camp×音楽の新しい楽しみ方!「Beat Camp Okinawa vol1」

こんにちは!
TAKIBI編集部のよねじぃです!

8月の猛暑はどこへやら?9月に入ってから、朝晩がぐんと涼しくなってきましたね。いよいよ秋到来!という感じですが、みなさんキャンプ楽しんでますか?

ところで、キャンプと音楽の関連性って非常に高いと思うんです。
キャンプに向かう途中やキャンプを楽しんでいる最中も、音楽を聴きながら過ごすという方もいるのではないでしょうか?
※音楽を流すことについては、キャンプ場のルールに則って、マナーを守って楽しみましょう。

そんなキャンプと音楽のまだ見ぬ可能性を模索しているクリエイターたちがいるんです。
本記事を通じて、彼らのプロジェクトを知っていただく良いきっかけになればと思います。
以下、彼らのプレゼンです。どうぞ読み進めてください!

沖縄の自然とストリートミュージックの表現力を新しいカタチで開拓していくプロジェクト「Beat Camp Okinawa」。

”自然を肌で感じて作るビートにはどんな化学反応が起こるのか”

答えが知りたくて気付けばビートメイカー達に連絡。そしてキャンプ用品を調達。
大自然と触れ合いながらインスパイアされるビートはどんな化学反応が起こるのか!
ビートメイカー FABU × enplanet の二人が自然を環境下に創るCamp × 音楽のイノベーション的プロジェクトを是非チェック!

Beat Camp Okinawa とは?

画像提供:Spacy Goody

キャンプは自然下にその日の宿を”造る”。
大自然と触れ合いながら街では聞けない波の音、鳥の声、森の音、自然に耳を傾け、原始の環境で楽しむ遊びだ。
一方、音楽を”作る”ことは”創る”事だと聞いたことがある。
イノベーション=創る であるように、新しい”何か”を生み出すには本人の精神状態や周りの環境が大きく影響し、成果を左右する。アーティストであれば制作環境やマインドはとても大事なこと。
制作環境をキャンプ内に設置することで、アーティストの精神状態/モチベーション/ポテンシャルを大自然の環境下で引き上げ、新しい音楽性の発見や開拓が起きるかもしれない。
このCampと音楽の融合はより良い”何か”を生み出すのではないかと思い発足したイノベーション的プロジェクトが「Beat Camp Okinawa」。

画像提供:Spacy Goody

ビートメイカー/監督 紹介

FABU

画像提供:Spacy Goody

今回1曲目を飾るビートメイカーは今年Band Campにて初EP”BUDDY FLOW”をリリースした”FABU”。
ビートメイカー、スケートボード、DJをこなす傍ら県内のイベント集団”フェチフェチ”メンバー。スケートデッキも販売している。

FABU Sound Cloud
https://soundcloud.com/kento-matuda

FABU Instagram
@fabu1003

FABU -BUDDY FLOW-

enplanet

画像提供:Spacy Goody

2曲目、Outroを担うのは京都を中心に銭湯カルチャーを発信する”FROCLUB”へ単身乗り込みお風呂愛を沖縄へ広める”enplanet”。
ビートライブ、DJで県内各所のイベントで熱狂的なファンを獲得し続け、ギャルたちの「enplaファン〇号」の奪い合いが勃発するほどの人気。

enplanet Sound Cloud
https://soundcloud.com/enplanetbeats

enplanet Instagram
@enplanet__

Spacy Goody

画像提供:Spacy Goody

監督 / 映像担当。
スケートビデオをきっかけに映像キャリアをスタートし、プロモーション映像やミュージックビデオを制作しているSpacy Goody。
カナダ在住時の経験から海外目線の表現方法でインバウンド系の映像プロモーションを多く手掛けている。

Spacy Goody Instagram
@spacygoody

Spacy Goody Youtube
https://www.youtube.com/channel/UC81GA5MmvV0w5vlea11xrbA

Spacy Goody Website
https://urayutaka19940325.wixsite.com/spacygoody

“Beat Camp Okinawa vol1“の動画本編はこちらから。

Beat Camp Okinawa vol1の撮影で使用した「福地川海浜公園」について

基本情報

福地川海浜公園は東村に川田の海沿いにあるキャンプ場で、ビーチでの海水浴以外にも、カヌー、バナナボート、サップ等のマリンアクティビティーも充実しています。

キャンプ場は「リバーサイドエリア」、「シーサイドエリア」の二カ所から選べ、今回の動画は「シーサイドエリア」にて行われています。

出典:福地川海浜公園

温水シャワー室や炊事棟も綺麗に保たれています。

画像提供:Spacy Goody
画像提供:Spacy Goody
画像提供:Spacy Goody

営業期間:通年
利用時間:チェックイン 12:00~、チェックアウト ~11:00

料金

出典:福地川海浜公園

駐車料金:1日あたり/大型車500円、乗用車200円、二輪車100円
※30分以内の利用は無料
車横付け
電話番号:0980512301
予約方法LINEまたは予約フォーム
公式サイトhttps://fukujipark.com/
住所:〒905-1204 沖縄県国頭郡 東村川田334

キャンセル料について

お客様のご都合によるキャンセルは2日前50%、前日80%、当日100%のキャンセル料がかかります。
※ただし雨などの悪天候によるキャンセルはキャンセル料金をいただいておりません。

キャンプ施設を探しています!

この企画の続編、vol2に向けて撮影できるキャンプ場 / 施設を探しております!
キャンプも音楽も大好きというキャンプ場 / 施設の担当者の皆様、是非ご連絡ください!

ご連絡先:Spacy Goody
mail★urayutaka19940325@gmail.com
Instagram DM★@spacygoody

この記事を書いた人 よねじぃ

「歩く」「サイクリング」をこよなく愛するシティボーイ。 山に登れば自然とにやける姿は不審者の極み。 キャンプでは料理担当。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »