キャンプ用扇風機を選ぶ時に気を付けるべき注意点!オススメ扇風機を紹介

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

楽しい夏のキャンプを快適に過ごすために、あるとうれしいのが屋外用の扇風機。キャンプ用品に迎え入れるにあたっての選び方や注意点、そしてオススメの扇風機をご紹介します。

これで間違いなし!キャンプで使える扇風機の選び方

ひとくちにキャンプ場に持ってゆく扇風機、といっても各社からいろいろな製品が発売されています。選ぶにあたってどんなことに注意すればよいのでしょうか。外したくない大事なポイントをチェックしてゆきましょう。


Instagram:@live_with_the_earth

キャンプ場には電源がない

あたりまえのことですが、大自然には電源がありません。一部のキャンプ場で設置されている電源サイトが利用できる場合もありますが、アウトドアライフでは基本的に外部電源は使えない場合がほとんどなので、扇風機を選ぶ場合も充電式のものや乾電池を利用するタイプのものなど、電源プラグがないものを選びましょう。

電源が確保できなくて、せっかくキャンプに持って行った扇風機が使えないまま車のトランクに眠っている、、なんて残念なことにならないように。充電ができ扇風機の中にはプラグでの使用も可能なタイプもあるので、普段は部屋の中で使用して、キャンプの時には持ち出せる、といったお得な使い方も検討してみるといいかもしれませんね。

屋外だから風の強さにはこだわりたい!

各メーカーから持ち運びに便利な小型の扇風機が発売されていますが、キャンプでの使用を考えた時に気にしたいのが、風の強さです。オフィスや自宅などで使用する分には控えめな風量でも問題ありませんが、屋外での使用となるとある程度以上の風量が出るタイプでないとあまり意味がありません。

キャンプに連れてゆく扇風機を選ぶにあたって、特に家族や友人たちと大勢で出かける機会が多い方はなるべく強力なタイプの屋外用扇風機を選ぶことをおすすめします。風の強さが強いタイプでも風量を2段階や3段階に調整できるタイプもありますので、使用するシチュエーションにあわせて設定できると便利です。

夏場は滞りなく涼みたい!バッテリー容量には注意

キャンプに持ち出す屋外用扇風機でもう一つ気にしたいのが、バッテリーの容量です。先ほどご紹介した通り、キャンプ中にバッテリーを充電できるスペースは限られていますので、電池切れを起こしてしまうと、蒸し暑さに耐えなくてはいけない上に、ただただ使えないお荷物が増えるだけ、という悲しいことにもなりがちです。

バッテリーの種類も乾電池タイプや汎用性の高い充電池を使っているものの他、USB端子から充電できるタイプの扇風機など、さまざまなものが発売されています。一泊なのか、日帰りなのか、車で行くのか、バックパックで行くのか、などキャンプに出かけるシチュエーションなども考慮した上で、公開のないよう慎重に選ぶことをおすすめします。

キャンプ用扇風機(サーキュレーター)おすすめランキング

人気商品からお買い得品まで、「これを選べば大丈夫」と自信をもっておすすめできるキャンプ用扇風機(サーキュレーター)をピックアップしてみました。いろいろなタイプの扇風機があるので、購入を検討する際の参考にしてみてくださいね。

第5位 OBOSOE 携帯扇風機


出典:Amazon

OBOSOEから発売されている携帯扇風機は、重さ約200gとコンパクトで、ハンドルがついているので持ち運びに便利。それだけでなくスタンドが付属しているので、テーブルなどにおいて使用するなどさまざまなシチュエーションでの活躍が期待できます。

その上、3600mAhと大容量の内蔵バッテリーが用意されているので、アウトドアユースでもばっちり。USB充電ポートもついているので、充電が切れてしまった場合、モバイルバッテリーや車内のシガーソケットからの充電も可能なので、万が一の場合も安心。値段もお手ごろなので、熱中症対策で1人1台の購入もおすすめです。

次のページ:まだまだあるぞ!コードレス扇風機

1 2 3

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP