1台5役の優れもの「LOGOS the KAMADO」はこんなに使える!

この記事に関連するタグ

※この記事はLOGOS様に監修をしていただき掲載しております。

今回は、1台で何通りも使い道があるLOGOSの「LOGOS the KAMADO」を紹介したいと思います。

そもそもは、お庭にピザ釜をDIYしたいなと思っていたのですが、なかなかハードル高いな…と。しかし、こちらに出会って一気に解決してしまいました。

製品仕様

ロゴス(LOGOS) バーベキューコンロ 焚き火台 the KAMADO 多機能調理グリル ダッチオーブン使用可 ピザ窯

総重量:(約)8.5kg
サイズ:[組立時](約)51.5×51×57cm
[天 穴](約)26cm
[ピザプレート](約)24.5cm
[開口部(上部)](約)29×14.5cm
[開口部(下部)](約)26.5/19×8.5cm
収納サイズ:(約)48.5×39×12.5cm
主素材:ステンレス、スチール

引用:LOGOS

まずはピザを焼いてみよう

LOGOS the KAMADOの最大の特徴といえばオーブン機能を使ってピザ釜になること。購入してすぐ、生地も手作りして、自宅の庭でピザを作ってみました。

いい感じに焼けました!炭が近いと、比較的すぐ焦げてしまうので、何度か窯の中でクルクル向きを変えて焼きました。焼きたてのピザは、子供たちも大喜びで食べてくれました。

フィールドデビュー

実際にキャンプに行ったときに、オーブン機能を駆使して、ご飯を作ってみました。

まずはパンを焼いてみました。

対流熱の効果で、きれいに焼き目がつきました。ここまできれいに焼けると思っていなかったので、感動ものでした。天蓋に温度計が付いているので、温度管理もしやすかったです。

パンのあとはグラタンです。念のため、表面をあぶるためにバーナーを用意していましたが、要らぬ心配でした。

こちらもちゃんと焼き目がついてくれました。対流熱、すごいですね。

冷凍のパイシートを使って、アップルパイにも挑戦。煮リンゴを自宅で作っていき、市販のカスタードクリームと一緒に挟んで焼くだけ。すごく簡単です。

焼きながら、庫内を確認できるので、焦げることなく、照りがきれいに出てくれました。熱々のうちに、ぺろりと完食してしまいました。

次のページ:同時調理で時短にも!

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 tammy

プチプラをモットーに、気張らず、かつオシャレでかっこいいキャンプを目指してます。キャンプは心のデトックス♡

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • Campify

TOPへ戻る

TOP

Translate »