キャンプジャグおすすめ紹介!便利な使い方を教えちゃうよ

TAKIBI編集部

キャンプをする上で、水は欠かせないものです。ペットボトルやバケツがあれば十分なようにも思えますが、ベテランのキャンパーほどウォータージャグを活用しています。ウォータージャグには、一体どのような魅力があるのでしょうか。


画像提供|PIXTA

ウォータージャグの便利な使い方と選び方

水分補給や料理、手洗い場としても大活躍

ウォータージャグは飲料水を確保するだけでなく、料理や手洗い用の水を確保するために役立ちます。ウォータージャグに水を入れておくことで、何度もキャンプ場内の水場を往復する手間が省けるのです。また、ウォータージャグはお湯や氷水を入れることも可能なので、水温を調整できるというメリットもあります。海水浴や川遊びをした際には、足元を洗えるなど様々な活用方法があるので、アクティビティやシーンに併せて活用してください。
ウォータージャグはキャンプ場内で水を使用するためだけでなく、水を持ち帰る際にも役立ちます。名水と呼ばれる水が手に入る場所を訪れた際には、ウォータージャグ一杯に美味しい水を汲んで持ち帰りましょう。

水場とキャンプサイトとの距離や人数でサイズを選ぼう

ウォータージャグをこれから購入しようと考えている人は、まずは利用するキャンプ場をチェックしてみましょう。水場とキャンプサイトとの距離が遠いのであれば、容量の大きいジャグを選ぶ必要があります。また、ジャグを利用する人数が多いのであれば、同じく容量の大きいタイプを選んでおくと安心です。重いからと容量の小さいタイプを選んでしまうと、なんども水場とキャンプサイトを往復することになるので注意しましょう。
ウォータージャグの容量の目安は、2人なら5リットル前後、4人なら10リットル前後となります。他にも、使用する季節やシチュエーションで必要な水の量は異なるので、目的に合わせて最適なウォータージャグを選んでください。

一台持っておけば自宅用・防災用でも使い道があるウォータージャグ

防災意識が高まっている近年、自宅にペットボトルの水を保管しているという人も少なくないでしょう。災害に遭っても数日は過ごせますが、ペットボトルの水が尽きれば、給水所まで足を運んで水を汲んで来る必要があります。いざという時のために、ウォータージャグを一つ常備しておきましょう。
ウォータージャグは、防災だけでなく日常の中でも役に立ちます。スポーツ大会やお祭りといったイベントで水分補給に使ったり、自宅内ではパーティで使ったりすることもできます。暑い夏場にウォータージャグで麦茶やスポーツドリンクを作っておけば、いつでも冷たい飲料を楽しめます。このように、キャンプ以外の場でも活躍するので、ウォータージャグを一つ持っておけば重宝するでしょう。

おすすめキャンプジャグ厳選4台!

近年は頑丈なハードタイプから折りたためるソフトタイプまで、多種多様なウォータージャグが販売されています。メーカーやブランドによって特徴は異なるので、よく比較した上で、用途に適したタイプのウォータージャグを選びましょう。

保冷も保温もコレ一つで!【ピーコック ステンレス キーパー 広口タイプ グレー 8.1L 】

ウォータージャグの中に温かいお湯や冷たい氷水を入れたいのであれば、ピーコックのステンレスキーパー広口タイプを活用しましょう。ハードタイプのピーコックステンレスキーパー広口タイプは、保温性に優れたウォータージャグです。保温・保冷効果は共に6時間なので、外で長時間活動している間も最適な温度をキープできます。広口タイプのウォータージャグなので、夏には大きい氷をたっぷり入れたり、ペットボトルをそのまま入れたりすることも可能です。
ピーコックステンレスキーパー広口タイプは頑丈なステンレスで作られているため、多少衝撃が加わっても変形するようなことはありません。そのため、キャンプやスポーツ大会などのアクティビティでも、安心して使用できます。

実用的で厚みのあるキャンプジャグ【STANLEY(スタンレー) ウォータージャグ 3.8L 】

アメリカの老舗メーカーであるSTANLEY(スタンレー)のウォータージャグは、シンプルで機能的なデザインが魅力です。4つの留め具で完全に密閉できる蓋は、保温性に優れているというだけでなく、安全に持ち運べるというメリットがあります。蓋の部分には取っ手がついているので、水場とキャンプサイト間もスムーズに移動できるでしょう。
STANLEYのウォータージャグは、水流量にも注目してみましょう。片手で開閉できる注ぎ口からは勢い良く水が出るので、ストレスなく使用できます。また、注ぎ口は細かいパーツまで分解できるようになっているので、キャンプが終われば徹底的に洗浄できるというのも嬉しいポイントだといえます。

もう行列ができる塵肺なし!2口タイプのキャンプジャグ【キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ウォータージャグ10L 2栓 保温・保冷タイプ 】

大人数で使用できるような、大容量のウォータージャグを探しているという人は、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) のウォータージャグを試してみてください。10リットル入る大容量で、保温・保冷効果は10時間持続します。4人で使用するのにちょうど良い大きさなので、ファミリーにおすすめです。
通常、ウォータージャグに付いている注ぎ口は一つですが、キャプテンスタッグのウォータージャグには2つの注ぎ口が付いているので、2人で同時に使用できるという魅力があります。持ち運びできるハンドルや、折り畳み式の三脚もついているので、水場から運んでそのまま地面に設置できるというのも嬉しいポイントだといえます。

ニトリやコストコでウォータージャグって売ってる?

ニトリやコストコでも、ウォータージャグは販売されています。
ニトリでは、容量が2リットルの小型のジャグが販売されていて、水筒のように気軽に持ち運べる点が人気です。また、ちょっと手を洗いたい時などにジャグを傾けて使用することもできますが、直接口を付けて水を飲むことも可能です。保温機能に優れているので、暑い夏場などは1人に1つジャグを携帯して、水分補給に行ってもいいでしょう。
反対に、コストコでは大容量のウォータージャグを購入できます。18リットル以上入るウォータージャグが4千円以内で手に入るので、コストパフォーマンスに優れているといえます。大人数で使用するジャグが欲しい場合には、コストコをチェックしてみましょう。

【コスパ】ダイソーのウォータージャグが有能すぎる!

ウォータージャグの価格相場は、安くとも5千円前後ですが、実は100円ショップのダイソーでも購入できます。ダイソーでは400円程度でウォータージャグが手に入ります。ジャグの他にも、バーベキュー用の金網やトング、折り畳みコンテナといったキャンプアイテムが販売されているので、キャンプアイテムを購入する費用を少しでも節約したいという人はダイソーを頼りましょう。
ダイソーのウォータージャグはソフトタイプなので、使用しない時には折り畳むことができます。車に積んでも場所を取らないので、複数個積み込むことができるというのは、大きな魅力だといえます。また、容器が半透明なので、中身の減り具合が確認できるというのも嬉しいポイントです。
身近な場所にキャンプ用品専門のお店がないという人でも、全国に店舗を構えるダイソーならウォータージャグを購入できるはずです。キャンプの際にウォータージャグを忘れてしまっても、現地で調達できる可能性が高いので、いざという時にはダイソーのウォータージャグを頼りにしましょう。

次のページ:縁の下の力持ち!キャンプで準備するべきジャグスタンド

1 2

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »