首都圏から近いフリーサイトで思い思いの時間を過ごす

TAKIBI編集部

フリーサイトのキャンプ場は多くが広大な敷地を誇るキャンプ場です。区画サイトのように区切りがないので、空いていれば自分のスペースをどこまでも確保できます。

通常区画サイトのスペースでは、オートキャンプ場でもテントを張って、車を1,2台止めるスペースが確保されているだけです。大型のテントを立てたり、テントの隣にタープを張ろうとしたりするともう少しスペースがほしいと思うこともあるでしょう。


Instagram:@it.lv.s

フリーサイトが人気の理由

フリーサイトであれば場所さえ確保できてしまえばそんな願いをすべてかなえることができます。前室が大きいなど特殊な形のテントでも問題なく張ることができ、参加人数で通常使うよりも大きなテントを張るのも問題ありません。

スペースが早い者勝ちになってしまうので、混み合うピーク時期は早く行って場所取りが必要になるので注意しましょう。混むことが予想される時期は必要以上に大型の設備を展開しないのもマナーです。

自由なフリーサイトだからこそしっかりと規約とマナーを守り、隣を利用する方も気持ちよく過ごせるようにしましょう。

フリーサイトの活用方法をご紹介


Instagram:@a_k_i_04

フリーサイトを利用する目的の多くがキャンプやバーベキューとなりますが、目的をそれだけに限る必要はありません。本格的にキャンプを行う人は移動式の宿としてテントを使っています。自転車での長旅や登山のベースキャンプなどにフリーサイトが活用されてきました。特に決まりなく、場合によっては何日か滞在できるのも魅力です。

首都圏から近いフリーサイトを利用される方はそれほど本格的な方は少ないかもしれませんが、それぞれの時間を過ごしていらっしゃいます。区画サイトやバンガローが併設されたフリーサイトであれば、スペースが自由なだけで普通のキャンプと同様に施設を利用したり、アクティビティを楽しんだりすることができます。公園のように他の施設が多く併設されておらず、テントを立てる人が集まる場合は静かな時を過ごすことも可能です。

グランピングほど豪華で行き届いた設備にはなりませんが、同じくらいリラックスしたりゆっくりとした時を過ごしたりすることはフリーサイトでも十分可能です。

まとまった時間を取って自分を見つめなおす

毎日仕事や家事など日常に追われているとどんどんと時間は経っていきます。敢えて日常から離れ、自然の中でゆったりとした時間を過ごすことで、自分を見つめなおす時間を取るのにフリーサイトは向いています。自宅ではどうしてもやるべきことが目についてしまう上に、仕事から離れたい人からすればスマートフォンやパソコンなどでつながっている状態を何とかしたいはずです。

フリーサイトはあまり混み合わず、静かなところを選びましょう。広大な公園でもいいですし、木々の中にハンモックをベースにしているようなところでも構いません。自分一人が過ごすだけなので小さなテントで十分です。一晩過ごす程度であれば食べ物、飲み物ともに、それほど気合を入れて準備せずとも十分足ります。

時間を取ったからと言って特別思い悩む必要もありません。解決しない悩みごとに無理をして結論を出すことはありません。日常から離れた分だけできた余裕から自然に解決してしまうこともあるでしょう。定期的に自分を大切にする時間を自然の中で取ってみるのも大事です。

仲間と交流を深める


Instagram:@takudam_28

キャンプでは複数人で協力して行うこともたくさんあります。皆で行う作業を通して仲間との交流を深める手段にキャンプがおすすめです。フリーサイトは自分たちのお気に入りの場所を探すところから始まります。当日どのフリーサイトに行くかももちろん選ぶ必要がありますが、着いてからもテントを張る場所はどこでも構わないので、しばらくは好きなポイントを探すことに費やすでしょう。

場所が決まってからテントを立てて、食事の準備から片づけまでやることはたくさんあります。その共同作業を通して、お互いを知るきっかけをつかんだり、新たな共通点を発見したりすることができます。

普段とは少し違った環境になる分だけ、腹を割った話もしやすくなるでしょう。大事な相談事やチームで決めておかなければならないことを夜のミーティングのテーマにしておけば、キャンプの目的は達成です。明るい間の作業で一体感がうまくできていれば建設的な話をすることができます。夜空の下でのミーティングは会議室で行うものとは異なり、よりよい結果をもたらしてくれることでしょう。

大自然の中で時間を過ごす


Instagram:@nm_nmi

区画の区切りを示す看板やロープのないフリーサイトは自然をより感じることができます。公園や川沿いが丸ごと解放されているところもあり、気分屋目的に合わせて好きな場所を選べるのが魅力です。
子供を連れているファミリーならば楽しめる所を選びましょう。アスレチックやスポーツが可能な施設が併設されているところを選んだり、サイトを選ぶなら川に近い所や走り回るスペースがあったりする所がおすすめです。せっかくの機会なので思いっきり遊ばせてあげましょう。

ペットを連れている場合も同様です。ドッグランがあればそれを利用するのも賢い手です。


Instagram:@tsubasa.os

少人数でゆったりと過ごすなら公園の端や少し奥のスペースを確保すると静かに過ごせます。あえてアクティブに過ごさず、風を感じて眠ったり、本を読んだりする時間を設けてもいいでしょう。ハンモックが借りられるところならよりのんびりと過ごせます。

フリーサイトのキャンプはアイデア次第でどんな過ごし方もできます。楽しく過ごせるそれぞれの方法を探してみるのも面白いです。

次のページ:都会の喧騒から解放されよう

1 2

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP