キャンプザックのおすすめ6選!失敗しない選び方を徹底解説するよ

TAKIBI編集部

キャンプザックとは山登りやアウトドアに使える大容量のリュックのことです。アウトドアがブームとなっていることから、さまざまなアウトドアメーカーよりキャンプザックが販売されています。商品ごとに特徴や容量などが異なりますので、キャンプザックに何を求めるのかを明確にすることが大切です。

キャンプザックの選び方

あなたのキャンプスタイルは?用途に合わせて容量を決めよう

キャンプザックを選ぶときに重要視するポイントのひとつが容量になります。キャンプザックによって容量が選べるようになっているため、どのくらいの荷物が入れば十分なのかをよく考えてみましょう。たとえば、1日分の着替えや雨具、食糧や調理器具を入れることが多いのであれば、容量は30ℓあれば十分足りることがほとんどです。しかし、自分のものだけでなく家族の荷物を入れる、山小屋等に宿泊する予定があるときは荷物も増えると考えられます。防寒着や食料などの量も増えますので、30ℓから50ℓの容量を選ぶのが無難です。テントに宿泊するときや数日間宿泊をする予定があるときは、50ℓ以上の大容量タイプを選んだほうが荷物を十分入れられるようになります。

身体にフィットするか徹底的に試してみる

キャンプザックを背負いながら長時間山を上ったり、歩いたりすることが出てくるでしょう。その際に重要視したいのが、キャンプザックと自分の体のフィット感です。自分の体にフィットするかどうかで、体の疲れ方やリュックや衣服の傷み方が大きく変わってくるからです。フィット感をチェックするためにはキャンプザイルのショルダーハーネスとバックパネルが体にしっかりとフィットするかどうかをよくチェックしておくことです。ショルダーハーネスとはリュックの肩に当たる部分のことですが、この部分が浮いていたり、隙間ができていたりすると、リュックと体の間に摩擦が起こりやすくなります。また、体に余計な負担がかかってしまい疲れも出やすくなるのです。購入時には必ずかついでみて、フィット感をチェックすることをおすすめします。

荷物をコンパクトにまとめるコツ

キャンプザックで容量の大きい物を購入すると、たくさん入るからといって荷物画増えがちになります。しかし、荷物はできるだけ少なく必要最低限のものを入れるようにするのがおすすめです。荷物をコンパクトにまとめるコツを知っておくと、荷造りのときに役立つと思います。まず、荷物は必要最低限にとどめます。必要だと思われるものが用意できたら、荷物を軽量化するか少なくすることを考えてみます。たとえばキャンプではテントや寝袋が必要になりますが、タープやハンモックに泊まることでテント用具が不要になるでしょう。また、必要な道具もできるだけコンパクトサイズを選ぶことです。アウトドアグッズも進化しており軽量化やコンパクト化が進んでいます。荷物を減らすためにも、そういったグッズを積極的に取り入れましょう。

普段使いにも使える!30Lバックパックおすすめ3選!

キャンプザックでも30ℓタイプは山登りやデイキャンプなどに活躍してくれるサイズですまた、キャンプだけでなく普段使いにも使えるサイズですから、1つ持っていると何かと重宝するでしょう。ここでは、30ℓバックのおすすめ商品を3つ紹介していきます。

ザ・ノース・フェイス リュック BC FUSE BOX

ノースフェイスといえば有名なアウトドアブランドのひとつです。キャンプザックもたくさんの種類が販売されていますが、中でもおすすめしたいのがザ・ノース・フェイス リュック BC FUSE BOX です。サイズは横33×縦46×マチ15cmで重さ1010g、形状はボックスタイプで中の物が見やすいのが特徴です。スクエア型のクールでスタイリッシュなデザインですから、アウトドアだけでなく普段使いにしてもかっこよく持てます。ダークカラーを選べば、通勤通学にも使うことができるでしょう。雑誌も入れることができるくらいのファスナーポケット、両サイドポケットも付いており、機能性も十分です。また、死ショルダークッションに適度な厚みがありますので、長時間背負っていても疲れにくいです。

グレゴリー バックパック 公式 オールデイ

グレゴリー バックパック 公式 オールデイ も人気の あるキャンプザックのひとつです。オールデイはグレゴリーの人気シリーズ、デイ&ハーフの小型版であり、普段使いにもピッタリのサイズです。キャンプザックに多いティアドロップ型のクラシカルなデザインが特徴的であり、年齢や性別を選ばずに使用できます。ポケットの数も多いので、いろいろなものを効率よく収納できます。また、サイドの部分に4つのベルトが付いており、容量を調整できるようになっています。用量が少ないときはベルトを締めてすっきりと見せることもできます。グレゴリーはシリーズ全体を通じて耐久性の高い素材を使っていますので、アウトドアにも十分耐えられますし、長く愛用することができるでしょう。

アディダス リュック EPS バックパック 30L

アディダスといえば人気スポーツブランドのひとつですが、アディダス リュック EPS バックパック 30L はキャンプザイルとしても人気があります。サイズはタテ54cmxヨコ30cmxマチ19cm、重量670gと大変軽いため、女性が持っても疲れにくいのが特徴です。長時間の山歩きやトレイルなどにも活躍してくれることでしょう。しかも、耐摩耗性に優れている生地とコーティング生地を使い、耐久性も期待できます。大きく開きやすい口の部分は中身も確認しやすく、取り出しやすいのが特徴です。さらには、小物が収納できるポケットもいくつかあり、機能性も抜群です。値段も比較的手ごろですから、1つ持っていればアウトドアだけでなく、普段使いや1泊旅行などに何かと重宝するでしょう。

次のページ:大容量キャンプリュックのおすすめがこちら!!

1 2

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP