キャンプ用発電機おすすめ6選!屋外に持ち出せる電力供給

近年、キャンプをする人が増えているのはご存知でしょうか。特にアニメをきっかけにキャンプの魅力に気づき、最近キャンプを始めたという人もネットニュースやテレビ御番組で取り上げられますが、そのキャンプにとても役立つと言われているアイテムがインバーター発電機です。

キャンプの電力供給にインバーター発電機のススメ


画像提供|PIXTA

インバーター発電機のメリット&デメリット

インバーター発電機のメリットはで電気の供給が楽に行えます。例えば、キャンピングカーでACチャージャと端末がついたものであれば、サブバッテリーへ充電が可能です。最近では小型のインバーター発電機も出ていることから、持ち運びも楽に行えます。デメリットは運搬に危険が生じることがあり、使用する際には注意が必要です。キャンプ場によってはインバーター発電機の使用を禁止しているところもある為、キャンプ場に確認をしてから使用しましょう。エンジン音や排気ガスの量が多く、苦情が来ることがあります。特に住宅街でインバーター発電機を使用する場合は近隣住民へのトラブルを避ける為一声かけるか時間帯を気を付けてから使用しましょう。

家庭用で使うならインバーター発電機?ディーゼル発電機?

ご家庭で使用する場合、インバーター発電機とディーゼル発電機、どちらがいいのか迷うかもしれません。ディーゼル発電機といはディーゼルエンジンを主機関とする発電機で、最も普及している発電機と言われています。形は大きく貨物船にも使用されるほどです。簡単にブレーカーが落ちない上に長期間使用するタフさから、主に産業用に使用されるケースが多いです。一方でインバーター発電機は災害があった際に便利と言われており、車につないで使用することが出来ます。インターネット上でも簡単に購入をすることが出来、キャンプへもっていくこともできるほど小型化も進んでいることから家庭用で使用する場合はインバーター発電機の方がおすすめです。

音量単 位「dB(デシベル)」の見方

インバーター発電機の購入にあたり、気になるポイントは㏈(デシベル)です。デシベルとは騒音の目安ともいわれ、このデシベルを気にせず購入するとのちに騒音問題でトラブルに発展することもあります。ではレベルごとに分かりやすく表していきます。映画館や図書館のような静かな場所ではおよそ「50㏈」レストランや大きな焦点や事務所内は「60㏈」大きな声での会話は「70㏈」交差点や国道は「80㏈」機械作業場や空調機器室は「90㏈」ですが、90㏈」になると会話が困難なほど大きな音となります。さすがに80~90はキャンプで使用する際に苦情がでる場合もあります。キャンプ場によっては使用不可もしくは㏈の数値が指定されている可能性もあるので確認をしましょう。

定格出力を見て選ぼう

定格出力とは、機械のパワーを表す値のことを言い、この値が高いほどパワーもあるという事になります。しかしパワーがあるということは、それだけ消費する電力も高いということになります。まずこのVAを決める場合、この発電機の使用目的を考えてから決める必要があります。モーターを稼働させる発電機器に関しては、スイッチを入れると定格消費電力のおよそ3~5倍の電力を使用することになります。ドライヤーなどの電力を消費する家電は消費電力×1.2~2倍必要で、冷蔵庫やエアーコンプレッサーに関しては3~5倍必要です。また複数の電気機器を使用する場合はその合計した出力が必要になります。もしこの消費電力と電気機器が合わないものを使用しますと正常に作動しない場合がある為、必ず消費電力に合った電気機器を使用しましょう。

屋外にへ持ち運びやすさも重要

発電機を選ぶ際、屋外への持ち運びやすさも重要です。確かに大きいものは消費電力が多くても正常に作動し長期間使用できるタフさがメリットともいえるでしょう。しかし、災害に合った際や屋外で活動をする上で、重くて大きな発電機では不便です。そこで今注目されているのが。軽くて持ち運びにも便利な発電機に人気が集まっています。キャンプをする際の持ち運びにも便利で、キャンピングカーと一緒に使用してサブバッテリーへの充電が可能なものもあり、また災害が起こった際の野外での発電にも非常に便利なことから、キャンプにも持ち運びできるような超小型の発電機がおすすめです。お値段も大型の発電機を比較するとリーズナブルなのでお勧めです。

超小型!キャンプ場に持っていける発電機おすすめ3選

今、キャンプでも持ちはこびが可能な小型発電機がいくつかあります。しかし、インターネットで検索をかけますと、たくさんの発電機があり、どれにすればいいのか迷う方もいるかもしれません。キャンプ初心者の方でも安心して使用できる発電機3つを紹介します。

工進 インバーター発電機

工進インバーター発電機は、長時間静かに使えバッテリーが11.5時間と長い時間使用することが可能です。騒音値は59~65と音が静かな為、キャンプ場で使用しても騒音問題でトラブルになることも少ないでしょう。

・高品質な電源な為パソコンなどの精密機械も使用することが出来ます
・車内のシガーソケットがあれば使用することが出来ます
・パワーインジケーター付きのため、今使用している電力が一目でわかります
・連続運転は10時間から4時間
・コンセントの交流は合計16A
・専用きゃろーを使用すれば楽に運ぶことが出来ます。
・軽量は22kgのコンパクトボディ
・使い方も簡単で初めての人でも安心して使用できます
・エコモードの使用可能

バイクパーツセンター  インバーター発電機

コンパクトサイズのボディなのにパワフルに使用できると好評のバイクパーツセンター インバーター発電機。安定した電圧を供給することが出来るため、パソコンやテレビなどの精密機械にも安心して使用することが出来ます。とにかく軽量サイズの為持ち運びも便利なので、キャンプなどのアウトドアだけではなく防災用品としても役に立つでしょう。

・定格出力は2600VA
・燃料タンク容量は7リッター
・連続運転最大時間は6.5時間。本体重量は約33kg
・周波数の切り替えが50~60に調整可能
・エコスロットル・直流出力はDC OUTPUT
・セルフスターター
・オイルアラートあり
・持ち運びに便利なキャスターやハンドル付きでイベントやレジャーにも持つ運び楽々

suaoki ポータブル電源 G500

suaoki ポータブル電源 G500は、キャンプで電源が必要な場面や災害の際の電気の供給源として、車中泊や電気代が高いと感じる際に大活躍のポータブル電源です。

・AC300W×2
・DC出力ポート×2
・USB出力ポート×2
・50~60Hzに切り替えが可能
・PSE認証済み
・ソーラー充電
・ACコンセント充電
・シガーソケット充電サイン波インバーターでご家庭のコンセントからの電気とほぼ同じ波形を作り出しあらゆる電化製品に対応できます
・シガーソケットライターからクーラーボックスなどの電化製品に使用可能
・スマホを高速で充電可能
・ACアにダプターシガーソケット、ソーラーパネルの3WAY充電が可能
・バッテリーマネジメント搭載で安全性も寿命も史上最高

次のページ:発電機選びに悩んだらコレ!

1 2 3

この記事を書いた人

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP