コールマンのリュックを徹底まとめ!サイズとタイプの選び方から教えるよ!

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

キャンプ用品を詰め込むうえで、リュックは必要不可欠ですが、大きさや機能性、耐久性などリュックによって違いはあります。アウトドア用品の老舗ブランドといえばコールマンですが、そのコールマンでも機能性や耐久性に優れたリュックがあります。

用途に合わせてサイズを選ぼう

一言でリュックといっても色々なサイズがあります。ちょっとお出かけをするときに財布やスマホを入れる程度からちょっとしたアウトドア用品を入れる15~25Lサイズ。山小屋に1泊やテントに1泊などアウトドアで宿泊を予定している場合、夏の登山シーズンで長距離のハイキングをする際にちょうどいい25~35L。更に長距離のアウトドアの場合、36L以上のものもありますが、大きいものになると体への負荷も勿論大きくなり、ストレスとなります。リュックは大きければいいという訳ではなく、荷物の量に対して合うリュックを選ぶことが体への負荷を減らすことに繋がります。まずは、どんな目的でリュックを使用するのか、アウトドアの場合何泊して具体的にどんなものを入れるのか、イメージするといいでしょう。

大容量は便利だけど身体の負担!試し背負いでフィット感を確かめよう

リュックサックを選ぶうえで一番重要なのは体への影響です。アウトドアにおいてリュックサックは必要なアイテムです。ランタンやガスコンロなど目的地やそこへ向かうまでの道のりで使用する道具を入れて背負うのですが、状況によって36L以上の荷物を運ぶこともあります。リュックを背負う時間が長ければ長いほど体への負荷も大きくなり、特に肩や背中や腰に大きな負荷がかかります。リュックを選ぶうえで思わず価格の安いものを選んでしまう人もいますが、まずは背負ってみましょう。背負ったときの体へのフィット感、ヒップベルトのサイズがあっているか、背負った際の装着感が自分に合ったものなのか。これらをしっかりと見極めてからリュックを選びましょう。

コールマンの15Lリュックならウォーカーで決まり! 

ランタンやテントなど様々なアウトドア用品を展開しているコールマンですが、登山リュックも機能性が高く体への負荷が少ないと話題の商品です。コールマンのリュックサック「ウォーカー15」は、登山などのアウトドアだけでは無く、街でお出かけやピクニックなどシーンを選ばずに使用できる軽量パックのリュックです。バックパネルは通気性のいいメッシュ素材を使用し、夏の登山や長時間背負っても不快な蒸れを軽減。チェストストラップを配していることで体へのフィット性が高く、ショルダーハーネスのずれを外側全面と両サイドにポケットを配しているので直ぐに取り出したいアイテムを収納することが出来る便利なポケットと、鍵をかけられるフックとペンホルダーがあるなど機能性も抜群のリュックです。ベーシックなデザインとカラーもピンクやチェックなど女性でも使いやすいデザイン、軽量サイズでお子様の体への負荷も配慮した、機能性やデザイン性に優れたリュックです。

次のページ:コールマンの25Lリュックはタウンユースに丁度イイ!

1 2 3

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP