キャンプを快適に過ごすためのグランドシートおすすめ紹介するよ!

TAKIBI編集部

この記事に関連するタグ

テントのサイズや形に合ったグランドシートを選ぼう

テント本体の下に敷いて使用するグラウンドシートは、キャンプに欠かせないアイテムの一つです。グラウンドシートを敷くことで、地面からの冷気を防いだり、テントの底が濡れて防水機能を失うことを防いだりしてくれます。まだグラウンドシートを持っていないという人は、早急に購入しましょう。
グラウンドシートを選ぶ際には、大きさがポイントとなります。テント本体に対して、小さ過ぎれば十分に機能性を発揮することは難しいですし、反対に大き過ぎれば、シートの上に水が溜まってテントの底が水びだしになってしまいます。グラウンドシートを購入する際には、テント本体の底と全く同じ大きさものを選びましょう。ちょうどいい大きさのシートが見つからないという場合は、テントと同じメーカーの中から探してみてください。

心地よいキャンプライフに♪おすすめグランドシート4選

グラウンドシートは、メーカーによって素材や耐水圧が異なります。サイズで選ぶことも大切ですが、使用するシチュエーションを想定した上で、期待する効果が得られるシートかよく考えて選びましょう。グラウンドシートを選ぶのも、キャンプの楽しみの一つです。

サイズが選べる【GEERTOP テントシート 】

GEERTOPのテントシートは、サイズの種類が豊富です。MサイズからXXXLまで、5つのサイズから選べるので、自身の所有するテントに合うグラウンドシートを選べるでしょう。GEERTOP以外のメーカーが異なるテントでもサイズが合う可能性があるので、大きさをチェックしてみてください。
GEERTOPのテントシートは小さいもので2千円、大きいものでも3千円程度と手頃な価格で購入できます。また、汚れた場合は丸ごと水洗いできるほど防水性能に優れているので、どんな場所でも気兼ねなく使用できるという点も大きな魅了だといえます。グラウンドシート選びに迷った時には、GEERTOPのテントシートを試してみましょう。

テント底の浸水を防ぐ【モンベル ムーンライト  グランドシート】

モンベルのムーンライトグランドシートは、地面からの冷気や湿気を防ぐグラウンドシートとして使用できるのはもちろんですが、専用のフレームとフライシートを組み合わせれば、自立式タープとしても使用できます。
テントを必要としないデイキャンプやバーベキューでも役立つので、キャンプ以外のアクティビティを楽しむ機会が多いという人にも人気です。
モンベルのムーンライトグランドシートは、6つのサイズがあるので、自身の所有するテントに最適なものを選びましょう。3メートルを超えるサイズなら、大人数用のテントでも使用可能です。自立式タープとして使用したい場合には、サイズが合うように、同じモンベルのフレームとフライシートを購入してください。

徹底的な耐水仕様!【DOD(ディーオーディー) グランドシート 】

キャンプ用品で有名なDODのグランドシートは、柔軟性のあるポリエステル素材で作られているため、厚手にも関わらずゴワゴワしないというメリットがあります。また、耐水性に優れているので、水場で使用したり天気が悪い日に使用したりしても安心です。
DODのグランドシートには、四隅にショックリングと呼ばれるゴムがついているので、ペグで固定すればずれる心配はありません。シートだけをペグで固定してもいいですが、テントと一緒に固定すれば手間が省けます。DODのグランドシートは2人用から5人用までのサイズがあるので、人数に合わせて最適なサイズを選びましょう。価格帯も2千円から4千円と手頃なので、お試しにもおすすめです。

次のページ:グランドシートをタープ代わりに使えるの?

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP