ディーオーディー(旧ドッペルギャンガー)のキャンプ・BBQ用テーブルおすすめ4選

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

リーズナブルな価格でありながら、その機能性の高さから多くのキャンパーを虜にして止まないディーオーディー(旧ドッペルギャンガー)。2018年には、ブランド名がドッペルギャンガーアウトドア(DOPPELGANGER OUTDOOR)からディーオーディーに変更されました。

さらにパワーアップしたディーオーディーのキャンプ・BBQ用おすすめテーブルを10選ご紹介します。夏のレジャーシーズンに向けて買い替えを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

キャンパーを虜にするディーオーディー(旧ドッペルギャンガー)の魅力


Instagram:@marumo19

ディーオーディー(旧ドッペルギャンガー)は、株式会社ビーズが運営している人気アウトドアブランドです。

「誰もが自由に、気軽にアウトドアを楽しんでほしい」というコンセプトをもとに、テントやタープ、テーブル、チェア、薪ストーブ、キャリーバッグといった幅広いアウトドア商品を販売。遊び心のあるデザインと実用性に優れた数多くのアイテムを豊富に取り扱い、多くのキャンパーから愛されています。

数える商品の中でも特に人気の高いテキーラテーブは、キャンプやBBQ、ピクニックなどさまざまなシーンで活躍すること間違いありません。

アイデア次第でさまざまな使い方ができる超万能な「テキーラテーブル」の魅力


Instagram:@marumo19

「テキーラテーブル」は、ダイニングテーブルとしてはもちろん、調理台やラックとしても利用できるカスタマイズ性に優れたアイテムです。ワンバイ規格の木材を使えば、物置きとしても活用できるため一台持っておくとさまざまなシーンで使用できます。

組み立てが簡単

「テキーラテーブル」は、レッグ部分にプレートを差し込むだけで簡単に組み立てることができます。ドライバーやネジが不要なため、女性一人で設営できるシンプルな作りが特徴です。また、パーツを取り外すだけで撤収もスムーズに行えるため、後片付けの煩わしさがありません。

焚き火台の上でも利用できる

「テキーラテーブル」のもうひとつの魅力は、焚き火台の上でも使えるという点。プレート部分には、熱に強い厚さ3mmの鉄を使用しており、ダッチオーブンやスキレットを置いて炒め物や鍋料理を楽しむことができます。特殊塗装が施さ、直熱でも塗装が溶けたり、剥げたりする心配もなく耐久性も抜群です。

パーツの組み合わせ次第でラックにもなる

「テキーラテーブル」のパーツをいくつか組み合わせれば、囲炉裏テーブルとしても使うことができます。大勢で食事をする場合は四角形、少人数ならプレート3枚を繋げて作る三角形パターンというように、アレンジは自由自在。焚き火台を囲んで暖をとりながら、楽しい食事の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

ディーオーディー(旧ドッペルギャンガー)のテキーラテーブルを紹介

「テキーラテーブル」は、アウトドアだけでなくテラスに置いて鉢植えを並べたり、室内のインテリアとして見せる収納に活用したり、何通りもの使い方を楽しむことができます。

【3〜4名向け】ディーオーディー TB4-535

大勢でのキャンプにおすすめなのが、「ディーオーディー TB4-535」。プレートを3枚入れた状態での天板の広さは約91cm×42cmと大きめの作りになっているため、3〜4人分のお料理を並べても十分な余裕があります。

さらに、ワンバイ規格の木材をレッグ下段・中段のプレートに差し込めば、収納ラックとしても使用可能です。テキーラテーブルたった一台あれば、用途に応じたさまざまな使い方ができるため、夏のレジャーシーズンに向けて購入してみてはいかがでしょうか?

【少人数向け】ディーオーディー テキーララック TB2-541

「ディーオーディー テキーララック TB2-541」は、先ほどご紹介した「ディーオーディー TB4-535」よりひと回り小さいサイズ。晴れた日の休日は、テラスに置いて爽やかな風に当たりながらいつもと一味違ったモーニングやブランチを楽しんでみるのも良いかもしれません。

棚を追加購入するなら「TP4-536」がおすすめ

レッグに差し込む追加の棚を購入するなら、使い勝手の良い「TP4-536」がおすすめです。サイズは、幅910mm×奥行き140mm×高さ19mmと非常にコンパクト、しかも重量2kgと軽量なので持ち運びもスムーズ。プレート両端の鉄部分は、熱に強い耐火塗装が施されています。

次のページ:まだまだあるディーオーディー(旧ドッペルギャンガー)のキャンプ用テーブルおすすめ4選♪

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP