雨の日でも楽しめる♪キャンプの過ごし方

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

キャンプを始めとする山や林間等の環境において、突然の天候の変化は避けて通れないと言えるでしょう。梅雨の季節も間近となった今、雨が降ってしまった場合にもキャンプを楽しむための方法をご紹介します。

雨が降ってもキャンプを楽しもう


画像提供 | PIXTA

キャンプに行くことが決まってから当日まで、気になるのが天気ではないでしょうか。せっかくのキャンプ、できれば良い天気の下で行いたいと思う人が多いのは当然です。だからこそ、楽しみにしていたキャンプ当日が雨だったら、がっかりしてしまうかもしれません。しかし、仮に雨が降ってしまっても、キャンプは楽しむことができます。だから、雨が降ったからといって、楽しいキャンプを諦める必要はありません。何故なら、雨が降ってもキャンプを楽しむ過ごし方があるからです。むしろ、雨の日にしかできないキャンプの楽しみ方もあります。

雨が降っても楽しもうという気持ちが大切

この記事では、雨の日でもキャンプを楽しむための注意点やおすすめの過ごし方を紹介しますが、なんといってもいちばん大切なのは、雨の日でもキャンプを楽しもうという前向きな気持ちです。その気持を持った上で、雨の日でも楽しいキャンプが過ごせる方法を見ていきましょう。キャンプは自然の中で行うものです。天候に応じた対応をしていくことも、キャンプの楽しみの一つと言えるのではないでしょうか。さらに、雨の日でもそれに対応した行動をスマートにとれれば、一緒にキャンプに行った人からも頼りになる人として見てもらえるかもしれません。

雨の日のキャンプを楽しむためにあると役立つキャンプ用具


画像提供 | PIXTA

雨の日のキャンプを快適に過ごすために、役立つキャンプ用具を詳しく紹介します。ここで紹介するキャンプ用具は、雨の日はもちろん、天候に関わらずキャンプに行く際には持っていきたいものです。もしまだ持っていないようでしたら、この機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。最近はアウトドアやキャンプをする人も多く、それらに使用するギアやツールもさまざまなものが発売されているため、数多くの商品から選べるようになっています。自分の予算やデザインの好みが合うものを選ぶと良いでしょう。

雨から身体を守るためのレインウェア

雨の日のキャンプにレインウェアは必須です。いつどんな天候になっても対応できるように、キャンプには必ず持っていくようにしましょう。それほど大きい荷物になるものでもないため、天気予報の内容に関わらず、万が一、雨が降っても大丈夫なようにキャンプに行く際は常に持っていくようにしたいところです。キャンプで使用するレインウェアは、防水性があることはもちろん、透湿性があるものが望ましいです。何故なら、防水性に加えて透湿性があれば、身体から出てくる汗や上記を外に逃がしてくれるため、快適に過ごせるからです。このような防水透湿性を持ったレインウェアは比較的、値段が高めになりますが、雨の日のキャンプを快適に過ごすためには是非持っておきたいところです。

雨の日でも空間を確保できるタープ

雨の日でのキャンプは、テント内にいる時間も長くなりがちです。テントの中でずっと過ごすのもキャンプならではの楽しさがありますが、長時間ずっとこもりっきりは疲れてしまうかもしれません。そんな時、タープがあれば、雨の日も大空間を確保できます。また、タープは雨から人も荷物も守ってくれます。さらに、タープは横側が空いているため、雨に濡れない上に、周囲の景色は楽しめるというメリットもあります。そのため、雨の日でも開放的な気分でキャンプを楽しめます。テントとタープを繋ぐように設置すると便利です。また、テントと車を結ぶようにタームを張れば、雨の日でも濡れずに荷物の積み込みや積み下ろしをすることができます。状況に応じた設置をして、雨の日でも快適にキャンプが楽しめるようにしましょう。


出典 | Amazon

次のページ:突然の雨!どう過ごす?

1 2 3

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP