今となっては懐かしい!?メガホーンⅡ(MegaHornⅡ)について

しゅん坊(代表)

この記事に関連するタグ

ワンポールテント、モノポールテント、ティピー、参天など呼ばれるジャンルのテントには多くのメーカーから様々な大きさのテントが発売されています。

 

私が購入したのはLuxeのメガホーン2(MegaHornⅡ)です。4年前くらいに購入しました。当時は結構流行っていた記憶があります。

今は同価格帯でロゴスのナバホ400、DODのワンポールテントなどがありますが、当時はまだなかったと思います。

 

一人用のテントが欲しくて色々探していました。ドームテントでもよかったのですが、テント内で立つことができないことと、冬ストーブを入れて使いたかったのでモノポールのテントを探していた記憶があります。

そんな中、Luxeのメガホーン2(MegaHornⅡ)を見つけました。まず、Luxeってなに??どこのメーカーよ!?って、思いました。調べてみると香港のメーカーで日本ではアウトドア・ベース犬山さんが代理店として販売していると分かりました。(久しぶりにサイトを拝見したら、最初から煙突の穴が付いているメガホーン3(MegaHornⅢ)がラインナップされています。メガホーン3(MegaHornⅢ)も私が持っているメガホーン2(MegaHornⅡ)と同じくかなり使い勝手がよさそうです。欲しい!w

※2018年6月27日現在、販売はなく次回入荷は7月末以降と記載されています。

 

価格は27,000円ほどでモノポールのテントではお安い価格でした。失礼な話ですがマイナーなメーカーなので、「これを張っていたら目立つ!安いしいいじゃん!」と思って購入をしました。

実際に購入してソロキャンプでだいぶ使いました。最近はソロでもロッジシェルターを張っているので、出番は少なくなりましたが久しぶりに張った感想は、やっぱモノポール設営撤収カンタン!!!

メガホーン2(MegaHornⅡ)の幕、帽子、インナー、ポール、ジュラルミンペグ

もともと大きくないテントですので、コンパクトにまとめられています。

LuxeメガホーンⅡ(MegaHornⅡ)

公式では重量は4.5㎏。ポールはアルミ製でΦ2.5cm。付属のペグもプラペグやピンペグではなく、ジュラルミンのペグが付属されています。また、自然界にかなかなかない、毒々しい色ですのでなくすこともないでしょう。短いのが気になり、一回も使っていませんが…。

次ページ:メガホーン2の設営方法

1 2 3

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 しゅん坊(代表)

キャンプと釣りが好きです。 でも、ゾウさんの方がも~っと好きです。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP