雨キャンプも楽しくなる?快適に過ごすベテランキャンパーの秘策とは

TAKIBI編集部

今、キャンプなどのアウトドアに人気が集まっているのはご存知でしょうか?今まではファミリーから人気があったキャンプですが、最近はアニメなどのテレビをきっかけに、キャンプの魅力を知った若者が仲のいい友人や知人と一緒に楽しんでいる人の姿も見受けられます。

キャンプをするなら当然晴れた日がいいと答える人が多く、その理由としてもキャンプサイト内の公園で子供たちを遊ばせることが出来たり、川で釣りやウォーキングなどの様々な野外活動をして楽しんだりすることが出来るからでしょう。


Instagram:@mai_fesgirl

これが雨となるとこれらの事を楽しむことが難しく、タープやテント内で過ごされる方も多いのではないでしょうか。しかし、雨キャンプでも楽しめることがたくさんあります。ではプロのキャンパーは雨キャンプをどう楽しんでいるのでしょうか。

雨キャンプには欠かせないものとは?

雨キャンプに欠かせないのがレイングッズです。レイングッズと言えばレインウェアや傘に長靴など色々あります。傘を持って来られるキャンパーさんも当然いますが、雨キャンプをもっと楽しく快適にするにはレインウェアです。傘の場合、傘を持つことで片手がふさがってしまい活動をするときに邪魔になってしまう事も出てくるかもしれません。

しかし、レインウェアなら両手も空き、よりアクティブに活動することが出来るでしょう。レインウェアは通常の服とは違い雨を弾く役割があります。キャンプだけではなく普段の通勤通学、自転車に乗る方は片手運転にならないので活躍する場面はあります。しかし、ただ雨を弾くだけでは快適なレインウェアとは言えません。

快適なレインウェアの条件は2つあります。
それは雨をしっかり弾くことと通気性が良いことです。通気性の悪いレインウェアは、着用している際に熱が籠ってしまい、肌に張り付いて不快に感じたことはありませんか。通気性のいいレインウェアは籠った湿気を外に出してくれるので、肌に張り付かずに快適な着心地を維持することができるのです。

レインウェアは探せばびっくりするほど豊富にあり、どれがいいのか迷う方もいるでしょう。では、初心者キャンパーさんにもおすすめの、レインウェアを紹介します。

ミズノ アウトドアベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ

1つ目は「ミズノ アウトドアベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ」です。ミズノだけの特別な素材を使用した、耐久性・耐水性・透湿性の3つの機能を兼ね揃えたレインスーツです。サイズはXSからLBまでと豊富に揃えられ、男性用と女性用の両方があります。

カラーバリエーションも豊富でトップスとパンツの上下に別れている為、脚もともしっかりと防水対策が出来るでしょう。持ち運びも楽々な約570g(Mサイズの場合)で、フード内収納でコンパクト。袖部分は動きやすいよう立体スリーブとなっており、野外活動もし易く最も雨が入りやすいと言われている縫い目部分は特殊加工のシームシーリングをされている為、縫い目からの浸水を防ぐことで防水効果をアップさせています。

モンベル ハイドロブリーズレインウェア

2つ目は「モンベル ハイドロブリーズレインウェア」です。キャンパーにも人気が高いモンベルには、快適に過ごせるレインウェアがたくさんあります。その中でも人気のこちらの商品は、シンプルなデザインとパットするような鮮やかな4色のカラーがあります。サイズはSからXLまで、モンベル独自の防水透湿性ドライテックと柔らかな生地の2つを使ったしなやかな触り心地で快適に過ごすことが出来ます。

ジャケット内部はメッシュを採用し、通気性もよく開放すればベンチレーションとしての役割も果たします。パンツの内側には縫い目を設けないことで防水性と耐久性をアップ・平均重量は約474gと持ち運びもし易くコンパクトに収納可能です。

モンベル サンダーパスジャケット

3つ目は「モンベル サンダーパスジャケット」です。こちらは上着のみの商品ですが、防水性も透湿性も高いため、モンベル商品の中でも人気はあります。

カラー展開は6色で、SからXLまであります。モンベル独自の防水透湿性素材を使用し、着心地と使いやすさを重視しつつコスパも抑えた人気商品。

肩回りにゆとりのあるラグランデザインでキャンプだけではなく普段の野外活動でも動きを妨げないような作りになっています。素材はドライテックレイヤーを使用し、しっかり雨を弾きつつもさらっとした着心地を実現。平均重量は約340g、収納サイズは9×9×18・ジッパー付きポケットで大切なものを雨から防ぎます。

商品名:サンダーパス ジャケット
価格:¥8,500(税抜)

ランドワークス SPレインウェア

4つ目は「ランドワークス SPレインウェア」です。東レのハイテク素材を使用した「ブリザテック」を採用し、微多孔質の膜が水滴は通さず湿気はしっかりと外へ出すので、レインウェアが肌に張り付かずさらっとした着心地を維持する事ができます。

ブリザテックは耐水圧が10,000mm以上と非常に高く、強い雨の平均が1,500mmなので安心して野外活動をすることが出来るでしょう。夏のキャンプで雨が降っている際、湿度が高いため汗もかきやすくレインウェア内に湿気が籠り、暑くて使いにくいという声もある中、このレインウェアは体から出る汗の水蒸気をしっかりと外に出し、レインウェア内に余計な水分を残さない為、不快なべたつきや蒸れをしっかりと抑えてくれます。

夜間でも安心の反射ワッペンがついており、普段の生活でも安心して使えます。フードが不要の場合は襟に収納が可能です。

ザ・ノース・フェイス レインテックスエアロ

5つ目は「ザ・ノース・フェイス レインテックスエアロ」です。ノースフェイスと言えばその美しいカラーバリエーションでも人気がありますが、見た目だけではなくその機能性の高さもキャンパーを魅了しています。

ジャンバーとパンツの上下セットで雨風からしっかりと守ります・ワンハンドアジャスター対応フーデット採用・雨の日でも着脱が用意なフラップ付きサイドファスナー、袖口にワンハンドアジャスターコードがついており、強風で袖口から冷気の侵入を防ぎます。

サイズはXSからBLまで・3層生地を使用していることで高い防水透湿性を実現し、着心地のいいレインウェアとなっています。しなやかな風合いで長時間着用してもストレスを感じることが少ないでしょう。トレッキングやアウトドアスポーツをする際の軽量シェルとしても活躍します。

次のページ:いつ雨がふっても大丈夫!強いテントは?

1 2 3

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP