【初心者必見!】あなたにあったテントの選び方!キャンプや登山におすすめのテントも紹介!

一風変わったおすすめのテント

最後に、一風変わった特徴を持つデザイン性の高いテントをご紹介します。個性的な形状のもの、まるで宇宙にある基地のようなデザインのもの、サーカステントのようなおしゃれなデザインのものなど、これからテントを購入するなら、他の人があまり使っていないようなテントを選びたい、という方におすすめです。

【個性的】Nomad Dogon 4(ノマド ドゴン4)

最初にご紹介するのが、Nomad(ノマド)社の「Dogon(ドゴン)4」です。ノマドはオランダを拠点にするアウトドアブランドで、イメージとしてはパタゴニアやノースフェイスと並ぶような複合的なアウトドア用品を開発・販売するメーカーです。そのノマドが販売するテント「ドゴン4」は、その形状からトンネルテントと呼ばれており、4人が十分にテント内で居住することができる大型のテントです。ドゴン4を外から見るとまるでいも虫のような個性的なデザインをしており、数多くのテントが立ち並ぶキャンプ場においてもすぐに自分のテントを見つけられてしまうほど目出つ存在感があります。大型ゆえに16万近くする高額なテントではありますが、4〜5人のご家族でキャンプ場利用が目的でしたらぜひ候補に入れていただきたいテントです。

【格好いい】Heimplanet(ヘイムプラネット)

次にご紹介したい一風変わったテントは、Heimplanet(ヘイムプラネット)のテントです。ヘイムプラネットはドイツのハンブルグから生まれたアウトドアブランドで、ここが開発したテントが唯一無二のデザインだと評判のメーカーです。ヘイムプラネットのテントを見ると、テントの外側にパイプのような骨組みが張り巡らされています。この骨組みの正体は「エアフレーム」と呼ばれるヘイムプラネット独自のテント構造です。設営はなんと、専用ポンプで空気を送り込むだけであり、ポールなどを組み立てたり、テントの穴を通したりすることなく完成してしまいます。その完成した外観は、まるで宇宙にある基地のような見た目をしており、格好がいいと評判のテントです。

【おしゃれ】タケノコテント

最後にご紹介するテントは、日本のDOD(ディーオーディー)社が販売している「タケノコテント」です。その名の通り、タケノコが地面からにょきっと地表に出てきたような外観をしており、テントにおしゃれさを求めたいという要望を持った方に大人気のテントです。基本構造としてはワンポールテントのカテゴリーに入るのですが、側面のテント壁にもポールが入ることで、テント壁を地面から140cmほどの高さまで垂直に立ち上げることができ、高い壁、高い天井を実現しています。またテント壁の全面に窓が付いており、開放感も抜群です。流行りのグランピングスタイルのキャンプをしたい、という方はこのタケノコテントを候補にあげてみてはいかがでしょうか。

まとめ


画像提供|PIXTA

今回は「あなたにあったテントの選び方!キャンプや登山におすすめのテントも紹介!」として、様々なテントをご紹介してまいりました。お気に入りのテントは見つかりましたでしょうか。テントの選び方を簡単にまとめますと、まずは利用目的・利用シーンをイメージする、その上でテントの利用人数が何人なのか、テントを張る環境に対応した耐性があるのかを考えることが重要です。その後に、デザイン性や金額面でのバランスをとりながら、ぴったりのテントを決めていくという流れです。

デイキャンプ やキャンプ場での簡易的なキャンプだけでの利用しか考えていない、ということであれば広い居住空間やおしゃれなデザイン性を優先してテント選びをしても良いかと思います。しかし、本格的な登山やソロキャンプで過酷な環境でテント泊をする可能性が高い方の場合、安易なテント選びは事故につながりかねないため、詳しい知人や専門店の担当者によく相談した上で購入することをおすすめします。ぜひあなたにぴったりのテントを見つけ出し、最高のキャンプを楽しんでください。

1 2 3 4

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »