キャンプに持って行く水筒おすすめ16選!キャンプスタイルに合わせた選び方教えます

キャンプのときも適度な水分補給が必要です。飲み物を持ち歩くのに欠かせないグッズが水筒です。水筒にもいろいろなタイプがあり、それぞれ使われている素材や保温性、耐久性などが変わってきます。ここでは、キャンプにおすすめの水筒について詳しく紹介していきます。

キャンプの水分補給に!どんな水筒を持っていけば良い?

キャンプスタイルに合わせてタイプや大きさを考えよう

最近はエコブームも後押しして、水筒を持ち歩く人が増えています。その影響でさまざまなタイプの水筒が販売されています。キャンプに持っていくときは、どのようなタイプの水筒が適しているのでしょうか。キャンプスタイルによって適切な水筒が変わってきますので、一概にどれが良いとは言い切れないのです。たとえば、極端に暑いとき、寒い時にキャンプに出かけるときは保温や保冷効果が高い水筒を選んだほうが、快適な水分補給ができるでしょう。寒い時は温かい物を、暑いときは冷たい物を飲みたいと思いますので、保冷保温効果は大切です。また、現地で新たに飲み物を足して使用するときは、衛生状態を保つために洗いやすさで水筒を選ぶことができるでしょう。

キャンプで持ち運びしやすい水筒おすすめ3選

キャンプでは外で歩き回ったり、アクティブに活動したりすることから、水筒も持ちやすいタイプを選んだほうが何かと便利です。ここでは、キャンプで持ち運びしやすい水筒についておすすめのものを3つ紹介していきます。

軽量&コスパが良い!プラスチックタイプの水筒【nalgene(ナルゲン) カラーボトル】

nalgene(ナルゲン) カラーボトルはアメリカ生まれのプラスチック製の水筒です。アメリカだけでなく世界中のキャンパーやクライマーから支持を受けている人気の水筒です。容量についても選べるようになっていますので、重さや使用目的などに応じて適したサイズを選びましょう。プラスチックボトルと聞くと耐久性が心配になりますが、この水筒は大変丈夫な設計で作られていますのでアウトドアでも安心して使用できます。また、本体の耐冷耐熱温度がマイナス20度から100度と幅が広く、凍らせることもできますし、熱い飲み物を入れることもできるのです。割れや破裂についても強い耐性を持っていますので、液漏れも起こしにくいです。また、BPAを含んでいませんので体への悪影響もほとんど心配ありません。

飲み終わったらコンパクトに折り畳みできる水筒【Kemier シリコンボトル】

水筒は大きなものでなくても持っていると邪魔になることがありますが、Kemier シリコンボトルは飲み終わったらコンパクトにまとめられて荷物になりません。しかも人体に悪影響と与えると言われているBPAを含まないシリコン素材を使用しています。使用している素材については、アメリカ食品医薬局のテストに合格した製品ですから、安全性も期待できるでしょう。しかも、医療用シリコンですからシリコン素材特有の嫌な臭いもほとんどありません。水筒のキャップはワンプッシュで開けられるようになっており、ボタンの周りは誤作動防止の金属リングが付けられていますので液漏れも起こしにくいでしょう。水筒の中身が無くなったら、くるくると丸めるか平らに折り曲げてコンパクトに収納できます。

キャンプや登山の水分補給に便利なハイドレーションタイプ【global I mall 水袋 2L】

global I mall 水袋 2Lは、ハイキングや登山用に開発された水筒です。アウトドアでは長時間外で過ごすことも多く、口に触れるものは雑菌などの繁殖が心配されます。キャップは抗菌加工がしてありますので、長時間の使用や暑い日でも清潔に保てます。また、飲み物を入れる本体には臭いの少ない低臭ポリエチレンを使用していますので、臭いも気になりません。使い方も簡単で、飲み口を抜いた状態で軽く噛むと、水が自然に出てくる仕組みです。シンプルな構造ですがバルブがしっかりしていますので、水漏れを防ぎ快適に使用できます。強度に優れているだけでなく軽量ですから、アウトドアでも使いやすいと思います。また、緊急時の備えにも対応できますので防災用品として揃えておくといいでしょう。

クリーンカンティーンの高品質ステンレスボトル

クリーンカンティーンとはアメリカカリフォルニア生まれのブランドです。地球環境に配慮して使い捨てを減らそうという思いから、高品質のステンレスボトルが誕生しました。クリーンカンティーンのステンレスボトルは、高い保温保冷性能が特徴で、中の飲み物が冷たい状態であれば最長で100時間温度をキープできます。

無骨なデザインがかっこいい【Klean Kanteen(クリーンカンティーン) リフレクトボトル】

Klean Kanteen(クリーンカンティーン) リフレクトボトルは、NOペイント、NOプラスチックを実現したボトルです。キャップには1枚のステンレスから成形された頑丈で耐久力のあるステンレスが使われています。しかも、ステンレス製のハンドルがしっかりとはめ込まれてあるため、持ち運びにも便利です。塗料を一切使用していませんので、経年劣化にありがちな色剥げや色落ちの心配がありません。また、ボトル内部もコーティングされていませんので中の剥がれもなく安心して使用できます。ボトル本体は食洗機で洗うこともできるため、扱いやすいです。サイズは27.5cm×7cmで容量は800ml、重量は240gです。見た目もスタイリッシュでシンプルなデザインですから、アウトドア以外にも活躍してくれます。

炭酸やアルコールを注ぎたての味わいに保つ【Klean Kanteen(クリーンカンティーン) インスレートグロウラー】

Klean Kanteen(クリーンカンティーン) インスレートグロウラーは、18/8ステンレスチール素材を使用して作られています。内側も100%ステンレスですから、使用による剥がれの心配もありません。内側には電解研磨が施されていますので、お手入れも楽です。昆布茶や水出しコーヒーを元の状態に保ち、さらにはビールなどの炭酸飲料も入れたてを数時間キープすることができるのです。ダブルウォール真空断熱によって温かい飲み物は高温に、冷たい飲み物は低温に保つことができます。キャップには漏れないステンレススイングロックキャップが付属していますので、横にして持ち歩いても水漏れが起こることを防げます。他のクラシックキャップとも互換性があります。サイズは25.55×9.22cmで重量は470.4g、容量は946mlです。

直飲みできる!【Klean Kanteen(クリーンカンティーン) インスレートタンブラー】

Klean Kanteen(クリーンカンティーン) インスレートタンブラーはコーヒーやビールなどさまざまな飲み物を飲むのに使えるタンブラーです。ダブルウォールの真空断熱材を使用していますので、温かい飲み物と冷たい飲み物の温度を長時間最適に保つことができます。食品基準の18/8ステンレスを使用し塗料も使っていませんので、剥がれも起こらず長く美しい状態をキープできます。タンブラー内側には電解研磨が施されており、お手入れが楽にできるように作られています。こぼれを防ぐためにフタが付属してありますが、同じクリーンカンティーンのインスレートタンブラー16オンスと互換性があります。このタンブラーで使われている塗装は従来の4倍強度の耐久性を持っており、人にも環境にも優しいです。

クリーンカンティーンがアウトドアブランド「パタゴニア」とコラボ!気になるノースフェイスとのコラボは・・・?

Klean Kanteen(クリーンカンティーン) はさまざまなメーカーとコラボした商品を販売しています。有名なアウトドアブランドのひとつであるパタゴニアともコラボ商品を販売しており、水筒もコラボ商品のひとつになります。重量は202g、容量は355ml、口のサイズは54mmと広めで飲みやすい設計となっています。クリーンカンティーンのボトルはシンプルなデザインのものがほとんどですが、パタゴニアとのコラボ水筒はパタゴニアのロゴマークがプリントされています。カラフルな色使いやデザインも特徴的です。アウトドア人気ブランドのノースフェースとコラボした水筒も販売されています。重量202g、口サイズ44mm、容量355mlです。白地をベースにしたデザインにノースフェースのロゴが入っています。シンプルですから性別や年齢を問わず使用できます。

ステンレス製のクリーンカンティーンは直火で温められるの?

Klean Kanteen(クリーンカンティーン)は安全性の高いステンレスを使ったボトルを中心に商品展開していますが、直火にかけることができるのも特徴のひとつです。アウトドアでは電子レンジを使用できないことがほとんどです。そのため、水筒の中身を温めたくても他の物にあけるなどして温め直す必要があります。その点Klean Kanteen(クリーンカンティーン)のステンレスボトルは直火にかけても問題ありません。ただし、直接火にかけるときは注意が必要です。Klean Kanteen(クリーンカンティーン)のボトルのキャップは液漏れを防ぐために密閉性を高くしています。そのため、キャップをしっかりと閉めた状態で温めてしまうと中で空気が膨張してしまい大変危険です。そこで、火にかけるときは必ずキャップを緩めましょう。

クリーンカンティーンの中身が漏れる?一部製品に不具合

クリーンカンティーンは水筒のボトルキャップの密閉性が高く、液漏れしにくいのが特徴のひとつです。しかし、一部の商品に不具合が見つかりました。それは、カフェキャップ2.0についてであり、キャップから液漏れが起こるという問い合わせが相次いだのです。カフェキャップ2.0ですが全ての商品ではなく、2018年2月以降に販売された商品について不具合が見つかっています。そこで、クリーンカンティーンでは自社のウェブサイト上にて分解組み立てのやり方を公開しています。そのやり方に従ってキャップを組み立て直したとしても液漏れが改善されない場合、キャップ自体の不具合が可能性として考えられます。キャップの漏れが改善されないときは、クリーンカンティーンのウェブサイトより連絡を入れましょう。

【スタンレー(stanley)の水筒】創業100年を超える歴史と信頼!

スタンレー(stanley)はアメリカを代表する水筒のであり、創業100年を超える伝統あるブランドです。1913年にスタンレーの創業者がオールステンレス製の真空断熱効果を持つボトルを発明したことから始まります。ここではスタンレーの特徴について詳しく紹介していきます。

【STANLEY(スタンレー) スタンレー クラッシック真空ボトル 1.9L】シリーズを代表する大容量ボトル

STANLEY(スタンレー) スタンレー クラッシック真空ボトル 1.9Lは、高い耐久性を持っていますので長く愛用することができます。その強度の高さは高度12,000mから落としても壊れない、トラックでひいてもつぶれないと言われているほどです。過酷な環境にも耐えられるように作られていますので、アウトドアでも大活躍してくれるでしょう。このボトルは軍隊でも使われているほど、タフで無駄のないデザインとして知られています。1.9ℓとたっぷり入りますので、ファミリーやカップルなどにピッタリです。ハンドルが付いていますので、持ち運びにも便利です。また、中の空気を入れず保温、保冷性にも優れていますので、飲み物の温度を長時間快適に保つことが可能になります。

直飲みできる!【STANLEY(スタンレー) 2018年モデル ゴーシリーズ 真空タンブラー 0.47L】

STANLEY(スタンレー) 2018年モデル ゴーシリーズ 真空タンブラー 0.47Lは、アウトドアだけでなくいつでもどこでも気軽に利用できる目的で開発されたシリーズになります。サイズは8.6×16cm、重量270g、容量0.47lです。開封可能なフタが付いており、トライタン樹脂でできているため中身が確認できます。フタで完全密閉ができますので、持ち運びにも便利です。内びんにはステンレス綱を使っており、耐久性にも優れています。保温、保冷効果も高く、60度以上の飲み物は4時間、10度以下の飲み物は7時間温度をキープすることができます。食洗機にも対応していますので扱いも楽です。スタンレーの特徴である耐久性を持ち合わせつつ、価格を抑えてありますので気軽に購入することができます。

【STANLEY(スタンレー) クラシック真空ボトル 1L 水筒】保温&保冷はもちろん耐久性もピカイチ

2019年よりロゴがリニューアルされました。STANLEY(スタンレー) クラシック真空ボトル 1L 水筒はスタンレーの水筒の中でも人気の高いシリーズのひとつです。中栓も開けやすくなっており、注ぎやすいと評判です。また、従来品よりもサイズを少しコンパクトにして持ち運びしやすくなっただけでなく、強度もパワーアップしました。また、食洗機にも対応できるようになったため、従来品よりも扱いが楽になりました。サイズは幅11.7×高さ35.8×本径9.4cmサイズです。重量は840gです。保温力と保冷力については60度以上10度以下でそれぞれ24時間キープできると言われています。入れた飲み物を長時間適温に保ってくれます。容量は1ℓ入りますので、日帰りのレジャーや真夏日の水分補給にピッタリのサイズです。

取っ手が付いているから安定して注げる【STANLEY(スタンレー) マスター真空ボトル 1.3L マットブラック 水筒】

STANLEY(スタンレー) マスター真空ボトル 1.3L マットブラックはスタンレー史上で最強の保温機能を持つ高機能モデルです。従来品よりも30%厚い構造を持ち、保温力と保冷力をパワーアップしています。また、他社製品よりも60%広い内部構造にしてあるため、サイズも比較的コンパクトです。本体は光沢を抑えたマットブラックでデザインもシンプルでかっこいいです。しかも耐久性にも優れていますから、アウトドアの衝撃にも耐えてくれるでしょう。サイズは幅17×高さ35.8cm、本体径10.2cm、容量1.3ℓです。中栓もスチール加工されており、中身がプラスチックに触れない仕組みとなっていますので保温性能が大幅アップしています。丈夫なスチールハンドルがありますので、持ち運びにも便利です。

スタンレー水筒の修理や保証はどうなっているの?

次の代まで受け継ぐことができるくらい高い耐久性を持っているのが、スタンレーの水筒です。しかし、絶対に不具合や故障が起こらないとは言い切れません。また、購入時の保証が付いているかどうかも気になる点です。スタンレーはアメリカのブランドですが、日本で販売されているのが並行輸入品か日本正規品のどちらかになります。並行輸入品では保証がついていませんが、日本正規品では生涯保証がついています。ただし、日本正規品と並行輸入品では価格に大きな差があります。しかし、万が一故障や不具合が起こってしまったら、保証がないと高い修理代金を支払うかもしくは新しく商品を買い替えなくてはいけません。それを考えると、保証のついている日本正規品を購入しておくのが安心かもしれません。

スタンレー水筒はどこで買えるの?

アメリカのブランド、スタンレーの水筒はどこで購入することができるのでしょうか。まずひとつめがネットショッピングサイトです。スタンレーの水筒を取り扱っているサイトは複数あります。Amazonや楽天といった日本を代表するネットショッピングサイトにて販売していますので、チェックしてみましょう。

次のページ:圧倒的な機能性を誇る日本メーカー「サーモス」の水筒おすすめ3選

1 2

この記事を書いた人

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP