ほのかな炎が癒してくれる:E. Thomas & Williams Cambrian Lantern(通称:カンブリアンランタン、マイナーズランプ)

びあ・ぷりーず

この記事に関連するタグ

5月も後半となり、朝夕も過ごしやすくキャンプに最適な季節がやってまいりました。キャンプに必要なアイテムは、テントやタープなどありますが、夜に欠かすことができないものと言えば、ランタンですよね。ランタンには、ガス、電気など光源もさまざまですが、今回は、ほのかな明かりが特長のオイルランタンをご紹介します。

その中で、今回は、私が前から欲しかったE. Thomas & Williams Cambrian Lantern(通称:カンブリアンランタン、マイナーズランプ、以下カンブリアンランタン)をご紹介したいと思います。

カンブリアンランタンとは

カンブリアンランタンは、イギリスなどヨーロッパで炭鉱夫が使用していたことからマイナーズランプ(Miner:鉱夫)とも言われています。このカンブリアンランタンは、空気の薄い炭鉱で炭鉱夫の命を守るために、ガラス面として空気穴を小さく、極力少ない空気で点灯するようになっています。また、酸欠の危険の際は、ランタンが消えることでいち早く炭鉱夫に知らせることができ、重宝なアイテムだったそうです。

ちなみに、カンブリアンランタンの名前は、イギリスのウェールズで創られたランタンであることから、ウェールズのウェールズの古名(カンブリア)からこのように呼ばれています。
Thomas & Williams Cambrian Lanternは、1860年よりイギリスでオイルランプを作る工房で、イギリスでは炭鉱で使用するマイナーズランプとしてではなく、贈答品として永く愛され続けています。

また、余談ですが、宮崎駿監督の「天空の城ラピュタ」で主人公パズーが使用していたものも、このカンブリアンランタンです。

カンブリアンランタンの種類

E.Thomas & Williamsマイナーランプ真鍮-BR


出典:Amazon

金色に輝く真鍮製のマイナーランプです。使い込むと何とも良い味わいの色となります。
英国製 本体:真鍮磨き仕上げ
燃焼時間=約10時間程度
幅約8.8cm×奥行約8.8cmX高さ約26.4cm(本体)

E.Thomas & Williamsマイナーランプ真鍮-銅

出典:Amazon

真鍮の金色と銅の赤味のかかった色のコントラストがいいですね。

 E.Thomas & Williamsマイナーランプ 真鍮-ステンレスコンビネーション

出典:Amazon

真鍮とステンレスで作られたマイナーランプです。金と銀の色合いがいいですね。

E.Thomas & Williamsマイナーランプ真鍮-ブラックペイント


出典:Amazon

ホヤより上部の真鍮部分をブラックペイントした味わいのある色合いですね。

次のページ:カンブリアンランタンの魅力とは?

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 びあ・ぷりーず

アウトドアライフに目覚め、自然の中で過ごすキャンプ場、ギア、景色など、私が自信を持っておすすめできる情報をお伝えしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。 Instagram

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »