登山にもキャンプにも最強バーナー~ストームブレイカーSOD-372~

SOTOから待ちに待った新型バーナーが登場2018年4月に発売したということで、早速、購入したのが、ガソリンでもOD缶でもいけるハイブリッドバーナー『ストームブレイカー』です。SOTOの技術が全て詰まっているといっても、過言ではありません。とは言っても、MUKAストーブももちろん、持っています。それぞれ、良さが違いますから(笑)SOTO好きです。

やはり、ガソリン、OD缶の両方いけるのが一番の魅力ですね。

 

■製品仕様

【外形寸法】
  幅150×奥行130×高さ90mm(使用時・本体のみ)
  幅65×奥行65×高さ90mm(収納時・本体のみ)

【ゴトク径】
  ゴトク外径 φ170mm     

【重量】
  225g(本体のみ) 
  合計:448g(本体:225g、ガスバルブ:53g、ポンプ:170g)

【発熱量】
  3.5kW(3,000kcal/h)

【使用時間】
  約0.8時間(SOD-725T 1本使用時)
  約1.6時間(自動車用レギュラーガソリン480ml使用時)

【使用燃焼】
  SOTO製品専用容器(ボンベ)
  自動車用レギュラーガソリン、ホワイトガソリン

【材質】
  ゴトク・バーナーヘッド・器具栓つまみ:ステンレス
  ジェネレーター:真鍮

【付属品】
  収納ポーチ、バーナーベース、メンテナンスキット

出典|SOTO

MUKAストーブには使用できませんので、ご注意ください。

ちなみに、写真の右側の燃料ボトルとスライドガストーチは別売です。スライドガストーチはカセットガスから燃料を充填でき、経済的ですよ。

 

■SOTOって?

もともと家庭用、業務用のガス器具メーカーの新富士バーナーのポケトーチが、アウトドアで使い勝手がいいと評判になり、本格的にアウトドアでの製造がスタートしました。アウトドアに精通してなかったからこそ、使う人の声を拾い集め、ガス器具メーカーとして作り上げたのが、SOTOです。今なお、進化し続けています。

 

■心くすぐられるポイント

ノズル交換なしでガソリンとガスボンベ(OD缶)、どちらの燃料も使うことができるハイブリッドなストーブなのです。火口の数は約300個、火足の短い炎を作り出し、全炎型の火口とせり上がったすり鉢状のバーナーヘッドにより、優れた耐風性を実現しているのです。音も静かで、安らぐ炎の音です。多少、重さはありますが、ガソリンとOD缶両方とも用途用途に合わせて使用できるので便利です。

キャンプも登山もする私には、ハイブリッドストーブは、必須アイテムです。

次ページ:ガソリンもOD缶も!

1 2

あなたにオススメの記事

- この記事を書いた人 -

著者

Pino

キャンプ、登山、ダイビング、仲間と様々なアウトドアを楽しんでます。みなさんにお役に立つ情報を発信していきます。

ライター募集 ライター一覧 友だち追加  
  • フェイスブックバナー
  • インスタグラムバナー
  • インスタグラムバナー

タグ背景