初心者にオススメ!アジングタックルの紹介!

この記事に関連するタグ

いつもお世話になっております。TAKIBIのしゅん坊です。

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい罹患された皆さま、および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い終息を心よりお祈り申し上げます。

今は外に出歩かず自粛することが最前線でコロナウイルスと昼夜を問わず懸命に戦っている方々に対して唯一僕たちが出来ることだとTAKIBI一同考えております。

僕は自粛中に毎日行っていることがあります。タックルをサワサワ触って、ボックスの整理をすることです!釣具を触っているだけで心が落ち着くんですよね~w

そんな心の安らぎ処の釣具ですが、今回はアジングタックルの紹介をしたいと思います。

月下美人に17セオリー

月下美人MX、17セオリー
ロッド:ダイワ 月下美人 MX AJING 510UL-S リール:ダイワ 17セオリー2004

ロッド:ダイワ 月下美人 MX AJING 510UL-S
リール:ダイワ 17セオリー2004

今までメバリングタックルでアジを釣っていました。ちなみにアジを狙って釣ったことはありません。ラッキーパンチで「あ!アジだ~wあはあはw」って感じです。

ダイワ 月下美人 MX AJING 510UL-S

月下美人MX
ロッド:ダイワ 月下美人 MX AJING 510UL-S

6フィート、7フィートのアジングロッドもありますが、せっかく買うなら思いっきり振り切ったロッドを買った方が後悔が少ないかと思い、ショートロッドを購入しました。僕の性格的にその場に合わせてスプリットやフロートなどリグを変えるのが面倒に感じ、ジグ単のまま釣りし続けるだと考え、だったらジグ単専用機でいいかと思った次第です。ポジティブな自己分析ですwまぁ~んなことしてるから釣れないのかも知れませんが…。

ダイワ 17セオリー2004

17セオリー
ダイワ 17セオリー2004

個体差が激しいと話を聞きますが、僕の個体はアタリ個体だと思います。ヌルっとしっとり気持ちよく回ります。異音も今のところ皆無です。カラーも落ち着いていて大人な感じで気に入っています。

発売されたときはボディもローターもZAION(3500・4000サイズを除く)で剛性があり、且つ軽さで評判の良かったセオリーですが、LTコンセプトの商品が次々と発表される中、17セオリーは前世代感が否めませんが、全く問題なく使えます。

今ならタフデジギアや、LC-ABSなどが盛り込まれた18カルディアがオススメ。軽いしね。

狙うはアジ!

アジってどこにいるんですか?そもそもいるのですか?まったく釣れないのですが…。って、思っていましたが、専用タックルを使ってからは「何をしているのか?」が分かるようになり、ちょっとづつ成長しました。その成果がコチラ

豆アジが~

とある漁港に16時に着きました。勿論、自粛の前ですよ。平日でしたが釣り人が沢山!初めての場所でどこで竿をだしたらいいのか分からず、沢山人のいる場所を避けながら歩いていたら、結局港の端まで来てしまいました。結果、この場所が一級ポイントだったことに後で気づきました。

17時を回り真後ろの常夜灯が付き始めると目の前に小鯵がウジャウジャと集まりだしました。でも、いるのに釣れない…。ヘタだなぁ自分…。と思っていたら18時過ぎたら食い始め2時間弱で15匹。ポロリがかなりあり、あわせの難しさを感じました。帰りがけに日中に混んでいたポイントを見に行ったら常夜灯もなく真っ暗で誰もおらず…。

ちなみにラインは0.3号のエステルにフロロの3lbをショートリーダーで組んでます。

アジングライン
月下美人3lb DPET 1.6lb(0.3号)

以前はリーダーレスにしたくフロロを入れていましたが、有名な人が初心者ほどエステルを使え!的なことを言っておりエステルにしてみました。ちなみにDPETは200m入っていますが100m×100mに分かれています。

アジングライン
DPET1.6lb(0.3号)

コレ便利ですよ。僕は100mづつ分けて使っています。

使用感

取り回しがよい

510って、ゆっても短くないだろって思っていましたが、だいぶ短いです。そして軽いです。ロッドが55g。リールが175g。合わせても230gです。ガイドがチタンで先錘もなくバランスが良く、 チョンチョンチョンとトゥイッチが入れやすし、振り抜けもいいです。飛距離はでないですが、漁港でのアジングであれば十分かなと思います。

月下美人MX、17セオリー
ロッド:ダイワ 月下美人 MX AJING 510UL-S リール:ダイワ 17セオリー2004

感度がいい

僕みたいな素人が軽量なジグヘッドを使った釣りで思うのは、「あれ?何してんだっけ?分けワカメ」って事。メバルロッドで遊んでいた時は全く分からなかった小さな海の中の変化が分かるようになりました。これにはビックらこきました!

なので、アタリも感じ取りやすく釣果に繋がっていると思います。だって、まずはアタリを感じれないと掛けようにも掛けれないじゃないですか。

足場は関係ない

ショートロッドのため足場の高い場所や、テトラでは使いづらいとか聞きますが、若干の高所恐怖症のため、そこまで足場の高いポイントには行かない僕には関係ないかと…。

やはりフィネス

軽量ジグヘッドはなんなく飛ばせます。感度・操作性とてもいいです。ただ、1本で港内のいろんな釣りをするとなると厳しいです。僕の好きな3gハネエビはロッドが負けてやりずらかったです。ジグ単専用機と銘打っているので割り切って使うのが良いと思います。ちなみに17セオリーのドラグ音は少々甲高いので好みは分かれると思います。

ジグ単メインで使うのであればフィネスなショートロッドは使い勝手のよい選択だと思います。ダイワから販売されているアジングロッドだとアジングXがオススメです。

510UL-Sを使ってみて思ったのは、初心者こそフィネスなジグ単専用機でアジングの感覚や楽しさを知って、ステップアップでスプリットやフロートに対応しているロッドを購入したらいいんじゃないかと思いました。 フィネスロッドって何をしているのか?って疑問がかなり解消され、ジグヘッドの動きをイメージしやすくなります。

月下美人アジング611L-Sや、MXアジング64.5LS-Sは、8gまで投げれるのでスプリットなど釣りの幅を広げたいアングラーにオススメです。

アジングは楽しい!

絶対的な数の多いアジであれば下手な僕でも釣れるだろうと思ってメバリングタックルでアジを狙い始めたんですが、アジ釣れない…ほかの魚よりも難しい…。って思っていました。いま思うアジングは簡単で楽しい!アジがいるところにワームを通すことが出来れば釣れます。専用タックルであればアタリの感覚を早く覚えることが出来ます。あとは、アジのいる場所、回ってくる時間帯を調べてポイントに行けば釣れる。難しくない!僕だって釣れてるんだから!

アジ旨い!

やっぱアジ旨いですね~♪美味しいんで大好きです!近所の角上魚類で良型が1匹250円で売っていますが、自分で釣ったアジはちゃいちーでも1万倍旨い!
好きな魚を順位づけると1位タチウオ、2位アオリ、3位カマス、4位ハタ系、5位キンメ、6位アジです。

アジ刺しにアジフライになめろう南蛮漬け、いろいろな料理に化けるアジをもっとたくさん釣るべく精進を誓う今日この頃です。

終息後に思いっきり楽しむための「STAY HOME」ですよ!皆さん!

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 しゅん坊(代表)

キャンプと釣りが好きです。 でも、ゾウさんの方がも~っと好きです。 やる気!元気!イワキ!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • Campify

TOPへ戻る

TOP

Translate »