一年使って分かったヘリノックス サンセットチェアの良いところ

いしくん

この記事に関連するタグ

アウトドアでいつも悩む積載問題。オートキャンプにおいては自分の車の積載量と物欲のバランスが取れず、人の乗るスペースに物を載せたり後ろが見えなくなるほど積んでしまい少々危険な状況になったりしてしまいがち。

ギアを一通り買うと車に載らなくなり、コンパクトギアやUL系ギアを買い始めるキャンプギア2周目の法則。我が家ではクーラーに次いででかかったのがイスです。一般的なイスを家族4人分だと相当な量で我が家の貧弱な車のトランクを占拠していました。

とにかくコンパクトなイスと言えばヘリノックス。座った事はあったんですが背もたれが小さくしっくりと来ていませんでしたが一年前の年末に見つけちゃいました~。ヘリノックスのサンセットチェア。筆者がこの椅子を1年間使って感じた事を紹介していきたいと思います。

まずは基本のスペックから

helinox,サンセットチェア,イス,

【使用時サイズ】58cm×70cm×98cm(幅・奥行き・高さ)
【収納時サイズ】15cm×460cm(直径・高さ)
【座面の高さ】46cm
【使用時重量】1345g
【収納時重量】1480g
【耐荷重】145kg
【フレーム素材】金属(アルミニウム合金)、樹脂、ヒンジ
【先端部素材】ナイロン
【張り材素材】ポリエステル
【収納袋素材】綿、ポリエステル
【表面加工】フレーム(アルマイト)

出典|Helinox

筆者の購入したのはブラック。その他にフォリッジ(グレー)、コヨーテ、ホワイトをラインナップしています。

内容品はこちら

helinox,サンセットチェア,イス,

フレーム、本体、収納袋の3つ構成。

helinox,サンセットチェア,イス,

フレームは世界的に有名なDAC社製。恐ろしい精度でガタツキは皆無。広げて手でぶら下げるだけでスポスポ組み立てられていきます。これは気持ちいい!

組み立ては慣れてしまえば簡単です。最初に背もたれ側のスリーブにフレームを入れていきます。(タクティカルチェアやチェアワンとはここが異なります。)

helinox,サンセットチェア,イス,

次に座面側の窪み(?)にフレームを入れて完成。

helinox,サンセットチェア,イス,

パチノックスを色々と見てきましたが、本家ヘリノックスはここの窪みの剛性がかなりあるのでフレームが入れやすいです。かなり違うので是非お試しあれ。押し込む際結構な力が必要です。女性の方は要注意です。

次ページ:座り心地は最高です。

1 2 3 4

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 いしくん

みなさんのアウトドアライフに少しでも役に立つ情報をお届けします。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP