【初心者必見】キャプテンスタッグ焚き火台の魅力と使い方を教えるよ

この記事に関連するタグ

キャンプといえば、焚き火を連想する人も少なくないでしょう。近年は、焚き火を楽しみたいという目的のためだけにキャンプを行う人も増えています。専用の焚き火台があれば安全に楽しめるので、キャンプの際には焚き火台を用意しておきましょう。

キャンプビギナー必見!焚き火台の魅力と使い方

寒い季節の暖や夜中の明かり、調理器具としても大活躍

焚き火台が一つあれば、夜中の照明としても役立ちますが、寒い季節であれば暖房器具としても役立ちます。火の揺らぎにはリラックス効果があるので、日頃の疲れを取りたいという人は、焚き火台を囲んでみましょう。
他にも、焚き火台では様々なキャンプ料理を楽しめます。マシュマロを炙って味わうという定番からダッチオーブンを使うような本格料理まで、焚き火台一つで複数種類の料理を作り出すことができます。
焚き火台には薪を乗せられるだけのタイプや、金網が固定できるタイプなど、いくつかの種類が存在します。バーベキューを楽しみたいのであれば、金網が固定できるタイプを選んだり、純粋に焚き火だけを楽しみたいのであればシンプルなタイプを選んだりするなど、目的に合わせて焚き火台を購入してください。

大地に優しい!キャンプ場の環境保護に

近年は、環境保護の観点から、地面で直接焚き火することを禁止しているキャンプ場が増えています。焚き火を地面で直接行うと、土が焼けて黒くなってしまいます。周囲の草木を燃やしてしまったり、火事になる可能性もあったりするので、十分に注意しましょう。
地面で直接焚き火を行うと、地中の微生物が死んでしまい一定期間草木が生えなくなってしまうなど、環境に大きな影響を与えるという意見もあります。キャンプ場の規定に関わらず、焚き火を行う際には、環境保全のためにも専用の焚き火台を使用するように心掛けましょう。
火の粉の飛びにくい設計の焚き火台や、地面にしっかりと固定できる倒れにくい焚き火台なら、安全に使用できるので安心です。

初心者にオススメ!キャプテンスタッグの焚き火台

焚き火台選びに迷った時には、キャプテンスタッグの焚き火台がおすすめです。安定感のあるキャプテンスタッグの焚き火台は、初心者でも安全に使用できます。また、焚き火台の底が深いので、灰が飛び散ることもなく、網を敷いて料理をしても焦げるような心配もありません。非常に手軽で使い勝手がいいので、焚き火台の使用に不慣れな人にもおすすめです。
キャプテンスタッグの焚き火台は大きいサイズのものが多いので、大き目の薪も割らずに使用可能です。また、ダッチオーブンも丸々収まるので、料理が得意な人は試してみてください。
グリル台として火を起こせば、食後に焚き火台としてそのまま使用できるので、幾度も火起こしをする手間も省けます。

【キャプテンスタッグ ヘキサステンレス】多目的に使えるコンパクト設計 

キャプテンスタッグの焚き火台は多くのキャンパーから高い支持を得ていますが、中でも特に人気が高いのがヘキサステンレスです。六角形の形が特徴的なヘキサステンレスは、デザイン性に優れているので、キャンプ場で使用すれば他のキャンパーの目を引くこと間違いなしです。

takibidai
Instagram:@kazu48cb

設置から収納まで超簡単!基本的な使い方

六角形型のキャプテンスタッグの焚き火台は、薪が安定しやすく、火を起こしてもムラになりにくいという特徴があります。焚き火台本体の下部には空気の取り込み穴があるので、薪に酸素がよく行き渡り、焚き火台の下部までしっかり火が回ります。一度火を起こせば長く燃え続けるので、薪をくべる意外に余計な手間はかからないというのは嬉しいポイントだといえます。
キャプテンスタッグの焚き火台は折り畳みできるので、完全に解体すれば、車のちょっとした隙間に収納することができます。厚さ5cmまで薄くなるので、自宅で保管しても場所を取ることはありません。使用する時には、フレームを組み立てて底受けや網を設置すればすぐに使えるので、子供でも簡単に準備できます。

キャプテンスタッグ焚火台をテーブルで囲んでBBQやグリルを楽しもう

同メーカーから販売されている専用テーブルを使えば、キャプテンスタッグの焚き火台を囲んでバーベキューを楽しめます。食事の後にそのまま火を囲んでゆっくり過ごせば、焚き火台を中心としたコミュニケーションを楽しめるでしょう。
キャプテンスタッグの専用テーブルは六角形型なので、複数人で囲むにはちょうど良いサイズ感だといえます。折り畳んで持ち運ぶことができるため、かさばらないというのも嬉しいポイントです。パーツを組み替えれば六角形以外の形にもできるので、使い勝手の良い組み合わせを考えましょう。
料理だけならテーブルで囲む必要はありませんが、長時間焚き火を楽しみたいという人は、テーブルの使用をおすすめします。

【キャプテンスタッグ 焚火台 カマドB6型】組み立て式のスマート収納できる焚火台 

キャプテンスタッグ焚き火台
画像提供 | PIXTA

キャンプでバーベキューや焚き火を楽しみたいと思っても、大掛かりな準備がネックだと感じている人は少なくありません。そんな人に人気なのが、キャプテンスタッグの折り畳みカマドです。折り畳みカマドはコンパクトで簡単に設置できるので、ソロキャンプでも気軽に焚き火を楽しめます。

組み立てからゴトクの設置まで楽々♪

キャプテンスタッグの折り畳みカマドの魅力といえば、何といってもパーツがシンプルだという点です。本体やゴトク、受け皿といった基本的なパーツだけが用意されているので、細々とした部品を扱う必要がありません。また、組み立ても本体を広げてゴトクと受け皿を所定の場所に置くだけなので、非常に簡単です。
大きさは500mlペットボトルを2本横に並べた程度なので、ファミリーで使用するには小さいですが、ソロキャンプやカップルでのキャンプにはちょうど良いサイズ感です。重さも760gと軽いので、リュックに入れてもそれほど負担に感じることはありません。
キャンプでちょっとした料理や焚き火を楽しみたいという人は、キャプテンスタッグの折り畳みカマドを試してみてください。

100均グッズでキャプテンスタッグ焚き火台を改造!

コンパクトなキャプテンスタッグの焚き火台は便利だけど、もう少し機能性をアップさせたいという場合は、100円ショップのグッズを使って改造してみましょう。100円ショップには、金属製の網やフック、カゴといったアイテムが販売されています。
具材を乗せるスペースを広げたい、トングやお箸を置く場所が欲しいという人は、焚き火台の横に100円ショップで購入した金網を設置しましょう。金網は、同じ金属製のフックを使って設置できます。受け皿の前に設置すれば、受け口としても役立ちます。キャプテンスタッグから正規品の受け口も販売されていますが、価格は千円ほどするので、費用を節約したいという人は100円ショップのアイテムを使って改造してください。

次のページ:ユニフレームの焚火台もおすすめ!

1 2

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP