「キャンプで快眠!」シーズン別おすすめ寝袋とよくある質問に答えます!

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

キャンプに必要なアイテムといえば寝袋。寝袋一つでキャンプ中の睡眠の質を左右すると言っても過言ではありません。たくさんある寝袋の中でどの寝袋にするか悩むかもしれません。では、一体どの寝袋を選べば正解なのでしょうか。

寝袋の選び方!

素材で選ぶ

寝袋には化学繊維の中綿を使用したものと、ダウンの中綿を使用したものがあります。化学繊維のメリットは、まず価格が安いこと、水に強く保管も楽で通常の洗剤を使用して洗う事も可能です。価格が安いという事で、化学繊維を使用した寝袋を選ばれる方が多いのですが、化学繊維を使用した寝袋は保温性がやや低く収納した際にサイズが大きいというデメリットがあります。ダウンの中綿は軽くコンパクトで柔らかく寝心地がいいと人気が高いです。ただし価格が高く水に弱く洗う際には専門の洗剤を必要としますが、軽いうえに温かく、きちんと手入れをすれば長く使えます。価格が高く温かいものを使用するか、やや重くても洗えて手入れも簡単なものにするか、好みの寝袋を見つけましょう。

シーズンで選ぶ

寝袋を選ぶ際、どの寝袋を選べばいいのか分からないという人も多いでしょう。まず寝袋を選ぶ際に目安とされているのは、3シーズン使用できるものを選ぶといいと言われています。今、キャンプをする人が増えてきており、春から秋までキャンプを楽しんでいる人が増えています。そのため、ワンシーズンだけですと気温差によって寝袋を買いなおさなければいけないこととがあります。山の気温は変わりやすく、夏でも肌寒い場合があります。保温性のある寝袋を選ばなければ、体が冷えて風邪をひいてしまうかもしれません。そのため寝袋を選ぶ際には3シーズン使用できるものを選ぶといいでしょう。夏と冬で比較をすると凡庸性が高く、使用頻度も高いです。

値段で選ぶ

寝袋の値段もピンからキリまであり、形や素材、サイズや耐熱温度によってもその価格は異なります。中古ショップへ行けば数千円で購入できたり、専門ショップへ行けば数万円で販売されていたりするものもあります。寝袋は高ければ性能がいいのかと思うかもしれませんが、では価格による違いは何でしょうか。数千円で購入できる寝袋は主に夏用の寝袋です。夏用の寝袋の特徴は、薄くコンパクトな造りとなっています。保温性はあまりないので気温の高い夏にはピッタリでしょう。価格の高い寝袋の特徴は、保温力があり耐久性も高く軽量かつコンパクトに作られています。ダウンなどの天然素材で作られていることもあり、温かく秋の肌寒い季節には特にいいでしょう。

おすすめの寝袋メーカーをご紹介!

寝袋と言っても調べるとたくさんのメーカーがあります。初心者キャンパーさんにとっては、どの寝袋を選べばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。では、初心者でも失敗のないおすすめの寝袋のメーカーについてご紹介します。

ロゴス

初心者キャンパーさんを中心に人気のあるロゴス。ロゴスにも高品質の寝袋はたくさんあります。布団型シュラフに封筒型シュラフ、マミー型シュラフに別れています。布団型シュラフとは、普段ご利用なさっている布団と同じように敷布団や掛布団、別売りでエアパッドがあります。キャンプ中も普段寝ている布団と変わらない寝心地を求めたいという人にはピッタリでしょう。丸洗いも出来る為、衛生的に保つことが可能です。封筒型サイズはお子様と添い寝をする際にピッタリのサイズで、封筒のように上の部分が空いている形となっており、寝相が悪くても布団がはがれる事がなく、体をやさしく温め寒い時期のキャンプにもピッタリです。汗をかけば丸洗いも可能です。

コールマン


Instagram:@babi12_21

ランタンで有名なコールマン。コールマンの名前は世界中で知れわたり、知らない人はいないのではという位初心者キャンパーさんからベテランキャンパーさん迄大人気の老舗メーカーです。ランタンだけではなく、テントなどの様々な高機能なキャンプ用品を世に出していますが、コールマンにも機能性だけではなく見た目もおしゃれな寝袋がたくさんあります。バンダナ柄やギンガムチェックなどお子様から大人まで使えるお洒落な柄がたくさんある事から、特に女性から人気が高い寝袋です。形も面白く、組み合わせで家族で入れるサイズになったりチャックをすれば1人寝用に別れたりなど、用途によって寝袋を変形させることができるのも魅力の1つです。

モンベル

登山メーカーとしても人気のあるモンベル。キャンプ好きならその名を知らない人はいないのではという位、大人気の老舗ブランドと言われています。モンベルの寝袋は見た目がシンプルでワンカラーのものが多く、男女関係なく利用することが出来ます。見た目はシンプルなのですが、機能性に優れており、山登りをした際にも体への負荷を軽減した軽量でコンパクトな寝袋がとても多く、軽量でことが出来ます。コンパクトですが、保温性や保湿性に優れており、国内の3000m級の冬山でも使用できるほどの保温性抜群の寝袋が多数あります。もちろん夏山でも使えるほど通気性に優れたものもあり、尚且つお手入れ楽々な寝袋もたくさん揃っていることから、キャンプだけではなく登山をする人からも支持率が高いでしょう。

イスカ

イスカは寝袋の専門店となっており、寝袋だけでこんなにも種類があるのかと驚く人もいるかもしれません。特に寝袋専門店なので、お客様にぴったりの寝袋が必ず見つかるかもしれません。主に標高の高い山でも快適に過ごせるよう、機能性の高い寝袋を提案しており、尚且つ移動する際も登山をする人の体へ負担にならない様にコンパクトで軽量の物をたくさん揃えています。軽く温かくコンパクトな「パフ」、軽くしなやかで温かい「ピルグリム」、軽量耐水防・防水透湿のアルファライトなどの6種類の寝袋があります。通常の登山だけではなく防災対策としてもこの寝袋は人気があり、決して価格も手が届かないものではなく、お手頃な価格なので一家に一つは欲しい寝袋ともいわれています。

次のページ:春秋のおすすめ寝袋はこれだ!

1 2 3 4

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP