野外でもぐっすり安眠できるキャンプ枕の選び方

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

「キャンプに枕を持っていくなんて、軟弱だ」という人もいます。このような人は、「人工物の持ち込みは極力少ないほうが自然を満喫できる」と考えていて、タオルや上着を丸めて頭の下に敷いて眠ります。しかし、それで安眠できるでしょうか。そうでなくてもテントのなかの床は薄いマットが敷かれているだけです。

そのうえ枕も使わないとなると、熟睡できない可能性があります。寝不足の状態で釣りや登山やバーベキューを楽しめるでしょうか。特にドライバーは、キャンプが終われば長距離を運転しなければなりません。夜に疲れを取っておかないと、安全にも関わります。枕にはこだわりましょう。野外でもぐっすり眠れるキャンプ用枕を紹介します。また、工夫を楽しむ「けちけち作戦」も解説します。

奥が深いキャンプ用枕の魅力


画像提供:PIXTA

キャンプ道具メーカーの快適性の追求はリミットがありません。ここで紹介するキャンプ用枕もそのうちのひとつで、「自宅で使ってもいいくらい」と感じるものばかりです。それだけに、自分のキャンプスタイルにマッチする「この逸品」を選ぶのに苦労するほどです。キャンプ用枕の奥深い世界に入ってみましょう。

持ち運びに便利!用途に合った機能を選ぼう

キャンプ用枕の世界が奥深いのは、求められる機能が多岐にわたるからです。ある人は、自宅の枕と変わらない快適性を求めるでしょう。別の人は携帯性を重視するかもしれません。もしくは最低限の性能でいいのでコスパを追求する人もいます。

しかし、安心してください。キャンプ用品メーカーは、そのような多種多様な枕ニーズをすでに把握していて、さまざまな特性を持つキャンプ用枕を開発しています。

これで寝苦しいキャンプの夜も安眠!枕おすすめ4選


画像提供:PIXTA

それでは、自信を持ってキャンパーにおすすめできるキャンプ用枕を4種類紹介します。

空気量で枕の高さを調整できる!モンベルのU.L.コンフォートシステムピロー

出典:Amazon

プロの登山家が信頼する登山道具から、初めてアウトドアを体験する人向けのお手軽アイテムまで製造・販売しているモンベル。「U.L.コンフォートシステムピロー」というキャンプ用枕を用意しており、値段は3,100円です。空気を入れて使うので、空気量で高さを調整できます。空気を入れるために口にくわえる部分に逆止弁がついていて、楽々息を吹き込むことができるでしょう。
製品開発に妥協をしないモンベルが「コンフォート(快適)」と付けるくらいなので、寝心地は申し分ありません。頭部にフィットするデザインは、秀逸です。ちなみに、ピローは英語で「枕」という意味です。

この枕には、枕カバーがついていて起毛地なので肌の感触がよく、安眠が期待できます。しかも、この枕カバーは速乾性に優れているのでキャンプ場に連泊するときでも午前中に洗えば夕方には乾きます。サイズは45×25×12cmで、重量はわずか60gです。枕カバーを装着しても86gという軽さ。軽さへのこだわりは「山道具屋」としてのプライドでしょう。

なぜなら、登山家は1gでも軽い製品を求めるからです。アウトドア通などのわかっている人には「モンベル製品」を保有するこだわりが伝わるので、所有欲を満たしてくれるキャンプ道具になるでしょう。

収納力抜群!広げて座布団にも使用できるスノーピークのストレッチピロー

出典:Amazon

スノーピークもモンベルに負けないくらい、キャンプファン憧れのアウトドアグッズ・ブランドです。スノーピークのキャンプ用枕は「ストレッチピロー」といい、値段は3,680円です。こちらも空気を吹き込んで膨らませるタイプでサイズは41×30×18cm、重量は収納ケース込みで220g。

ウレタン素材を使っているので、頭を乗せればすぐにその形になり、まさに「ジャストフィット」が得られます。空気をパンパンに入れれば高さが18cmになり、高い枕が好みの人におすすめです。また、空気を抜いて収納ケースに収めると、直径9×28cmにまで小さくなります。スノーピークでは、「キャンプだけでなく長距離ドライブや飛行機や電車の旅にも重宝します」とPRしています。

性能を落とさず安さを実現!コールマンのコンパクトインフレーターピロー2

出典:Amazon

コールマンといえば、ホームセンターで気軽に買うことができる中価格帯のアウトドア用品が得意なメーカーです。ラフな使用にも耐える性能を持っているため、キャンパーたちから絶大な支持を得ています。コールマンのキャンプ用枕は、「コンパクトインフレーターピロー2」といい、価格は1,811円です。

使用時のサイズは48×31×9cmですが、収納時は直径10×32cmまで小さくなります。材質はポリエステルとポリウレタンフォームで、肌触りは申し分ありません。中央がくぼんだ形状をしているので、頭のてっぺんから首の付け根あたりまでしっかりホールドしてくれます。インフレーターという、特殊な空気入れを使って膨らませるので、息を吹き込む作業が不要です。

寝心地サイコー!人気の低反発枕をキャンプに!Foppery 低反発 クッション 携帯まくら

出典:Amazon

「キャンプ用枕にも低反発が到来したのか」と驚くかもしれませんが、Fopperyの「低反発 クッション 携帯まくら」は2,380円でそれを実現しました。使用時のサイズは34×24.5×7.5cmで、ここで紹介している4製品のなかで最もコンパクトです。空気を入れるタイプではないので、収納カバーから取り出せばすぐに使うことができます。自宅で低反発枕を使っていてその快適性を知っている人は、迷わずこれを選択するのではないでしょうか。

次のページ:まずはお試し!100均まくら!

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »