予約不要でキャンプに行ける埼玉県の無料キャンプ場4選!野営地って何?関東周辺(神奈川・群馬・山梨・茨城)の無料キャンプ場も一挙ご紹介

この記事に関連するタグ

あなたは何を基準にキャンプ場を選びますか?!ロケーションやアクセスも大事ですが、急に「キャンプに行こう!」と思い立ったときにいつでも利用できる予約不要のキャンプ場や無料のキャンプ場は、キャンプ好きなら頭に入れておきたい情報ですよね。

大人数で利用する場合も、キャンプ場の利用料が無料だと、浮いた予算で食事やアクティビティを贅沢に楽しむことができるなんて最高ですね。キャンプ初心者にとって無料キャンプ場はハードルが高いように思えますが、事前に情報を得てマナーを守れば楽しく過ごすことができます。今回は埼玉県の無料キャンプ場を中心に、関東周辺(神奈川・群馬・山梨・茨城)の無料キャンプ場も一挙にご紹介します。

無料キャンプ場や野営地って何?どんなとこ?!

埼玉県には無料キャンプ場もありますが、野営地もあります。まずは、無料キャンプ場と野営地の違い、それぞれの利用条件やマナーについてご説明します。

無料キャンプ場とは?

一般的に利用料金が必要ないキャンプ場を無料キャンプ場とよんでいます。例えば地方自治会や団体が運動公園等の芝生や河川敷を提供している場合がそれです。ただ、キャンプでの利用を許可しているけれど、キャンプ場として運営しているわけではないという場所も多くあるので、炊事場等がない場所もあります。最低限の設備として水道やトイレくらいは利用できますが、キャンプ利用者に場所だけを無料で提供しているというキャンプ場も多いため、無料キャンプ場を利用する場合は、キャンプ用品、バーベキュー設備は全て自分達で準備して持って行くようにしましょう。

また、利用者を限定している無料キャンプ場もあります。無料で提供する目的が明確にある地方自治体などがそれです。例えば、「市民や市内に勤務している人」「青少年が利用し引率者がいる」というような利用条件を設けていて、事前に申請しなくては利用できない施設もあります。地方自治体が運営するキャンプ場を利用する場合は管轄の部署に確認をとりましょう。

さらに、利用料は無料だけれど駐車場代や清掃協力費等を徴収するキャンプ場もあります。

皆が気持ち良くキャンプをするために、利用料が無料であってもそうでなくても自宅に居るときと同じくらいの気持ちで、マナーを守って施設を利用するようにしましょう。

野営地とは?

野営地

野営地とは、キャンプ場として提供されたわけではない公園や河川敷、さらには里山のことで、そこでキャンプをすることを野営キャンプといいます。ただし、国有地での野営キャンプは条例等に違反する可能性がありますし、私有地の場合は不法侵入になります。ご厚意で解放してくださっている地主さんもいらっしゃるため、私有地でも利用可能な野営地はありますが、当然、利用にあたってはマナーを守ることが大前提です。許可を得ることができたなら、来たときよりもきれいにして帰るくらいの気持ちで野営キャンプをしましょう。河原などで野営キャンプをする場合、石を組んでかまど代わりにしないことがマナーです。また天候や水の増水等には十分に気を配りながらキャンプを楽しむようにしましょう。

オートキャンプ場とは?

埼玉県キャンプ場オートキャンプ
出典:PIXTA

オートキャンプ場とはキャンプサイトに自動車を横付けすることができるキャンプ場です。テントの隣まで自動車で行けるので荷物の搬入が楽ですよね。オートキャンプ場として運営している施設では炊事場やトイレなど、設備も整っていることがほとんどです。また、管理棟へ行けばコインランドリーや売店等が揃っている場合もありますよ。

次のページ:おすすめ無料キャンプ場!

1 2 3

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »