【熊本県】のんびりした時間を過ごしたいあなたに。 吉原ごんべえ村キャンプ場

吉原ごんべえ村キャンプ場は、景色を眺めてのんびりと過ごしたい方へおススメの場所です。
もともとこの場所は、山の斜面でキャンプ場にはむかない、と言われたらしいのですが、それを管理人さんが約20年という長い月日をかけて、少しずつ開発し、今のキャンプ場の形に作り上げていったそうです。
高低差を生かした素晴らしい眺めは、キャンプ場に向かないという難点を逆手に取り、素敵なキャンプ場へと進化させた管理人さん、凄すぎます。

キャンプ場概要

営業時間
チェックイン/14:00~18:00、チェックアウト/11:00

料金
【入村料(1泊)】
大人・中学生以上/400円
小学生以下/200円
ペット1匹/300円(税別)

【施設利用料(1泊)】
オートキャンプサイト/1泊 3,000円~7,000円(税別)
全天候型ドームサイト(12月~3月は薪ストーブ付き)/1泊 5,000円(税別)
ミニログ/1泊 3,000円~5,000円(税別)
バンガロー/1泊 5,000円~7,000円(税別)
民泊畑暦/大人1名様1泊朝食付き 6,000円(税別) 

駐車場:20台(無料) ※オートサイトは車横付けできます。

その他
ごみ処理料/100円(燃えるゴミのみ)
薪1束/500円
シャワーハウス利用料/500円(一人)

TEL:0967-44-0275
公式サイトhttps://www.gonbemura.com/index.html
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺5113

アクセス
北九州より(日田IC利用) 約3時間
福岡市より(日田IC利用) 約2時間30分
熊本ICより 約1時間30分
別府より(湯布院IC、やまなみハイウェイ利用) 約1時間30分
日田ICより 約1時間

サイト紹介

熊本県, 吉原ごんべえ村キャンプ場

キャンプ場入り口そばにある炊事管理棟で受付したら、早速サイトへ!

斜面にあるキャンプ場なので、管理棟のある頂上付近は特に景色が最高です。
特徴的なのは、ビニールハウスを利用したごんべえドームでしょう。

ごんべえドーム

雨が降っても対応できる全天候型のドームサイト「ごんべえドーム」は、12月~3月の間はドーム内で薪ストーブを利用することができます。
寒い時期には特におススメです。

ごんべえドームはAエリアに5棟、Bエリアに6棟、草んピング広場、日の出サイトにそれぞれ1棟あります。

ごんべえドーム(Aエリア)

炊事管理棟の隣に4棟、その先に1棟あります。

熊本県, 吉原ごんべえ村キャンプ場

ごんべえドーム(Bエリア)

頂上に近いサイトは、夕焼けがきれいに見えますよ。

熊本県, 吉原ごんべえ村キャンプ場

C1サイト

ごんべえ村の受付のある入り口付近にあるサイトです。
阿蘇五岳がきれいに見えます。
今回、私が利用したのはこちらのサイトでした。

熊本県, 吉原ごんべえ村キャンプ場

このサイト、実はごんべえ村のサイトの中では、少し狭いサイトなんです。

熊本県, 吉原ごんべえ村キャンプ場

この時は、5歳の娘と二人だったので、そんなに狭く感じませんでしたが、3人くらいまでの少人数の利用や、ソロキャンプ向けに良いと思います。
のんびり景色を眺めたり、焚火をして過ごしたい方にはお勧めです。

C2・C3サイト

大人数のグループ向けのサイトになっています。
ひっそりとしていて、他の利用者との距離もとれるので、プライベートビーチならぬプライベートキャンプサイトのような雰囲気です。
それぞれのサイトにシンクが設置してありますよ。

C2サイト

木陰もあり、眺めもいいですよ。

熊本県, 吉原ごんべえ村キャンプ場

C3サイト

こちらも開放感のあるサイトです。

熊本県, 吉原ごんべえ村キャンプ場

頂上広場サイトA・B

C1サイトから1段上がったところにあります。
それぞれサイトが広く、木陰もあり、更に景色も抜群です。

熊本県, 吉原ごんべえ村キャンプ場

ごんべえドームサイト、頂上広場A・B、C1サイトの利用者は、管理棟横の炊事場を利用できます。

熊本県, 吉原ごんべえ村キャンプ場

日の出サイト

ごんべえ村で、一番最初に朝日があたるところです。
テントサイトが3区画と全天候型のごんべえドームがあります。

熊本県, 吉原ごんべえ村キャンプ場

この手作り感満載シンクに、心が緩みます。
日の出サイトには、こちらのシンクが各サイトにそれぞれ設置されています。

バンガロー

バンガローは、炊事管理棟の隣にロフト付きのものが1棟と、このトイレの先に平屋バンガローが2棟あります。

熊本県, 吉原ごんべえ村キャンプ場

ミニログビレッジ

1部屋タイプが2棟、2部屋タイプが3棟建っています。
前にスペースがあるので、小さめのテントやタープを張ることもできます。

熊本県, 吉原ごんべえ村キャンプ場

1室の広さは、ダブルベッドほどの広さです。
各キャビンには、それぞれシンクも設置されています。
2部屋タイプには、部屋の間に小さなリビングスペースがあります。

次のページ:シャワールームのほかに五右衛門風呂も!?

1 2

この記事を書いた人 sora camp

元々苦手だったキャンプでしたが、ソロキャンプに行って、キャンプの楽しさに開眼!4歳娘を持つ母キャンパーです。 sora camp HPhttps://soracamp.com/

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »