【滋賀県】冬でもポカポカ。温泉+電源+東屋付サイトで快適キャンプ~かもしかオートキャンプ場~

※この記事はかもしかオートキャンプ場様に監修をしていただき掲載しています。

今回は『冬キャンプは初めて!』という家族と共に、初めての冬キャンプにも安心な温泉施設が隣接し、全サイト電源付き!その中でもサイト内に東屋が付いて、万が一の天候不順にも心強い。そんなサイトがある「大河原温泉アウトドアヴィレッジ かもしかオートキャンプ場」へ行ってきました。

キャンプ場詳細

営業期間:通年
利用時間:チェックイン 13時、チェックアウト 11時
料  金:サイト・シーズンによって異なります。公式HPよりご確認下さい
駐車料金:サイト料金に含まれています。
車横付け:可
電話番号:0748-69-0352
公式HP:http://kamoshika-resort.com
アクセス:
新名神高速道路 甲賀土山インターチェンジより車で約20分
名神高速八日市ICより車で約40分
住所:滋賀県甲賀市土山町大河原1104

どんなキャンプ場?

大自然に囲まれ静かな山里にある「大河原温泉アウトドアヴィレッジ かもしかオートキャンプ場」は、2018年の3月31日にオープンされた比較的新しく施設の整った高規格キャンプ場です。

受付はかもしか荘で

先程の入り口写真を左前方へ進むと「かもしか荘」に到着します。
(受付は左前方、キャンプ場は右前方の道となるので、受付後は入り口まで折り返し、ヘアピンカーブを曲がる事となります。)

かもしか荘に入ってすぐに受付のカウンターがあります。

キャンプ場の受付や、温泉の利用、売店での物品購入等全てここでサービスを受ける事ができます。

売店には地元、滋賀県甲賀市のお土産がたくさんありました。

ちょうどNHK朝の連続ドラマで甲賀市の信楽焼をテーマとした「スカーレット」が放映されている時期でしたので、ドラマに関連するお土産もたくさん並んでいました。

キャンプ用品は少し離れた場所に専用のコーナーがありました。

いざ、テントサイトへ

最初の写真の右前方へ進むとキャンプ場への入り口が見えてきます。

キャンプ場は川沿いになります。

場内はキャンプ場専用の道路で比較的狭めの道を一方通行で進む事になります。また川や遊具で遊ぶお子さんも多いので、注意書きもたくさんされていますが、徐行が必要です。

この写真の橋は徒歩専用の橋となります。
キャンプ場から「かもしか荘」の温泉を利用する時にこの橋を渡って行く事になります。

この看板までくれば、サイトはもうすぐ近くです。

今回利用したのは、2区画分のサイトに東屋が付いたグルキャン向けのサイト。
東屋の両隣に駐車ができ、テントは1段上がった場所に張ることになります。
左奥に小さく見えるのがAC電源、これとは別に東屋の中にもコンセント口があり便利に使えます。

サイトは土で、写真のように盛られた状態になっています。比較的地面は緩くペグが簡単に入っていきました。
短いペグだとすぐに抜けてしまいそうでしたので、長めのペグを用意されると良いと思います。

次のページ:さすが高規格!

1 2

この記事を書いた人 やんちゃまんけんたい

自己満でアウトドアを楽しむサラリーマン親父。息子2人の4人家族。お小遣いキャンパーの一部始終をお楽しみ下さい。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • Campify

TOPへ戻る

TOP

Translate »