【関西編】キャンプで身も心も癒やそう!温泉のあるおすすめキャンプ場!秘湯も紹介!

TAKIBI編集部

川で遊んだ後は温泉で暖まろう!「かもしかオートキャンプ場(滋賀県)」

かもしかオートキャンプ場はその昔、忍者が住んでいたといわれる甲賀にあります。鈴鹿山脈の自然に囲まれた新しいキャンプ場ですが、ブログやSNS等ではいつも名前が挙がっている人気の場所です。場内には野洲川が流れていて、川遊びができます。

テントサイトは草原、水はけが良く過ごしやすいです。また全サイトに電源があり、車1台までテントに横付けすることができます。テント泊はちょっと抵抗があるけれど、ある程度不自由を楽しみたいという方はキッチン・トイレなしのキャビンに宿泊してみてはいかがでしょう。また、キャンプはしたいけれど宿泊は設備が整った室内が良いという人は「かもしか荘」をおすすめします。

かもしか荘の中に大河原温泉があります。泉質はナトリウム-・炭酸水素塩冷鉱泉・ラジウム温泉、胃腸病や痛風・美肌効果があると人気です。

▼かもしかオートキャンプ場
滋賀県甲賀市土山町大河原1104
電話:0748-69-0352
HP: http://kamoshika-resort.com/autocamp/


自然に囲まれた穴場の温泉キャンプ場!「ふるさと村(奈良県)」

ふるさと村は100年前に建てられた学校を活用したキャンプ場です。目の前には四郷川が流れ水遊びや魚釣りを楽しむことができます。水車やレトロな建物は昔にタイムスリップしたような雰囲気、眺めるだけでも癒されます。

四郷川の前のテントサイト(常設)は砂地で20区画、家族や友達とゆっくりと過ごすことができます。テントから見る星空は格別ですよ。

ふるさと村場内にあるやはた温泉もレトロ感たっぷり、ヒノキ風呂や岩風呂に入りながら美しい吉野の風景を楽しむことができます。泉質は単純温泉、神経痛や関節痛、疲労回復等に効果があります。

▼ふるさと村
〒633-2442  奈良県吉野郡東吉野村大字大豆生739
電話:0746-43-0413
HP:http://www5.kcn.ne.jp/~furusato/



画像提供PIXTA

大人気温泉つきのキャンプ場!「十二坊温泉オートキャンプ場(滋賀県)」

十二坊温泉オートキャンプ場は十二坊山の自然を楽しめるだけでなく、ブログや口コミ等SNSで温泉施設が特に評価が高いです。大阪や中部地方、どちらからもアクセスが良いという点でも人気、おすすめキャンンプ場です。

アクセス

十二坊温泉オートキャンプ場は大阪地方から約1時間半、京都や名古屋方面から約1時間です。名神高速道路栗東湖南ICから10分、竜王アウトレットより10分と好立地ですよ。冬場は積雪もあるので、スタットレスタイヤやチェーン等を準備したほうが良いです。

1泊はキャンンプと温泉を楽しむ、2泊目はこのキャンプ場を拠点にトレッキングしたり希望が丘に遊びに行ったり京都観光へ行ったりすることができます。キャンプだけでなくあれこれ楽みたいなら、1泊では足りないと感じるかも。せっかくなら連泊することをおすすめします。

▼十二坊温泉オートキャンプ場
〒520-3252 滋賀県湖南市岩根678-28
電話:0748-72-8211
HP:http://www.12-yurara.jp/?page_id=128


サイト情報

キャンプサイトは芝と砂地で、テントとタープを張るくらいのスペースがあり、車を横付けすることができます。電源を利用できるサイトもありますよ。サイトは整備されていますが、プライベートを重視されたい場合やお子様連れの場合は冷暖房完備のキャビンサイトをおすすめします。テラスとロフトが付いていて、積雪のある冬場は重宝します。前に芝の広場もあって子供を安全に遊ばせることができますよ。また季節ごとにイベントも開催されます。

十二坊温泉オートキャンプ場の魅力は温泉。キャンプサイトの目の前に温泉があり、気が向いたら温泉に浸かることができます。ブログ等を見ていると「湯冷めしなくて良い」「目の前にあるのが良い」と高評価、1日に何度も温泉に浸かる人が多いです。

施設案内

*温泉
*温泉プール
*食事処
*体験工房
*フィットネス
*エステ
*整体

十二坊温泉オートキャンプ場はキャンプ場におしゃれな健康ランドが併設したようなイメージです。食事処には定食・麺類・スイーツ・アルコール等そろっています。体験工房では陶芸・クラフト等のDIYを楽しむことができます。フィットネスでは軽めのトレーニングから本格的な筋トレまで行うことができ、なかでもエアロビクスやヨガは人気です。

さらに、エステやリンパマッサージやフットネイル(女性専用)や整体も受けることができ、キャンプ場へ来ながら家族・友だちそれぞれがやりたいことを好きにできるスポットです。

自然の中にいながら不自由がないので、キャンプ初心者や女子旅には安心できる施設ですよ。

温泉情報

*源泉かけ流し露天風呂
*ドライサウナ
*温泉プール
*岩盤浴
*ゲルマニウム鉱石

十二坊温泉は、十二坊温泉オートキャンプ場のキャンプサイトから近くにあるため、何度でも温泉に浸かれるとブログやSNS等で高評価を得ている温泉です。泉質は低張性弱アルカリ性温泉、神経通や皮膚疾患等に効果があります。身体の不自由な人やお年寄りの介助がしやすい介護風呂もあるので、家族そろって温泉を楽しむことができます。

温泉プールにはジャグジーや子供用のプールもあるので、大人も子供も楽しむことができますよ。まさか温泉プールがあると思っていないお客さんのために、水着やバスタオルはレンタルが可能なのも嬉しいポイント。また、岩盤浴やゲルマニウム鉱石浴は女性に人気です。高評価でリピーターが多いだけあってとても充実しています。

満足度がとっても高い!「湯ノ原温泉オートキャンプ場(兵庫県)」

湯ノ原温泉オートキャンプ場は、神鍋山の麓、阿瀬峡谷の入り口にあり、温泉付きのキャンプ場として人気が高いキャンプ場です。天気が良い日は青空と緑が映え、ブログやSNS等にその美しい景色を投稿される人がとても多いです。景色だけでなくアクセスの良さや目的別に活用できるサイト等の施設が充実いているのも満足度が高い理由、詳しく見ていきましょう。

アクセス

湯ノ原温泉オートキャンプ場は、和田山八鹿道路八鹿氷ノ山ICから約15㎞、北近畿豊岡自動車道・八鹿日高道路「日高神鍋高原IC」が開通してからは、ICより車で15分と好アクセスになりました。市街地にはキャンプ場の標識があるのでわかりやすいし、キャンプ場近くに来ると、目立つ青と黄色の看板があり道に迷うことはありません。

市街地はそれほどではありませんが、神鍋高原付近の積雪は当たり前、行きは降っていなくても帰る頃に積雪する場合があるので、冬キャンプに来られる場合はスタットレスタイヤやチェーンを装備又は準備しておいた方がいいでしょう。

▼湯ノ原温泉オートキャンプ場
〒669-5359 兵庫県豊岡市日高町羽尻1510
電話:0796-44-0001
HP: http://yunohara.net/camp/


サイト情報

湯ノ原温泉オートキャンプ場では各サイトにAC電源(申し込み要)流し台や水道を完備しています。

*区画サイト
*大型対応サイト
*フリーサイト
*林間サイト

湯ノ原温泉オートキャンプ場のキャンプサイトは目的別に利用しやすいよう別れています。フリーサイトはリーズナブル、空いている場所を選んでお好みで設営ができます。設営・撤去時のみ車を横付けすることができます。テントに常時車を横付けされたい場合は区画サイトや大型サイトをご利用ください。舗装された道で区切られていて使い勝手が良いですよ。

林間サイトは夏場涼しくお隣のキャンパー達と程良く距離を保てます。サイトの隣に車を横付けすることはできませんが、すぐ近くまで持ってくることは可能です。バーベキュー棟は特別暑い日や天候が悪いときに利用することができますよ。コテージの受付は温泉施設である湯の原館です。

施設案内

*温泉
*管理棟
*バーベキュー棟
*サニタリー棟
*イベント広場
*体験田
*親水広場
*アスレチック

湯ノ原温泉オートキャンプの管理棟はキャンプ場の真ん中にあり、各キャンプサイトを利用する場合の受付にもなっています。キャンプ用品やバーベキュー用品のレンタルも管理棟で受け付けています。炭・食材・調理器具等は持参しなくてはなりませんが、他はレンタルすることができますよ。トイレや救護場所も管理棟にあります。

バーベキュー棟にはテーブル・流し台・トイレがあります。サニタリー棟にはトイレ以外に炉やベンチもあって、休憩することができます。

イベント広場・体験田・親水広場(安全に水遊びができる)ではイベントを通して一緒にキャンプをしている方々がふれあえるようになっています。ブランコや木製遊具等、アスレチックも充実していますよ。

温泉情報

湯ノ原温泉オートキャンプ場内の湯の原館は蘇武峡温泉を利用した温泉施設です。この温泉を目的に毎年キャンプに来られる人が多いそう。大人気の温泉です。泉質は弱アルカリ性単純低温泉、神経痛・筋肉痛・五十肩・疲労回復等に効果があります。

コテージ泊をされる場合は湯の原館で受付をします。洗い場2か所・露天風呂2か所、男女入れ替わりになっています。露天風呂からは美しい山々を見ることができ、時間を忘れて癒しのひとときを味わえます。

温泉設備の他に、食堂・売店・トイレ・交流室(研修や宴会等行える畳の部屋)があります。

食堂では朝食や夕食はもちろん、石窯で焼いたピザやスイーツを食べることができるので、連泊時の強い味方になります。ランチやディナーは予約しておきましょう。


画像提供PIXTA

次のページ:ひっそりとした秘湯に浸かって、、♪

1 2 3

この記事を書いた人 TAKIBI編集部

TAKIBI編集部から情報を皆さんにお伝えしていきます!

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP