【初心者必見!】これからキャンプを始める人が迷わないように!おすすめの販売店などをご紹介!

TAKIBI編集部

近年のグランピングやソロキャンプの盛り上がりを聞き、「自分もキャンプを始めてみたいな」とお考えの方が増えてきています。しかし、キャンプ用品店を覗いてみると、「この道具はいったい何に使うの?」「こんなに細かなキャンプ用品まで揃えなければいけないの?」と迷われてしまい、結果として実際にキャンプに行くことがないままに終わってしまっている方が多いのも事実です。自然の中で行うキャンプには、日頃の仕事や家事の疲れを癒してくれたり、一人集中して考え事をすることができたりと、日常の生活では得難い体験や効果を与えてくれます。もちろん、普段の生活に比べてしまっては不自由な点も多いかと思いますが、予期せぬハプニングを柔軟に解決していく対応能力を高めることもでき、きっとその力は仕事の場などでも生かされるのではないでしょうか。

今回はキャンプ初心者に向けて、本当に必要なキャンプ用品はどれなのか、どのメーカーのものがいいのか、どこのお店で購入するのがいいのか?など、詳しく解説していきたいと思います。これを機に、ぜひ人生を豊かにしてくれるキャンプの世界へ一歩足を踏み出してください。

初心者向け!キャンプには何を持っていけばいいの?

キャンプ初心者の方が最初に悩んでしまう問題が、キャンプをしたいけれど一体どれだけのキャンプ用品を揃えなければいけないのか?ということではないでしょうか。そこで、キャンプ初心者向けに「これがあればすぐにキャンプへ行ける」というアイテムをご紹介していきます。

これがないと始まらない!「テント」


画像提供|PIXTA

これがなければキャンプは始まらないというキャンプ用品が「テント」です。これはキャンプ初心者の方であっても、容易に想像がつくのではないでしょうか。キャンプ=テント泊と言っても過言ではないくらい、基本中の基本ともいえるキャンプ用品ですよね。ただし、安さやデザインだけでテントを安易に選んでしまっては、実際のキャンプで支障をきたす可能性もあります。

まずはテントを利用する目的、シーンをしっかりとイメージをし、使用人数、設営の簡易さ、耐久性をしっかりと吟味してから購入するようにしましょう。知り合いにキャンプに詳しい人がいれば相談してみると話しのタネにもなって楽しいですし、キャンプ用品を扱っているお店の担当者に相談するのも良いでしょう。はっきりと「素人なのでわからない」と伝えながらも、自分のキャンプイメージを持ってあなたにとってベストなテントを選びましょう。

寒空で寝たくないのなら「寝具」


画像提供|PIXTA

テントの次に想像するのが「寝具」ではないでしょうか。いわゆる「寝袋(シュラフ)」は、寝具の代表的なキャンプ用品となります。ですが、キャンプ初心者の方が失敗しがちなのは、寝袋だけあれば快適に眠ることができると思ってしまうことです。実際には、テントの床面はテント生地一枚だけで地面に接しているものが多く、その上に寝袋で寝たとしても地面のデコボコを感じてしまい、快適な睡眠をすることができなくなってしまいます。

そこで必要になるキャンプ用品が「テントマット」です。テントマットには地面の凹凸を軽減するだけでなく、地面から伝わる冷気や熱気を断熱する効果もあり、快適な睡眠には欠かせないアイテムです。テントマットには蛇腹のように折りたためるタイプのものや、空気を注入して膨らませるエアーベッドのようなタイプのものなどありますので、ご利用の用途にあわせてしっかりと選びましょう。

これがあると色々便利「テーブル」


画像提供|PIXTA

続いて、キャンプで必要となるキャンプ用品は「テーブル」です。キャンプには食事がつきものです。この食事をお皿やカップを手で持つには限界があります。地面に食器などをおこうにも凹凸があるため、倒してしまう恐れもありますし、虫や埃などが入ってしまう場合だってあります。キャンプでテーブルは「コレがあれば色々便利!」と感じられるキャンプ用品のひとつと言えるでしょう。キャンプ用のテーブルには、フォールディングタイプと言って天板を二つ折りにしてたためるタイプのものと、ロールタイプという天板を丸めて収納するタイプのものと、大きく二つのタイプがあります。

フォールディングタイプは天板につなぎ目や隙間が少なく、ものを置きやすい一方、収納面で大きさや重さがあるものが多い傾向にあります。また、ロールタイプのものは収納面、重さにメリットがある一方、天板に隙間ができてしまうなど安定性に弱点があります。ご利用のシーンにあわせて最適なテーブルを選択しましょう。

作業中でもくつろぐために「チェア」


画像提供|PIXTA

キャンプ場にテーブルがあれば色々便利ですが、テーブルには当然「チェア」もセットで必要ですよね。食事をするときだけでなく、焚き火を見ながらくつろぐときに、読書をするときにと、キャンプをより快適に過ごすためにチェアも用意しておくとよいでしょう。

キャンプサイトに毎回都合よく倒木や流木など、椅子代わりにできるようなものが落ちていることも少ないですし、キャンプ場に必ずテーブルやチェアが備え付けられているわけではありません。キャンプ用品としてチェアを購入する際は座面だけの軽量・コンパクトな格安折りたたみチェアでも構いませんし、もっとくつろぎたいという方は頭まで支えることができるタイプの背もたれに高さのあるチェア、肘置き付きのチェアなどを選べば良いでしょう。

チェアをデザイン性重視で選ぶのも良いですが、実際にキャンプ場で使用しているうちに、軽さやコンパクトさ、気持ちよく使えるかどうかがキャンプ場で使用するチェアの鍵となってくることが分かるかと思います。座ることができれば何でもいいと思わずに、しっかりと長く使うことができるチェアを選択しましょう。

キャンプ飯を楽しむために「調理器具」


画像提供|PIXTA

続いてご紹介するキャンプ場で必要なキャンプ用品は「調理器具」です。調理器具と一言で言っても、最近のアウトドアグッズを見てみますと多種多様な調理器具が販売されており、悩んでしまうポイントでもあるかと思います。調理器具の中でも、間違いなくキャンプで使用するアイテム、無いと困る可能性が高いキャンプ用品を挙げますと、大きく分けてバーベキューグリル、クッカーセット、食器類セットの三種類となります。

バーベキューグリルは言わずもがなバーベキューをするためのアイテムですが、焼網や五徳を利用して鍋やフライパン、ケトルなどを置いて火にかけることもできます。また、焚火台にバーベキュー機能が付いているものもありますので、焚き火を楽しみたい方におすすめです。

クッカーセットは、鍋やフライパンなどの数種類の道具がセットになったものです。
最後に食器類セットですが、お皿や箸、コップなどを指します。その他、食材を焼くときのトングや、炭・薪を動かす際の火箸・トングなど、細かなアイテムがありますので、一度頭の中で映像としてご自身がキャンプをしているシーンを思い浮かべ、そこで何が必要になるのかを考えてみると良いでしょう。

次のページ:夜の暗さを照らすのは??

1 2 3 4 5 6

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP