中古品を活用して理想のキャンプ道具を揃えよう!!

TAKIBI編集部

雑貨やファッションなど、アウトレット品や中古品が人気を博している昨今、キャンプ道具も中古品が注目を集めています。
アウトドアで使用するキャンプ道具は、元々丈夫で長持ちするように作られているため、数年間使い倒してもまだまだ使用できる状態のアイテムがほとんどです。
そのため、捨ててしまうのは勿体無いと、中古品店に持ち込んで手放す人が多いのです。

キャンプ道具は中古品で揃えられる?

近年は第二次キャンプブームともいわれていて、中古キャンプ道具も充実しています。
その気になれば、中古品だけでキャンプ道具一式を揃えることも決して難しくはありません。
テントやシュラフといった基本的なアイテムだけでなく、ランタンやウォータージャグ、バーナーといったアイテムまで全て揃えることができます。

キャンプ道具は、必ずしも新品だからいいという訳ではありません。中古品には中古品にしかない魅力がたくさん詰まっています。
ベテランキャンパーの中には、新品ではなくあえて中古品を探し求めているような人もいるほどです。
キャンプ道具を新たに購入しようと考えている人は、まずは中古品の魅力について調べてみましょう。

中古キャンプ道具が人気の理由

中古キャンプ道具の最大の魅力といえば、なんといってもリーズナブルな価格で手に入るという点です。
初めてキャンプ道具を購入するという初心者は、中古品で揃えるというのも一つの手です。
新品のキャンプ道具を一度に揃えるとなると、10万円近く出費することになります。
そのため、費用を少しでも抑えたいという場合には、中古品が強い味方となるでしょう。

中古キャンプ道具は安いという他にも、各アウトドアメーカーのアイテムをお試しできるというメリットがあります。
まだどのメーカーのアイテムが自分に合うかわからないという場合には、中古品でお試ししてみましょう。
有名メーカーのアイテムも中古品ならお手頃価格で手に入るので、気になるメーカーのアイテムを試してみてください。

いつものメーカーから乗り換える時に

初心者でなくとも、他のメーカーのアイテムへの乗り換えを考えている場合には、中古品を活用しましょう。
新商品を試せるというだけでなく、中古品の中には、廃盤になってしまったアイテムが紛れていることがあります。
もう販売が終了してしまったアイテムが安価に手に入ることもあるので、お目当てのアイテムがあるという人は、中古品をチェックしてみるといいでしょう。

新品のキャンプ道具で揃えれば気持ちのいいものですが、初心者感が出てしまって恥ずかしいという人もいます。
ベテランキャンパーのようにユーズド感が欲しいという人にも、中古キャンプ道具がお勧めだといえるでしょう。
中古品を活用して、理想のキャンプ道具を揃えてください。

中古キャンプ道具で人気のブランド

ファッションや家具同様、キャンプ道具にも人気のブランドが存在します。
どのキャンプ道具を買うか迷った時には、ブランド名に注目してみましょう。
有名アウトドアメーカーのアイテムはなかなか価格が下がらないので、中古品で安く手に入れることができれば大変お得です。

ユニフレーム


出典 | Amazon 

日本のメーカーのキャンプ道具が欲しいという人にお勧めなのが、「ユニフレーム」です。
現在は「新越ワークス」という名前に変更されていますが、キャンパーの間では今でもユニフレームの名前で親しまれています。
サビに強く「和」のテイストを感じるユニフレームのアイテムは、日本人にとって親しみやすく扱いやすいという特徴があります。
料理が好きな人は、ぜひ丈夫で長持ちするダッチオーブンも併せて入手してください。

中古キャンプ道具を購入する方法


画像提供 | PIXTA

中古キャンプ道具は、実店舗の中古キャンプ道具専門店からインターネットの通販ショップまで、様々なお店で販売されています。
それぞれのお店の特徴を比較して、自分に合った購入方法で欲しいアイテムを探しましょう。

次のページ:中古品ならではの特徴は??

1 2

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP