「バッグでキャンプが決まる!」おすすめのバッグをシーン別でご紹介!

TAKIBI編集部

キャンプに持って行くバッグは、キャンプのスタイルに合わせて選ぶのがポイントです。キャンプスタイルによって、持って行くものの多さや求められる機能も異なるため、容量や機能性、耐久性などを基準にして選ぶのが賢明です。


画像提供|PIXTA

キャンプで使うバッグを選ぶポイント!

キャンプなら中型から大型のバックパックがおすすめ!

登山キャンプや泊りがけなど携帯する荷物が多いキャンプには、中型から大型のバックパックがおすすめです。特に登山キャンプのように何時間も荷物を背負って歩くキャンプの場合は、必要な荷物をすべて詰められるうえ、耐久性や防水性の優れたバックパックが必須となります。デザイン性だけで選ぶのではなく、フィット感なども確かめて選ぶとよいでしょう。テント道具も一式持ち運ぶなら大型、山小屋泊やグランピングなら中型のバックパックでもOKです。
一般的には、キャンプの泊数が増えるほど携帯する荷物の量も増えるため大き目のキャンプバッグが必要になります。大は小を兼ねるので、日帰りキャンプのほか1泊~2泊のキャンプにも行く人は、大型バッグパックを選ぶほうがよいでしょう。

オートキャンプなら持ち運びが楽なトートバッグがおすすめ!

オートキャンプは大きな荷物は車に積むことができるため、収納力やフィット感はそれほどこだわる必要はありません。それよりも、キャンプに必要なこまごまとしたものを取り出しやすく実用性の高いトートバッグがおすすめです。肩にかけて携帯できるので持ち運びも簡単なうえ、開口部も広いので中のものを取り出しやすいのも便利です。また、トートバッグは日常使いもできるデザインなので、キャンプ以外のお出かけにも活用できます。
サイズも小さいものから大きいものまで幅広く揃っているうえ、デザインも豊富です。内ポケットや外ポケットが付いているものならさらに便利です。アウトドアで使用することを考慮して機能性を重視して選ぶのがおすすめです。

ツーリングなら防水のシートバッグがおすすめ!

ツーリングキャンプはバイクで移動するワイルドなキャンプなので、突然の雨なども想定して防水加工が施されたシートバッグがおすすめです。防水加工は生地だけでなく、ジッパー部分や縫い目の部分にもしっかりと施されていることが大切です。シートバッグはハードタイプとソフトタイプがあり、ハードタイプは積載するのに安定感があり、ソフトタイプは容量の調節ができるほか、リュックとして2ウェイで使用できる便利なものもあります。積載できる量に限りがあるツーリングキャンプだからこそ、容量や収納力をしっかり吟味して選ぶことが大事です。また、初めてのツーリングキャンプでは積み込むのが難しく感じることが多いため、バックルで簡単に着脱できるなど、使いやすさも重視して選ぶと失敗が少ないでしょう。

バッグの容量で選ぼう!

キャンプバッグは、キャンプに持って行く持ち物の量に合わせて選ぶのがベストです。バッグの容量はL(リットル)で表示されており、初めての人はどれぐらい入るか分かりにくいので、それぞれのサイズ感についてご紹介しましょう。

中型バッグ(〜25L)

25Lまでの中型バッグは、日帰りキャンプに適したサイズです。食料や調理ギア、レインウェアなどを入れられるうえ、一般的なリュックのサイズなのでキャンプ初心者でも無理なく背負うことができるでしょう。これから本格的にキャンプを始めようという人の、ファーストバッグとしてもおすすめです。普段使いのリュックと同じぐらいの大きさなので、街で使っても違和感なく溶け込むことができます。デザイン性が高いものが多く、一目でキャンプバッグとわかる正統派からファッション性の高いものまで幅広く揃っています。
ただ、キャンプを快適にするために色々荷物を持って行きたい人は、日帰りキャンプでも少し大き目のサイズを選ぶほうが良いかもしれません。

次のページ:大型のバックの良さは?

1 2 3 4 5

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »