初心者にオススメ!キャンプに持って行きたいアウトドア用品の揃え方

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

キャンプに挑戦してみたいという人は、まずはアウトドア用品を揃えることから始めましょう。
キャンプに限らずアウトドアの経験そのものが浅いという人は、簡単に扱えるアイテムを探してください。
デザインや金額をチェックすることも大切ですが、まずは取り扱いやすいアイテムであることが、何よりも重要なポイントだといえます。

せっかくキャンプに出かけでも、扱いにくいアウトドア用品を購入してしまうとサイト設営に時間が掛かって、アクティビティに費やす時間が少なくなってしまいます。
アウトドア用品と一口にいっても、初心者向けから上級者向けまで様々なアイテムが販売されているので、自分のスキルに見合ったアイテムを購入しましょう。

例えば、テントなら自動的に組み上がるポップアップ式や、傘のように開くだけで組み立てられるワンタッチ式が人気です。
どちらも女性や子供でも簡単に取り扱えるアイテムなので、家族でサイトの設営作業を分担してもいいでしょう。
このように、仕組みが簡単なアウトドア用品を選ぶことも大切ですが、他にも重量や大きさに注目してみましょう。

大人が大人数いるのであれば問題ありませんが、小さい子供を抱えたファミリーキャンプでは、重たい荷物を大量には運べません。
ポップアップ式のテントは軽くて運びやすいものがほとんどですが、ワンタッチ式の場合は重量があるものがほとんどなので、車や台車が必要となります。
組み立ての難易度は同じでも重量は全く異なるので、キャンプに参加するメンバーに合わせて、最適なアイテムを選んでください。


Instagram:@yu_san_blog

アウトドア用品は中古でも大丈夫?

基本的に野外で使用することを目的に作られたアウトドア用品は、頑丈で長持ちしやすいという特徴があります。
中古品でも数年単位で使用できるアイテムが多いので、安心して購入してください。
最近は、中古アイテムのヴィンテージ感が人気を集めています。
新品アイテムばかりで揃えると、初心者だというのがバレバレで恥ずかしいという人は、あえて中古品で揃えてみるというのも一つの手です。

中古品の中には、思わぬ掘り出し物が紛れていることがあるので、初心者に限らずベテランのキャンパーにもおすすめです。
メーカーでの生産販売が終了してしまったアイテムも、中古品で購入できることがあります。
どうしても欲しいアイテムがあるのに見つからないという人は、中古品をチェックしてみてください。

中古のアウトドア用品を購入する際には、実物をよくチェックすることが大切です。
自分の目で見てもわからなければ、店員さんに直接アイテムの状態を確認しましょう。
野外で使用するアウトドア用品は、扱い方によって劣化の度合いが異なります。

比較的新しいアイテムでも、手入れを怠ればカビだらけになってしまいます。
反対に、十年以上使用したアイテムでも、丁寧に扱えばまだまだ使用できます。
中古品は使用年数や販売開始時期にこだわらずに、実物の状態をよくチェックしてから購入しましょう。

アウトドア用品は通販サイトで購入できる

アウトドア用品は重量があるので、まとめ買いをすると運ぶのが大変です。
また、一点一点アイテムの価格や機能、取り扱い方法を店員さんに尋ねるのも気が引けるという人は、インターネットで購入しましょう。

最近のキャンプブームのおかげで、キャンプ用品専用のサイトだけでなく、一般的な通販サイトでもアウトドア用品を取り扱うところが増えています。
アウトドア用品だけでなく日用雑貨や洋服と一緒に購入することもできるので、買い物のついでにアウトドア用品をチェックしてみましょう。
通販サイトでは実物は確認できませんが、アイテムに関する情報はたくさん入手できます。
コメント欄をチェックすれば、実際にアイテムを利用したことのある人の意見も聞けるので、参考にしましょう。

通販サイトでは、新品だけでなく中古品も購入可能です。
実店舗を一軒一軒回るのは、大変な時間と労力が必要となりますが、通販サイトなら短時間で全国のアウトドア用品取り扱い店舗からお目当てのアイテムを探せます。
通販サイトは情報量が豊富なので、レアアイテムや販売終了してしまったアイテムを探しているという人は、実店舗だけでなく通販サイトもチェックしてみてください。

有名なアウトドア用品メーカー

ファッションやインテリアに人気ブランドが存在するように、アウトドア用品にも、ファンから根強い支持を得ているブランドが存在します。
どのメーカーのアウトドア用品を買えばいいのかわからないという人は、まずは各メーカーの魅力をチェックしましょう。

初めのうちは定番アイテムをいくつか使ってみて、使い勝手の良いものを探すという方法がおすすめです。
どんなに人気のアイテムでも、自分自身に合うかどうかは実際に使ってみなければ判断できません。
ブランドとの相性を確認しながら、色々なアイテムを使用してみましょう。
キャンプに慣れてきたら、お気に入りのブランドでアウトドア用品を一通り揃えるというのも一つの手です。

コールマン


Instagram:@youkichi_yasuda

アウトドア用品の大手メーカーが、「コールマン」です。
100年以上前にアメリカで創業されたコールマンは、日本でも40年以上親しまれている老舗メーカーで、日本のアウトドアスタイルに大きな影響を与えたといわれています。

長年の経験で得た豊富な知識を生かして作られたコールマンのアウトドア用品は、機能性に優れていて使い勝手が良いという特徴があります。
どのアイテムを購入しても安定していて使いやすいので、初心者でも安心して使用できるでしょう。
コールマンはコストパフォーマンスにも優れているので、お試しで購入するのに最適です。

コールマンはデザインのバリエーションが豊富なことから、初心者だけでなくベテランキャンパーからも高い支持を得ています。
カラーバリエーションが豊富だという点も魅力的ですが、他のアパレルブランドとコラボした個性的なデザインを発表するなど、コールマンは老舗メーカーでありながら斬新な企画にも挑戦しています。
コールマンのアウトドア用品は、インテリアアイテムとしても見栄えするという点も、ベテランキャンパーから支持されている理由の一つだといえるでしょう。

ロゴス

takibidai
Instagram:@marinco36

楓のロゴマークから海外メーカーだと誤解している人も少なくありませんが、国内アウトドア用品メーカーといえば、「ロゴス」が有名です。
1928年に大阪で創業されたロゴスは、100年以上の歴史を誇る国内老舗メーカーです。

キャンプを身近なものとして楽しんで欲しいという願いが込もったアイテムは、手頃な価格で使い勝手が良いと評判です。
安価で簡単に扱えるというと壊れやすいのではないかと心配になりますが、元々ロゴスは船舶用品を製造するメーカーだったので、海洋レジャー商品の開発で得た高い技術力を持っています。
最近では、アウトドア用品だけでなく、防災グッズの開発にも力を入れています。
ロゴスのアイテムはコストパフォーマンスに優れているので、キャンプはもちろんのこと、防災グッズとしても活用しましょう。

近年ロゴスは、キャンプ場の運営にも力を入れています。
ロゴスの運営するキャンプ場ではアウトドア用品をレンタルできるので、いきなり購入するのは不安だという人は、まずはレンタルからはじめてみるといいでしょう。

次のページ:さらに手頃な価格でメーカーも!

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP