グランドシートでテント内を快適に!オススメと自作方法も教えるよ

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

グランドシートを敷くと、テントの底を保護したり、地面からの湿気や湿度を遮断できたりするなど、テント内の快適さを向上させることができます。縁の下の力持ち的な存在なので、テントの設営にグランドシートは欠かせない存在です。


Instagram:@koooojiiiiii

グランドシートのサイズはテントの形や大きさに合わせる

グランドシートを効果的に使うためには、テントの形や大きさに合わせたサイズのものを選ぶことが大切です。テントのフロアより小さいサイズだと、適切な防水性・防湿性が期待できません。また、テントのフロアよりも大きいサイズだと、雨が降ったら外にはみ出したグランドシートの上に水がたまり、テント内に侵入してびしょ濡れになってしまいます。テントの底面に合わせて折り込んで使うこともできますが、手間がかかってしまいます。
テントのフロアとぴったりのサイズ、もしくは一回り小さいサイズのグランドシートを選ぶのがベストです。テントと同じブランドのグランドシートを購入する必要はなく、サイズが合えばどんなブランドのものでも構いません。

オススメのグランドシート

クッションマットだから居心地抜群! Snow Peak アメニティドーム マットシートセット

2つ目のおすすめは、Snow Peakのアメニティドームマットシートセットです。耐水性に優れたフロアシートと、クッション性に優れたフロアマットがセットになっています。フロアシートはインナーテントを地表の汚れや冷気から守ってくれます。フロアマットはクッション性があり、インナーテント内で快適に過ごせるようになるアイテムです。厚みのあるマットとの2枚組なので折り畳んでもかさばり重量も1.7キロありますが、収納袋付きなので持ち運びには困りません。

撥水に優れたDOD(ディーオーディー) グランドシート

4つ目のおすすめは、DODのグランドシートです。厚手でしなやかな素材で作られており、ブルーシートのようにカサカサした質感でないのが特徴です。耐水性5000ミリメートルのコーティングが施されており、撥水性にも優れています。シートの四隅にはショックコードが付いており、ペグに引っ掛けるだけで設置できるので便利です。キャリーバッグ付きなので、汚れていてもテントと分けて収納できるのでアフターケアも楽にできます。DODのテントに合わせて作られたグランドシートですが、フロアサイズが合えばほかのメーカーのテントにも使用することができます。サイズは、190センチ×190センチのほか、190センチ×120センチ、280センチ×220センチがあります。

次のページ:ブルーシートで代用可能!?

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »