【初心者必見】高規格から無料まで!おすすめのキャンプ場〜関東編〜

TAKIBI編集部

アウトドアが注目されており、キャンプに出かける人も増えてきました。大自然に囲まれて過ごすことで日常の喧騒を忘れ、リラックスできるのがキャンプの醍醐味です。また、キャンプは夏に行うイメージがありますが、年中楽しめるアウトドアであり、季節ごとの景色を眺めるのもまた楽しいものです。特に都会で生活をしている子供たちは、日ごろ自然に触れる機会が少ないことから、親が積極的にキャンプに連れ出すケースが多いそうです。最近はキャンプ場の種類も増えてきており、キャンプ初心者やキャンプ専用の道具を持っていない人でも気軽にアウトドアを体験できる施設が増えてきました。ここでは、キャンプ場を探している人のために関東でおすすめのキャンプ場についていくつか紹介していきます。


画像提供|PIXTA

オートキャンプ場ってなに?

キャンプやキャンプ場について調べていると「オートキャンプ」という言葉を聞くことがあるでしょう。オートキャンプが可能なキャンプ場のことをオートキャンプ場と呼びます。キャンプ場とは一般的にキャンプをする場所を指しますが、場所によってさまざまな制限があります。キャンプに出かけるときはいろいろな道具を持っていきますので、車で出かける人がほとんどでしょう。しかし、キャンプ場によってはテントサイト(テントを張る場所)まで車の乗り入れが禁止されています。すると、駐車場からテントサイトまで道具を運ぶ必要が出てきます。オートキャンプ場はテントサイトまで車の乗り入れが許可されていますので、道具の持ち運びが便利です。また、夜は車のシートを倒してベッド代わりに使用することもできるでしょう。

高規格キャンプってなに?

キャンプ場といえば、清潔感がなく設備も整っていないイメージを持っている人が少なくありません。今までのキャンプ場の概念をくつがえすような、充実設備でしかも清潔感あふれるキャンプ場のことを高規格キャンプ場と呼びます。キャンプを敬遠する人の中には、キャンプ場の衛生面を気にするという理由が少なくありません。トイレもお世辞にもきれいではなく汲み取り式、お風呂もついていないところがほとんどです。高規格キャンプ場はトイレも掃除が行き届いており水洗トイレ、お風呂もついています。さらには売店やレンタル用品も充実しており、キャンプ道具を持っていなくても気軽にキャンプが楽しめるようになっています。さらには、管理人が常駐していますので困った時は何でも相談できるのも心強いでしょう。

キャンプ場の予約の仕方

キャンプ場の予約方法はキャンプ場ごとに異なります。キャンプ場についての情報は、インターネットなどで調べることができますので、まずは予約方法を調べてみましょう。一般的に電話やFAX,ネットで予約するか、キャンプ場によっては直接キャンプ場に出向いて予約を取るのが一般的です。予約方法についてわからないときは、直接キャンプ場に電話するなどして確認することをおすすめします。また、予約するときには利用日時や利用人数、キャンセル料の有無や発生時期、チェックインやチェックアウトの時間などについても詳しく確認を取っておくようにしましょう。予約に関して間違いがあると後にトラブルとなってしまい、せっかくの楽しいキャンプが台無しになってしまうからです。

5月22日追記:TAKIBIのキャンプ場予約サイト「TAKIBI キャンプ場予約」がオープンしました!
詳しくはこちら

次のページ:関東のおすすめキャンプ場!

1 2 3 4 5 6

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »