GOOUTCAMPに行ってきましたー!

この記事に関連するタグ

GOOUT参戦!

前置きが長くなってしまいましたが、キャンプ当日の話をします。

大きなスーパーでワイワイ買い出しをしてふもとっぱらへキャンプイン!既に沢山のキャンパーがこだわりのサイトを作ってキャンプを楽しんでいました。

 

いやーみんなオシャレです!!

 

最新のギアから、レトロ感のあるテント。バシッと決めた統一感のあるサイトから、こだわりの手作りギアを散りばめた家より快適そうなサイト。思わず勝手に写真を撮っちゃいました。(プライバシーの問題で載せられず無念…)

曇りの予報が出てたりもしましたが、いざ行ってみるとこの天気!やったー!

念願のキャンプだー!もう楽しー!!

おふざけも交えながら、富士山を目の前に構える素晴らしい場所にみんなでテント設営。僕らが今回持っていったテントはcanvascamp社の『Sibley 500 ProTech』でした!

こちら僕が普段運営している西伊豆のキャンプ場でも、来場ゲストに使ってもらっているワンポールテントです。最近は似たようなベル型のテントが色んなメーカーから出ており、実際会場にも沢山見受けられました。

〈ワンポールテントの良いところ〉

・構造が真ん中のポール1本なので設営が楽。

→設営・撤収に15分かかりません!

・構造がシンプルなので、風に強い。

・その設営の楽さから想像できないくらい広くて快適。

→写真のタイプは直径5mの円錐形で高さが3mあり、大人6人がコットを並べても余裕で寝れちゃう広さ!

更にこのcanvascamp社のベルテント『Sibley』シリーズが、同型のベルテントのどれとも違う点は、素材が100%コットンでできているということ!

〈100%コットンの良いところ〉

・コットン生地は縫い目などから空気を通しやすいので、一度水に濡れるとコットンが膨張し、高い防水性を発揮します。

・化学繊維が入っていないので、テントの近くでやっている焚き火などの火の粉が跳ねても大丈夫。

→更に別売りの専用薪ストーブを中に入れれば、中で薪ストーブを炊くこともできます!

これまたcanvascamp社のコットンタープも併せて設営し、サイト完成です!

さてさてGOOUTってのを散策散策♪

基地を作ったところで、やっとこさ場内をウロウロ(・ω・)ノ

フード、ワークショップ、フリーマーケット、ギアメーカーなどのブースが集まっているエリアが入り口付近にありました。

まだ発売していない薪ストーブなど冬キャンプを更に楽しむためのギアから、キャンプサイト映えする車メーカーまで

DJブースと、裏にはベテランキャンパーたちのフリマスペースが

いやー!今思い出してもまた行きたい!

写真は無いですが、Pendletonのコースター作りや木製雑貨のワークショップブース、おでんバーや窯焼きピザのフードテントなど盛り沢山!寒さを感じないくらいの人と熱気で盛り上がっておりました。

また、気付いたら自分たちのキャンプに夢中で参加できなかったけど、DJタイム、抽選会、持ち寄りBBQ(?)、カラオケスナックがあったらしい…まだまだ楽しめる余地があるね!恐るべし、GOOUT CAMP!!キャンプ好きじゃなくても楽しめるのが、こういうイベントの良いところですよね。

次のページ:めしやぞwメシww

1 2 3

この記事に関連するタグ

この記事を書いた人 べぇ〜

2016年東京から伊豆に移住し、今はキャンプを仕事にする自称City Boy。好きなキャンプは朝から夜まで様々なドリンクを飲んで何もせずのんびり。

この記事が気に入ったら、
しよう

最新情報をお届けします!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

カテゴリー

TOPへ戻る

TOP