バーベキューに必須のギアとは?後悔しないキャンプギア紹介!

TAKIBI編集部

ギアという言葉は耳にしたことはあっても、実際にどういう意味なのかわからないという人も多いのではないでしょうか。ギアというのは、キャンプに持っていくと便利なアイテムの事です。キャンプギアをきちんと理解して用意しておけば、アウトドアも楽しくなること間違いありません。キャンプギアはインターネットや雑誌を見れば、色んな道具がありますので、初心者の人でもわかりやすい、使えるキャンプギアをご紹介します。

バーベキューに欠かせない基本的なキャンプギアとは?


Instagram:@iktry

野外でバーベキューをするとなると、色んな道具を用意する必要があるのではないかと、不安に感じる人も多いのではないでしょうか。ですが、キャンプギアをきちんと抑えておけば、たくさん道具を用意する必要はありません。

バーベキューで最低限揃えておくと安心だと言われているキャンプギアは、テント(シートやマットなどでもOK)、ランタン、テーブルとチェア、シュラフ、バーベキューをするための焚火台、クーラーボックスとウォーターボトルです。この7点をとりあえず揃えておけば、問題なくバーベキューを楽しむ事が出来るでしょう。


Instagram:@u_saku.m

他にも食器類やクッカーなど、バーベキューをするために必要なものはたくさんありますが、バーベキュー用にわざわざ用意する必要もありません。最初のうちは自宅で使っているお皿や、紙皿などを用意しても構わないでしょう。ご飯類も、おにぎりを自宅で作って持っていっても十分に楽しめますので、最初から全部揃えようと思わなくでOKですよ。

バーベキューを何回か続けていくうちに、次はあれを揃えよう、これも準備すると良いかもしれないなど、自分で必要なものを発見する事が出来ますし、それが何よりも楽しいはずです。


Instagram:@tsukiyama_camp

最初からあれもこれもと、バーベキューに必要なものを全部揃えてしまいますと、初心者の人には扱うのが難しい中・上級者向けの道具を購入してしまったり、高かったのにあまり使用しない道具など、無駄な買い物が増えてしまったりするので一度バーベキューをしてから必要なものをリストアップしてもいいかもしれませんね。

長くバーベキューを楽しむためにも、キャンプギアをきちんと抑えて、必要なものを確実に揃えるようにしましょう。

ユニフレームのおすすめキャンプギア!


Instagram:@tomoyan726

初心者の人からベテランの人まで愛されている、アウトドアメーカーのUNIFLAMEは、比較的リーズナブルな価格で手に入るのにも関わらず、ものすごく製品のレベルが高いという嬉しいメリットがあります。

アウトドアを何十年もしているベテランキャンパーにも厚い信頼を得ているので、是非製品をチェックしてみて下さい。ここでは、UNIFLAMEの名品をご紹介したいと思います。

UNIFLAME/ユニフレーム ファイアグリル

takibidai
Instagram:@kkts750

UNIFLAMEと言えば、ファイアグリルという人も多いのではないでしょうか。発売から何十年も経っていますが、絶大な人気を誇る一品です。ファイアグリルの魅力は5つあります。

1つ目は質が良いのに、リーズナブルな価格で手に入れる事が出来るという点です。UNIFLAMEは、金物の街で有名な新潟の燕三条の企業になりますので、とにかく金属加工技術が高い事で有名です。ファイアグリルはステンレス素材を採用しており、重量は2.7kg、高火力にも耐える事が出来る程の質の高さでありながらも、6,900円という価格で手に入れる事が出来るのですよ。

2つ目は、ファイアグリルが1つあれば、焚き火やバーベキュー、ダッチオーブンなど色んな用途があるという点です。


出展:Amazon

四隅にスペースがあるので、炭の調整がしやすく非常に使いやすいというメリットもあります。

3つ目は組み立てが簡単で、後片付けも楽に出来るという点です。ファイアグリルをセットする時は、スタンドを開いてツメを上げて、炉をセットしたらロストル、そしてバーベキューを使用する時は、焼き網を乗せるだけで完成です。炉にハンドルが付いているので、使った炭の処理も簡単に行うことが出来ます。また、ステンレス製なので錆びに強く、汚れもガシガシと水洗いする事が出来るのは嬉しいですね。

4つ目は、コンパクト収納をする事が出来て、軽量という点です。ファイアグリルの炉の中に、スタンドもロストルも焼き網もコンパクトに収納する事が出来ますので、非常に持ち運びがしやすいというメリットがあります。2台使う場合にも、炉を重ねて使用する事が可能です。炉には十分なスペースがありますので、他にも着火剤やトングなどの細々とした小物も一緒に収納する事が出来ますよ。

5つ目は、オプションパーツが充実しているという点です。オプションパーツを追加すれば、料理の幅を広げる事が出来ますので、一層バーベキューが楽しめちゃいます。ダッチオーブンの架台などに使う事が出来るヘビーロストルや、ダッチオーブンを吊り下げる事が出来るFGポットハンガーなどがおすすめです。

次のページ:キャンパーに絶大な人気を誇るバーベキューグリル!!

1 2

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部からキャンプなどアウトドアに関する情報を皆さんにお伝えしていきます!Instagramもやってるので見てね♪

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »