渓流解禁GO!GO!(大分県玖珠川水系鳴子川上流部 実釣編)

タイイングもそこそこに、3月に入ったらとりあえずでも釣りに行くでしょう!というわけで、今回は待ちに待った渓流解禁、何はともあれ荷物を車に放り込んで、大分県玖珠川水系鳴子川上流部へヤマメ釣りに行ってきた様子をレポートしたいと思います。

3月初旬なのに

ここ九州では、近年の春の暖かさは異常といっていいほどですが、中でも今年の春は抜きんでている気がします。桜の開花も平年より2週間ほど早まりそうだとテレビで言っていました。知り合いの中には、九州だけ渓流解禁を2月にしてほしいという人もいて、確かに数年前まで必須だった解禁のフライパターンにも変化が見えてきています。

渓流の解禁日というのは、その筋の人にとってはちょっとしたお祭りのようなもので、みんな仕事や面倒ごとに始末をつけて是が非でも釣りに繰り出すため、人気河川ともなるとポイントごとに人が入っているのは当然。私が目指す鳴子川も、北部九州の釣り人はアクセスがしやすいため、この時期に良型が濃厚な下流域は非常に賑わっていました。

釣りの準備は万端?

ちなみに、玖珠川水系の遊漁券は玖珠川漁協が管理しています。そちらに電話をして事前に購入することも可能ですが、年券ではなく日釣り券を利用する場合には、郵送のやりとりが面倒かもしれません。当日近隣で購入するとなると、以前数件あったはずの釣具屋は閉店しておりなかなか厳しい状況ですので、だいぶ離れていますが日田市内のまつお釣具さんで購入しておくのがおすすめです。

ポイント探しの旅…。

用事を済ませてからの出発となったため、出遅れた感は否めません。正確に言うと、ハッチのピークには間に合うけれど、ポイント争いには参戦できないということ。それもこれも、わざわざ3月1日に釣りに行く自分が悪いのだと言い聞かせ、ライズ待ちをするような場所は今回は諦めモードで、のんびりポイントを絞っていきます。

四季彩ロードを登っていく前に、まずは食料調達やトイレを済ませておくことをお勧めします。完全に上流部まで行ってしまえば、途中には夢大吊り橋やドライブインのような施設(どちらも駐車料金とトイレは無料)がありますが、それより下流域で釣りをする場合には、四季彩ロードに入る手前にある、スーパーアミーかローソンしかありません。

今回、下流部の目ぼしいポイントは全滅!ということで、そこはバッサリ切り捨てて上流部へと目標を切り替えました。ちなみに、この鳴子川はポイントのそばには車が停められるスペースが至る所にあるので、そういった意味で入渓者が他にいるかどうかわかりやすいと思います。

次ページ:さあ!!いざ出陣!!

1 2

この記事を書いた人 フライママ

超インドア派だった私がフライフィッシングにハマり、今では子どもたちとキャンプに行くまでになりました。のんびりペースで外遊びを楽しんでいます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP

Translate »