【100均DIY】調理道具を収納できる!引っかけて使える!ロールケース

キャンプやアウトドアを楽しむとき、様々な調理道具を持っていきますよね。
スプーンやフォークから、おたまやしゃもじなど、大きさの違う調理道具をとりあえず袋に入れて持って行くけど、探して取り出すのが大変

こんなことってありませんか?

今回はそんなお悩みを解決する、調理道具をすっきり収納できるロールケースを100均商品だけで作ってみたのでご紹介します!

DIYロールケースの特徴

自作で作ると良い点も多いので、まずはその特徴を紹介します。

 自分の調理道具に合わせて自作可能

DIY ロールケース

DIYることで、自分の持っている調理道具に合わせた収納が可能になります。

引っかけて使えるのでスペースも取らない

DIY ロールケース
家の中で申し訳ないです(汗)

ロールケースの両端にフックを取り付けているので、テーブルにフックを取り付ければ吊るすことができます!
こうすることで、テーブルを広く使うことができますよ

丸めて運べるのでコンパクト!

DIY ロールケース

ロールケースはその名の通り、コンパクト丸めて持ち運ぶことができるのが魅力です!

ロールケースによく使う調理道具を収納しておけば料理の際に「トング忘れた!」なんてこともなくなります。
色や柄も自分好みにカスタムできるのもDIYの醍醐味ですね。

早速作り方を紹介していきます!

用意するもの

DIY ロールケース 材料
材料は全てセリアとダイソーの100均で取り揃えました

材料

ランチョンマット(セリア) 3
ステッチテープ(セリア) 1
Dカン 20個入(ダイソー) 1つ
スウェード調手芸ひも 4巻入(ダイソー) 1つ

これだけ揃えても、合計600円(税抜)ほどです!

作り方

ミシンがあればかなり楽ですが、手縫いでもできますよ。
ちなみに私は手縫いで作りました!

ポケットの幅を決める

DIY ロールケース

本体となるランチョンマットにポケット用のマットを重ねて、段差を付けて手前に折り返します。

奥と手前でポケットの深さが違うので、実際に入れたい道具を置いて幅などを調節してみましょう。

本体とポケットを繋げていく

DIY ロールケース
写真の白線のラインを縫っていきます

ポケット用のマットをいったん開き、ポケットの底になるラインを縫っていきます。

ポケットを縫いつける

DIY ロールケース

あらかじめ決めておいた幅(ポケット部分)を縫っていきます。
一番右側はまだ縫わないようにしてください。

次のページ:紐を取り付ければ、完成までもう少し!

1 2

この記事を書いた人 りゅーぞー

キャンプを通して"癒し"と"元気"を感じてもらえるような発信をしていきますYouTubeもやってます^_^

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

  • 公式オンラインストア

TOPへ戻る

TOP

Translate »