コールマンのおすすめテント!新作から人気のあのテントをご紹介♪

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

以前はキャンプと言えば、ファミリーの方が泊まりで楽しむという人がたくさんいました。しかし今はキャンプのスタイルも変わり、ファミリー層だけではなく仲間で楽しむキャンプ、自然の中で1人のんびりと過ごすソロキャンプなど様々なスタイルでキャンプを楽しまれています。キャンプと言えば必要不可欠ともいえるテント。テントの役割は雨風をしのいで安全にキャンプを楽しむためのアイテムです。購入金額は数千円で購入できる小型のものから、数万円する大型のものまで様々です。キャンプ用品の老舗ブランドコールマンですが、テントのデザイン性や機能性、耐久性も抜群という事、初心者でも扱いやすく便利だという事で多くのファンがいます。

【コールマン】ドーム型テント おすすめ 2選!

タープやティピ、2ルームハウスなど実用性も高く様々な形のテントがコールマンにはありますが、定番のドーム型のテントも人気があります。その中から得に人気のあるコールマンドーム型テントを2つご紹介します。

【4~6人】タフワイドドームⅣ/300

colemanテント

出典:Amazon

タフワイドドームⅣ/300は、アシストクリップがある事で一人でもスムーズに設営でき、キャンプ初心者から大人気のドーム型テントとなっています。

・サークルベンチレーションシステム
・広々とした居住空間
・アルミ素材のメインポール
・耐水圧:約2000mm(フロア約2000mm)
・定員:5~6名
・使用感サイズ:約300×300×185、収納サイズ:約25×75cm
・重量:約10.5kg
・仕様:前室、キャノピー、ランタンハンガー、メッシュポケット、メッシュドア×2、ベンチレーション、コード引き込み口、ストームガード

【4~5人】BCクロスドーム/270

colemanテント

出典:Amazon

BCクロスドーム/270は、シンプルなフレームワークと設営しやすいベーシックドームテントです。

・シンプルなフレームワークのドームテントでキャンプ初心者でも設営しやすい
・FRPポール採用
・耐水圧:約1500mm(フロア:1500mm)
・定員4~5名・使用時サイズ:約270×270×175(h)cm
・収納時サイズ:約25×75cm
・重量:約10kg・仕様:前室、キャノピー、メッシュドア×2、コード引き込み口、ストームガード、ランタンハンガー、メッシュギアポケット
・付属品:キャノピーボール、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバック
・材質:フライ:75Dポリエステルタフ、インナー/68Dポリエステルタフタ、ポール/FRP約11mm、スチール約16mm×長さ170cm

【コールマン】2ルームテント(ハウス) おすすめ3選!

テントというと、ワンルームの部屋を連想する人もいるかと思いますが、今特に注目されているのは2ルームテントです。2ルームテントというとイメージできない人もいるかもしれませんが、1度使えば手放せないほど利便性抜群のテントです。

【4~5人】タフスクリーン2ルームハウス+

タフスクリーン2ルームハウス+は、夏のキャンプに最適。日光を90%ブロックし、室内の温度上昇を抑制することで真夏でも安眠できる快適なテントです。これにより夏のテント内での熱中症を防ぐことも可能です。キャンプ初心者でも立てやすい、ワイドな設計を兼ね揃えた2ルームテントです。

・必要に応じて外の光を室内に取り入れることが出来るサイドウィンドウ付き
・上下の通気口によりテント内の空気循環を促すサークルベンチレーション
・初心者の人でも一人で建てることが出来るアシスト機能付き
・強風でも耐えられるアルミ合金製メインポール
・リビング側には光の透過を防いで温度上昇を軽減する遮光PUコーティング採用
・定員4~5人
・仕様:前室、キャノピー、メッシュドア、ベンチレーション、メッシュポケット、コード引き出し口、ストームガード、サイドウィンドウ

トンネル2ルームハウス/LDX+

【コールマン】ウェザーマスター おすすめ2選!

ウェザーマスターシリーズは日本のアウトドアシーンに対する研究によって、より快適によりビューティに、最高の度材・機能を追求したコールマンのブラックシップモデルです。コールマンの中の最高峰シリーズになるのでキャンパーの中でも1度は手に入れたい憧れのテントです。

次のページ:おすすめの商品がこちら♪

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP