コテージのあるキャンプ場16選!北海道・関東・東海・関西… 全国のおしゃれなコテージやバーベキューができるおすすめコテージも

TAKIBI編集部

テントでの宿泊がキャンプの醍醐味ではありますが、実際、虫が苦手な人や共同トイレやシャワーは使いたくないという人はわりと多いですよね。だからといって「キャンプは楽しそうだけれど自分には無理かな」と諦めず、そんなときはコテージに宿泊するキャンプから始めてみませんか?!今回はコテージのあるおすすめキャンプ場をまとめてみました。北海道から東北、関東、東海、中部、関西、四国、九州まで、おしゃれなコテージキャンプ場やバーベキューができるおすすめキャンプ場など、全国から選りすぐりのキャンプ場をご紹介します。


画像提供|PIXTA

コテージのあるキャンプ場に持っていくとよいおすすめの持ち物は?

コテージのあるキャンプ場ならコテージでの宿泊なのでキャンプ用品を特別買い揃える必要はありませんし、キャンプ場によっては持ち物は着替えのみで良い手ぶらでOKな場所もあります。

ただ、準備しなかったがためにキャンプが嫌いになるという悲しいことは避けるべきですよね。まずはコテージのあるキャンプ場でも準備しておいた方が良い持ち物についてご紹介します。

虫除け
*延長コード
*電気ポット
*ラップや保存袋
*速乾タオル
*長袖長ズボン

コテージ宿泊といってもキャンプ場です。虫が出没する時期は虫除けを持参しましょう。また、コテージに電源があっても必要な場所に届かない場合もあるため、延長コードもあると良いです。さらに常備されていないコテージなら電気ポットがあると便利ですよ。そして、残った料理を保存するラップや保存袋は意外と重宝します。タオルは何かと使用しますが、タオルを置いてくれているコテージでも枚数は人数分しかないため正直足りません。速乾タオルがあると便利でしょう。場所によっては昼と夜の温度差が激しい場合もあります。長そで長ズボンを持参しましょう。

それでは、全国のコテージのあるキャンプ場をご紹介します。

北海道でおすすめ!コテージのあるキャンプ場:札幌市定山渓自然の村(北海道)

1泊4,700円~という格安なロフト付きコテージのあるキャンプ場「札幌市定山渓自然の村」は、年齢問わず楽しめるキャンプ場です。バリアフリータイプもあるので子連れや高齢者の方も一緒に宿泊可能ですよ。近くにダムや温泉や果樹園があるので立ち寄ってみてください。大人数での利用もOKなコテージのあるキャンプ場です。

札幌市定山渓自然の村
住所:北海道札幌市南区定山渓
電話番号:011-598-3100
https://www.sj-naturevillage.jp/equip/

東北でおすすめ!コテージのあるキャンプ場:エコキャンプみちのく(宮城県)

東北でおすすめ!コテージのあるキャンプ場は、宮城県にある「エコキャンプみちのく」です。釜房湖畔のみちのく公園内にあり、日本キャンプ協会から表彰されているキャンプ場で、初心者からベテランキャンパーにもおすすめです。コテージは最大14人利用できるので、グループや一族キャンプでも利用できます。バリアフリータイプのコテージもありますよ。設備が綺麗なのもおすすめポイントです。

エコキャンプみちのく
住所:宮城県柴田郡川崎町川内向原254
電話番号:0224-84-6633
http://www.michinoku-park.info/wp/

東北でおすすめ!コテージのあるキャンプ場:とことん山キャンプ場(秋田県)

東北で冬キャンプを楽しみたいなら「とことん山キャンプ場」がおすすめです。とことん山キャンプ場は秋田県の山奥にあるキャンプ場で、近くにつり橋があったり施設内にツリーハウスや露天風呂があったり、山奥で自然を満喫できます。口コミでは特に「雪中キャンプが良い」という投稿を見かけます。山奥ですがコテージ内の設備は整っています。また、レトルト食品の販売もあります。

有限会社 皆瀬村活性化センターとことん山キャンプ場
住所:秋田県湯沢市皆瀬字新処106
電話番号:0183-47-5241
http://www.minasekc.com/sub4.htm


次のページ:関東でおすすめ!!

1 2 3 4

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP