夏場のキャンプに必要不可欠!保冷剤のオススメ紹介するよ

TAKIBI編集部

夏場のキャンプに保冷材は欠かせません。バーベキューをしたり燻製をつくったりするには大量の生肉が必要ですが、キャンプ場に到着するまでに腐らせないようにするにはしっかり冷やさなければなりません。夜、焚き火を囲みながら仲間と語り合うときも、キンキンに冷えたビールがあると盛り上がります。

冷蔵庫付きのキャンピングカーで出掛けるのでなければ、「保冷剤+クーラーボックス」が「冷たくするグッズ」の主役で、保冷剤もキャンプのマストアイテムです。ここでは、持ち運びが便利で、効率的に冷やすことができる「これぞキャンプ用の保冷剤」といえる3種類を紹介しつつ、その他、保冷剤の使い方のコツや急に必要になったときの調達方法も解説します。

夏場のキャンプで大活躍する「保冷剤」


画像提供:PIXTA

生肉、生魚、バター、ビール、ジュース……いずれもキャンプ場に持っていきたいものばかりです。しかし、自宅を出発してからキャンプ場まで3時間4時間かかることは珍しくありません。キャンプ場に着いてからこれらの食材や飲み物を口にするまでさらに数時間かかるかもしれません。

夏場にこれらの食品を常温保存すれば、確実に腐ったり溶けたりぬるくなったりして、キャンプが台なしになりかねません。このようなことを考えると、食材をしっかり冷やすために大量の保冷剤を持っていきたくなりますが、それでは荷物がかさばってしまいます。保冷剤の量は、必要最小限にとどめておきたいところです。どれくらい用意すればいいのでしょうか。

どのくらいの量の保冷剤を持っていけばいいの?

保冷剤の量は、クーラーボックスの4分の1を目安にしてみてください。3分の1だと食材がクーラーボックスに入りきらないですし、5分の1だと保冷効果が期待できません。ただ、クーラーボックスの4分の1は、あくまで目安ととらえておいてください。

なぜなら、保冷剤の性能によっては、もっと少なくても効果が出ることもありますし、もっと多くしなければならないこともあるからです。また、外気温が高くなれば、より多くの保冷剤が必要になります。

キャンプに出掛けるたびに「保冷剤メモ」を取っておきましょう。保冷剤の製品名、保冷剤の量、食材の量、クーラーボックスの容量、外気温、使用時間などを記録しておくのです。保冷剤メモを5回ぐらい取れば、最適量を導き出すことができるようになります。

大きいサイズのメリット&デメリット

保冷剤は、大きいサイズのほうが効果としては持続しやすいため、オススメです。ただ、小さいサイズの保冷剤も用意しておいてください。なぜなら、小さいサイズの保冷剤があると、クーラーボックスに食材や飲み物を入れたときに生まれる空間に挿入することができるからです。

大きい保冷剤のみ購入すると、「クーラーボックスからビールを出すか保冷剤を出すか」という究極の選択を迫られてしまうかもしれません。

キャンプのマストアイテム!保冷剤オススメ3選


画像提供:PIXTA

それでは「これぞキャンプ用の保冷剤」を3つ紹介します。

寿命が圧倒的に長続き!ロゴスの保冷剤 氷点下パックGTマイナス16度ハード1200


出典:Amazon

キャンプ用品大手のロゴスが出している保冷剤「氷点下パックGTマイナス16度ハード1200」は、重量1.2kg、サイズ25.5×19.5×3.5cmという「しっかりサイズ」です。この製品の売りは、なんといってもその保冷力です。表面温度はマイナス16度になります。つまり、冷蔵庫より食材を冷やします。

価格は1個1,166円です。ロゴスでは「一般保冷剤の8倍の保冷能力」とPRしています。「徹底的に冷やしたい」という方には、この製品をオススメします。ただ、値段が高いので、まずは1~2個ほど購入して、あとはコスパが高い保冷剤で補ってみてはいかがでしょうか。この保冷剤に限らず、キャンプ用品は単価が高いものが多いので、少しずつ増やしていったほうがいいでしょう。

コスパ最強!アイリスオーヤマ保冷剤 ハードCKB-800


出典:Amazon

コスパを狙うならアイリスオーヤマの「保冷剤 ハード CKB-800」です。1個だと852円ですが、3個セットだと1,053円です。重量985g、サイズ28.8×19.5×2.2cmで、先ほどのロゴスの保冷剤よりはやや小ぶりですが、それでも1kg近くあるのでどっしりタイプです。保冷力が気になるところですが、ただメーカーは表面温度に関する情報を公開していません。

荷物にかさばらない小さいタイプ ロゴスの保冷剤 アイスポケット200g


出典:Amazon

やはりロゴス製なのですが、この保冷剤「アイスポケット200g」は、重量200g、サイズ15.2×10.2×1.8cmのコンパクトサイズです。そのうえソフトタイプなので、凍らせるときに形をつくっておけば、クーラーボックスの隙間に「スルッ」と入ります。表面温度は0度です。

次のページ:意外と知らない?保冷剤の正しい使い方

1 2 3

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »