛け部には天然木が使われており、機能性だけでなくデザイン性も高い商品となっています。

組立サイズ:幅60cm×奥行56cm×高さ66.5cm
座面の高さ:28.5cm
重量:2.4kg
耐荷重:80kg

テーブル

■SOTO(ソト)フィールドホッパー

重さやコンパクトさを重視する人におすすめしたい、アルミテーブルです。
写真では非常に小さく見えますが、バーナー・マグカップ・クッカー1つぐらいは十分にのせられます。折りたたむとA4ハーフサイズになるところも、大きな魅力です。

重量:395g
使用時のサイズ:奥行21×幅29.7×高さ7.8cm
収納時サイズ:奥行11×幅29.7×高さ1.9cm
耐荷重:3kg

■CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)テーブル CSクラシックス

60cm近い幅がありながら、非常に軽い天然木のテーブルです。
ちゃぶ台のような温もりのあるこの商品は、自宅の中でも違和感なく使えるデザインとなっています。

材質:天然木(表面加工:オイルステイン)
組立サイズ:59cm×53cm×27cm
収納サイズ:59cm×53cm×高さ6cm
重さ:2.7kg

調理器具

■Snow Peak(スノーピーク)まな板セットMサイズ

まな板の中に包丁を収納できる、コンパクトな人気商品です。
設置面には4コーナーに滑り止め用ゴムが付いているため、安定性の悪い屋外でも料理しやすい工夫が施されています。包丁の収納部分には、マグネットも付いていて安心です。

材質:本体/天然木、ステンレス、ゴム、包丁/ステンレス、プラスチック
収納時のサイズ:256×100mm×34mm
使用時のサイズ:256×200mm×34mm
重量:470g

■lifepower(ライフパワー)折りたたみ式 コーヒードリッパー

ゆっくり目覚めた朝は、こだわりの道具を使ってコーヒーを丁寧に淹れるのもおすすめです。
キャンプグッズの専門店では、ハンディタイプのコーヒーミルなども販売されています。

材質:本体部分(430ステンレススチール)、足部分(201ステンレススチール)
使用時のサイズ:12cm×12cm×10cm
収納サイズ:16.5cm×15cm

食器関連

■Tachiuwa アルミクッカーセット 1-2人

初めてのソロキャンパーには、アウトドアの調理器具を代表するクッカーと食器、カラトリーのセット商品がおすすめです。
インスタントラーメンなどを作って食べる場合、わざわざ食器に移すよりもクッカーのまま食べた方が洗い物も少なくて効率的です。
自分に合った調理器具や食器の種類がわからない初心者の場合、お試し感覚でセット商品を買うのがおすすめとなるでしょう。

材質:アルミニウム
ポットサイズ:17cm×9cm
パンサイズ:17.8cm×4.3cm / 1.7×7インチ
ケトル:約1.1L
食器の長さ:約16cm / 6.3インチ

■CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)シェラカップ

荷物をなるべく減らしたいソロキャンプにおすすなのがミニクッカーシリーズ。
マイクロバーナーと一緒に収納もでき非常にコンパクト。コツをつかめば、ミニクッカーで炊飯もできます。

本体サイズ:外径120mm×高さ45mm(本体のみ)
容量:320ml
重量:90g

LED式ランタン

■FOGEEK(フォーギーク)LEDランタン アップグレード版

長い夜の時間をひとりで過ごすソロキャンプでは、読書などもできる明るさのランタンが必要です。
USB充電式のこのLED式ランタンには、スマホやモバイルバッテリーの充電もできる5,200mAhもの大容量が備わっています。
また8段階の調光もできるため、自分好みの明るさに切り替えることも可能です。

サイズ:径80mm×60mm
重量:180g
容量:5200mAh
寿命:最大 100,000時間

■Vantozon(バントソン)LEDランタン 2in1給電方法 キャンプランタン

電池とUSB充電の2in1で電源供給できる、とても便利なランタンです。
モードボタンを押すことで、緊急時にSOS信号も出せます。防水性・耐候性にも優れているため、厳しい天候下でのソロキャンプでも安心の照明器具です。

サイズ:約13.5cm×8.5cm
重量:230g
使用電池:単3形電池×3本(別売)
容量:1500mAh
防水レベル:IPX4生活防水

焚き火台

■笑’s・焚き火グリル A-4君

名前にもある通り畳むとA4サイズになりますから、とてもコンパクトでソロキャンパーにもおススメです。
ソロキャンプの他に、ツーリングや登山のお供にも最適なサイズです。組み立てる際のワクワクも人気の秘密です。

組立サイズ: 約365mm×206mm×290mm
収納サイズ: 約292mm×206mm×20mm
材質
:0.8mm厚ステンレス・リベット
重量:約1.9kg

■CAMPING MOON(キャンピングムーン)バーベキューコンロ・焚火台

世界最小の大変コンパクトな焼き台です。上部には網も付いているため、本格的なバーベキューをするソロキャンパーにも使い勝手の良い商品となります。セットパーツは、簡単水洗いも可能です。

材質:安心なステンレス304
使用サイズ:幅19.5cm×奥行19.5cm×高さ15.5cm+4.0cm
収納サイズ:幅20cm×奥行20cm×高さ6cm
総重量:(約)1.6Kg

軍手

■OLSON DEEPAK(オルソンディーパック)耐熱牛革 キャンプグローブ オレンジ

テント周辺の石や焚き火の後始末などで危険なものに触れる機会の多いソロキャンプでは、普通の手袋よりも頑丈な本皮の軍手がおすすめです。
裏地の付いた商品には、吸汗や防寒などの機能も備わっています。
熱に強い特徴もあるため、焚き火の近くで使っても安心です。

表面生地:純牛革
裏面生地:綿
重量:300g

■Globee(グロービー)耐熱性 キッチン バーベキュー グローブ 2枚セット

最高500℃まで耐えられる、強度の高い軍手です。もともと黒い色をしているため、グリルの灰などを触ったときの汚れも気にせず、洗濯しながら長く使える手袋となっています。

手首部分の長さ:15.5cm
フリーサイズ

あると便利なキャンプグッズ

ゴミ

日常生活で使うことの多い次のようなアイテムも、初めてのソロキャンプで大活躍します。

ブルーシート

■TRUSCO(トラスコ)ブルーシート #2000 2.7m×2.7m

TRUSCO(トラスコ) ブルーシートα#3000 2.7m×2.7m BSA-2727

テントをたたむときの荷物置きや、テント下に敷くグランドシートとしても利用できるブルーシートは、ソロキャンプに持っていって損のないアイテムです。急なゲリラ雨が降ってきたときには、テントの上にかけても良いでしょう。

サイズ:2.7m×2.7m
重さ:0.75kg

■ユタカ #3000ODグリーンシート 1.8mx2.7m OGS02

ユタカ #3000ODグリーンシート 1.8mx2.7m OGS02

あまりにも強い青に抵抗がある人には、同素材のグリーンシートもおすすめです。この色のシートなら、テントとのコーディネートもしやすいことでしょう。

サイズ:1.8m×2.7m
重さ:0.8kg

たわし

■亀の子束子 棕櫚たわし極メ No2 (1号型)

亀の子 掃除用たわし 棕櫚たわし極メ No2 (1号型)

たわしは、バーベキューで使った鉄板やスキレット、ダッチオーブンなどの後片付けで大活躍するアイテムです。
キャンプ場の中には、自然保護の観点から洗剤の使用がNGな場合があります。
こうした施設を利用したときには、たわしを使って現地で簡単にコゲなどを落としておくと、自宅に帰ってからのお手入れが楽になります。
たわしはさまざまなサイズがありますので、自分の手や調理器具の大きさごとに使い分けしてみても良いでしょう。

大きさ:8 cm × 4.5 cm ×10 cm
重さ:40.8g

■AmzBarley(アンバリー) 金たわし

安全に力を入れて調理器具などを洗うときには、取っ手の付いたたわしもおすすめです。
こちらのたわしは、人間工学によって持ちやすく手間のかからない設計になっています。

素材:ABS樹脂・ステンレス
サイズ:11×6cm

タープ

■DOD(ディーオーディー) ライダーズコンフォートタープ

コンパクトに収納できる、ツーリング仕様のタープです。高さとサイズの大きなタープを選ぶと、大事なバイクの傍でソロキャンプを楽しめます。多くの道具を並べて調理や焚き火をするリビングスペースでは、直射日光や雨を避けるために、タープを使うのがおすすめです。初めてのソロキャンプで恥ずかしい気持ちのある人にも、周囲からの視界を遮るタープを使うメリットはとても高いと思います。

材質:生地/75D ポリエステル PUコーティング、メインポール/6061アルマイトポール 直径19mm、サイドポール/グラスファイバー 直径7.9mm
UVカット:UPF50+
大きさ:D430cm×W370cm×H180cm
重さ:3.3kg
耐水圧:3,000mm

■スノーピーク(snow peak) ライトタープ ペンタ

スノーピーク(snow peak) タープ/R ライトタープ

こじんまりとした日帰りソロキャンプに最適なタープです。山だけでなく海などでも違和感のないデザインとなっています。

材質:本体/75Dポリエステルタフタ、遮光ピグメントPUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、UVカット加工、テフロン撥水加工(初期撥水100点、5回洗濯後90点)
ケースサイズ:32cm×9cm×20cm
重量:790g(本体のみ)

ゴミ袋

■日本技研工業 ストレッチ ゴミ袋 45L 30枚入

日本技研 ストレッチ 黒 45L30P ST-43K

「来たときよりも美しく」が基本のソロキャンプでは、持参した袋に全てのゴミを入れて持ち帰ります。
雨天時の撤収時には、濡れたテントが専用ケースに入りにくくなりますので、余分なゴミ袋に入れて車に積み込んでみても良いでしょう。

大きさ:650mm×800mm
材質:ポリエチレン
内容量:30枚入
厚さ:0.02mm

■キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ゴミ箱 ゴミ袋スタンド

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ゴミ箱 ゴミ袋スタンド コンパクト 組立簡単 ダストスタンド ジュール U...

数日間ゆっくりソロキャンプを楽しむときには、ゴミ袋スタンドを使ってみましょう。このスタンドを設置すると、軽いゴミ袋が強風で飛んでしまうこともなくなります。また常にゴミ袋が開いていた方が、調理などの作業も効率よく進められます。

材質:本体/鉄(紛体塗装)、樹脂部/ポリプロピレン
使用サイズ:340mm×325mm×455mm
収納サイズ:90mm×80mm×長さ530mm
重量:1.1kg

日焼け止め

■アウトドアUVナチュラルカラー

アウトドアUV ナチュラルカラー

ずっと外で過ごすソロキャンプでは、女性だけでなく男性でもUVケアが必要です。
終日多くの紫外線を浴びる可能性を考えると、SPF50+・PA+++のようにUV-AとUV-Bの両方に対応できるものがおすすめとなります。
手洗い場まで遠い可能性も高いアウトドアシーンでは、手を汚さず使えるスティックタイプの日焼け止めが人気です。

カラー:肌色
SPF50+ PA+++
内容量:10g

■スキンピースファミリーハーブUVジェルa 80g

スキンピースファミリーハーブUVジェルa 80g

虫の嫌いなハーブの香りが漂う、無添加の日焼け止めです。
日差しの少ない日にずっとテントやタープの中にいたり、肌の弱い人は、SPF35+++ぐらいの日焼け止めを併用してみても良いでしょう。

SPF35+ PA+++
内容量:80g

着火剤

■尾上製作所(ONOE) ハイチャッカー・L

尾上製作所(ONOE) ハイチャッカー・L CK-30

火の付け方の要領もわからないソロキャンプ初心者には、短時間で火をおこせる着火剤も欠かせないアイテムです。
テントの設営から調理までひとりでおこなうソロキャンプでは、意外に時間が足りなくなる傾向があります。
そのため、少ない時間を有効活用するには、着火剤などの時短アイテムを上手に取り入れましょう。

サイズ:10mm×95 mm×95×mm
重さ:90g

■LOGOS(ロゴス) 着火剤 防水ファイヤーライター

ロゴス 着火剤 防水ファイヤーライター 83010000 [HTRC 4.1]

アウトドアブランド・LOGOSで出している、水に強い着火剤です。
突然のゲリラ雨などでキャンプグッズが濡れやすい時期は、どんな気象状況でも確実に火を付けられるこうしたアイテムの使用がおすすめとなります。

総重量:400g
内容量:21pcs
燃焼時間:1個あたり13~17分ほど

まとめ

テーブル

初心者がキャンプを始めるときには、まず宿泊と日帰りのどちらにするかを決めた上で、買い物をするのが理想です。
道具の選び方としては、組立てが簡単で機能性が高く、軽量なものがおすすめとなります。

アウトドアショップなどで最初に購入するのは、椅子テーブルや調理器具、焚き火台などのマストアイテムです。
ブルーシートやタープなどの便利グッズは、ソロキャンプ生活を快適にしてくれますので、気になるものがあればぜひ必需品と一緒に買い揃えてみてくださいね。

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »