【栃木県鹿沼市】上永野フィッシングリゾートで冬色に錆びたトラウトを釣るのだ!

この記事に関連するタグ

こんにちは、全国を車中泊しながら釣りの旅をしてる人、はらのです ( ˙ω˙ )ノシ
冬は大好きな川や湖がオフシーズン(禁漁期間)となってしまうし、外は北風がぴゅーぴゅー寒いしで、ぬくぬくの寝袋からなかなか出てこられず、ついついダラダラ過ごしてしまいます。
そんな冬季は、トラウト大好きマンの強い味方「管理釣り場」に行きましょう。

釣り仲間のジェンキンス(千葉生まれ千葉育ち)が、栃木県鹿沼市にある『上永野フィッシングリゾート』に釣りに行くというので、写真撮影班として付いてってみました。

上永野フィッシングリゾートの詳細

 地図
出典:上永野フィッシングリゾート公式サイト

営業期間:通年営業
定休日:毎週木曜日
営業時間
4月〜10月 6:00〜17:00
11月〜3月 7:00〜17:00
利用料金
《キープ券》
・1日券 4,000円(20匹まで)
・午前券/午後券 3,000円(15匹まで)※午後券は12時より販売
・レディース・中学生以下 2,500円(10匹まで)
《リリース券》
・1日券 3,500円
住  所:〒328-0211 栃木県鹿沼市上永野1314
電話番号:0289-84-0306
公式サイト上永野フィッシングリゾート
アクセス:東北道栃木ICから車で約25分

上永野フィッシングリゾートのレギュレーション

管理釣り場にはルールがあります。大体どこも似たような感じではありますが、独自のルールを設けているポンドもあるので必ず事前にチェックしてから出掛けましょう。知らずにルール違反していると、オーナーさんにめっちゃ怒られるか、周りのお客さんに冷ややかな目で見られますからご注意を。

 レギュレーション

■営業時間外の釣りは固くお断りいたします。(時間外の場所取りもお断りいたします。)
■使用竿1本、竿の持ち込み本数制限はございません。
■フライ・ルアー・テンカラ以外の漁法は禁止させていただいております。
■バーブ・イカリ針・マラブーを除く、ワーム・パワーエッグ・タコフライ・トレーラー・ソフトルアー・引っ掛け釣り・ルアータックルを用いてのフライの使用等モラルに反する釣りは禁止いたします。
■リリース券購入のお客様は、出来る限り魚を陸にあげずなるべく魚体に素手で触れないようにしてください。リリースできないお客様は、別途一日券の差額を頂きます。
■1度ビク・スカリ等に入れた魚は、リリースを禁止いたします。1日券ご購入のお客様で、匹数制限を超えた場合は、リリースしてください。魚の入れ替えも禁止です。
■当施設内での事故・盗難・怪我等については、一切の責任は負いかねます。
■釣り券等の払い戻しは出来ません。
■他の釣り人に迷惑が係る行為を行ったり、スタッフの注意や警告に従わない場合は退場していただきます。
■竿・道具のレンタルはやっておりません
引用:上永野フィッシングリゾート公式サイト

ポンドは2つある

 上永野フィッシングリゾートは餌釣りがNGで、ルアー、フライ、テンカラのみ使うことができます。
ポンドは2つありますが、メインポンドは上記であればどれを使用してもOK、サブポンドはルアーのみ使用可という風に分かれています。
メインポンドは広くて人も多いです。サブポンドは比較的静かなので周りに人がいるのが苦手な方はこっちがいいかも。私はメインポンドのほうが魚の反応がいい気がするので、メインポンドのほうが好きかな。

メインポンドの雰囲気はこんな感じ

釣り
週末はたくさんのお客さんで賑わってます

ルアーマンよりもフライマンのほうが若干多いかな?ルアーマンは定点で打っているフライマンの間を縫ってランガンしていく感じ。
水が動いているところはやっぱり魚の反応がいい感じなので、朝から流れ込みの付近に陣取ってずっと動かない人もいます。
ひたすらランガン派のジェンの後ろをカメラを構えながら着いていきます。

ポイントへ
結構広いポンドなので1周釣るのはそこそこ時間がかかります

ベンチ
ところどころベンチがあるので疲れたら座って休憩できるよ

このニャンコはめちゃくちゃ人懐っこい猫で、いつもカメラを向けるとレンズに向かって突進してくる可愛い子です。

ねこ
休んでないで早く釣れにゃ

サブポンドの雰囲気はこんな感じ

サブポンドはメインポンドに比べてだいぶ小さめです。

流れ込みを利用してちょっぴり良い雰囲気の写真が撮れたりします。

サブポイント
流れ込みの下にはイワナがたくさん溜まってるよ

管理釣り場ってどこで撮っても代わり映えしない写真しか撮れない感じがしますが、どこかそのポンドの特徴っぽいポイントを探して撮るようにすると、ちょっと写真が楽しくなります。
この日は魚の反応はイマイチな感じ。この流れ込み、すごい釣れそうに見えるけどなぁ。こんな変化があって魚も泡の下にたっくさん溜まってるのにまったく無反応です。管理釣り場はそういうところが難しいです。

徒歩
うーんルアーポンドはあんまり良くないね今日…ぶつぶつ…

サブポンドはメインポンドとは違い、岸際がスロープ状に斜めになっています。魚がチェイスしてくる時は、ルアーを追いかけて浅瀬にまでぴゃ〜っと突進して来る姿が観察できて楽しいです。

次のページ:どんなお魚が釣れるでしょう?

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 はらのゆき

釣りとキャンプと珈琲が好き。水中の魚たちや、釣りをするヒトを撮る旅人です。年間300日が車中泊になりつつある…助けて!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »