ウマいキャンプ飯を食うためのキャンプ用コンロの選び方!

TAKIBI編集部

キャンプの醍醐味でもあるキャンプ飯。自然の中で美味しい食事をとることも、キャンプの大きな楽しみですよね。キャンプでは、火を起こすのも楽しみの1つですが、初心者は火起こしに時間がかかってしまうことも少なくありません。

荷物量や後片付けの大変さを考えると、コンロの備えも必要です。ここでは、キャンプ用コンロの選び方やコンロの魅力、商品ごとの特徴をご紹介します。

アウトドアのマストアイテム!キャンプ用コンロの魅力と特徴

キャンプ用のコンロは、コンパクトで軽量。女性でも比較的簡単に着火できます。熱量も高く安定しているので、調理が失敗しにくいという点も特徴のひとつです。燃料もコンビニなどで気軽に入手できるCR缶を利用できるので、アウトドア専門店に出向く必要もありません。

キャンプコンロというと、大きな炭受けと鉄板や網を想像する人も多いでしょう。大人数でBBQなどをする際には便利ですが、大きさも重さも負担になることがあります。最近人気のソロキャンプや2~3人で行くキャンプなら、各自がコンパクトなキャンプ用コンロを準備することで、荷物の量を大幅に減らせるメリットも。

コンパクト優先!シングルバーナー


Instagram:@kanaethesheep

収納すると非常にコンパクトになる人気のシングルバーナー。初心者がキャンプコンロとして活用するにも最適なキャンプコンロです。燃料が手に入りやすくコストもかからないのがうれしいポイント。軽いものだと350g前後のものも多く、移動の負担が少ないのも魅力です。大きめの鍋も安定して支えられるスタンド付きなので、安心して利用できます。

料理の幅がグンと上がる!ツーバーナー


Instagram:@tsukiyama_camp

火が2ヵ所から出るタイプのコンロは、まるで家庭のコンロと同じように使用できます。同時調理ができるので、料理が冷えてしまう時間を軽減でき、幅広いメニューを楽しめるようになるのです。火力も安定しており、セッティングも難しくありません。

簡単セッティングならカセットコンロ


Instagram:@wood_camp

どうしても「ガスの扱いが怖い!」という方は、カセットコンロも優秀です。レバーを引くだけで簡単にガスを着脱させられ、着火もワンタッチです。操作が簡単で女性でも安心して利用できます。

風対策には気を使おう

耐風性の高いコンロは発売されているものの、やはり強すぎる風がある場合には、防風対策は欠かせません。バーナーを囲む風よけも販売されていますので、キャンプコンロと一緒に準備しておくと便利です。1,000円前後で購入できるので、コスパも良好。

次のページ:シンプルなデザインがかっこいい!スノーピークのコンロ

1 2 3 4

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP